四季の歌と暮らす

 年齢ごとに「一度っきり」の四季と、
旬(しゅん)のヨコハマを味わう「くりごとの集」です。

兄への懴悔

2020-03-08 17:56:30 | 生かされて今日

 

 六つ上の兄は進学せず銀行に勤めました。残業帰りに交通事故で重傷を負い、父と同じように五十で早世しました。
『ジャンクリストフ』を読み、油絵を描き、軟式テニス部員、親友に薩摩藩学者の末裔で豪傑もいて豊かな青春の兄でした。
同居していた祖父は東京で腕を磨き故郷、鹿児島で証券会社を経営していました。父は地元企業の経営者で、祖父の会社に名義だけを貸していたようです。
その証券会社が社員の使い込みで倒産、父はその借財で家を売り払いました。
 恐らく兄は父母らの窮状を忖度し進学を断念、地元銀行に就職したようでした。
兄の二人の友は大学へ進学、大学と高校の教師となりました。
窮屈で堅い仕事の銀行は兄にはきっと居心地がいいところではなかったでしょう。
計数に明るい父は別の会社の役員となりバリバリ働いていましたが、癌で急逝、私は高校二年でした。会社差し回しの車で学校から病院へ。何ら事情が分からないまま、長い病院の廊下で祖母が私を見て泣き崩れたので事情を察することができました。
 私はさも当然のごとくに上京、進学しました。父の縁で県ゆかりの岩崎学生寮(世田谷区烏山)に入寮、まさに親の遺産で進学できたのでした。
 受験期を迎えると親の恩は勿論だが、身を投げ出してくれた兄の恩義、しかも生前一言も感謝を伝えなかったことが悔やまれてなりません。
 『小罪なれども懴悔せざれば悪道を免れず。大逆なれども懴悔すれば罪きえぬ。』と日蓮聖人のお言葉があります。
老境になりようやく兄への忘恩に気づく有様を恥ずかしいと思っております。

 受験期や兄への詫びの経を読む  

コメント

野村克也さんの言葉に学ぶ

2020-02-23 18:44:29 | 生かされて今日

〚心が変われば態度が変わる。態度が変われば行動が変わる。
行動が変われば習慣が変わる。習慣が変われば人格が変わる。
人格が変われば 運命が変わる。運命が変わると人生が変わる〛

 過日惜しまれて亡くなったプロ野球界の巨人・野村克也さんの言葉で
す。三冠王、本塁打賞など多くのタイトルを取り、監督としては若手選
手を飛躍させ、戦力外となったベテラン選手を再生させた名伯楽でも
ありました。現プロ野球界の監督コーチの指導者に彼の薫陶を受けた
人材が連峰のように遺されました。
人を育て人物を遺した人は最高の人生といえましょう。
 私たち凡人はいやな環境や自分にさからう他人を変えようとしますが
無駄なのです。「自分が変われば相手が変わる」という法則は釈尊の説
かれた縁起観からきているそうです。
鎧のような堅い先入観、既成概念を打ち壊して、新しい人生、句境を
拓くには自分を壊し、「自分が知らない新しい自分」を切り開く努力が
必要だと思い知らされました。

コメント

代議士の役割は

2019-11-21 21:44:49 | 生かされて今日

 『元来議会なるものは、言論を戦わし事実と道理の有無を対照し、正邪曲直の区別を明らかにし、もって国家民衆の福利を計るがために開くのである。

しかして投票の結果がいかに多数でも、邪を転じて正となし、曲を変じて直となす事はできない。故に事実と道理の前には、いかなる多数党といえども屈従せざるを得ないのが議会本来の面目であって、議院政治が国家人民の福利を増進する大根本は、実にこの一事にあるのだ。しかるに・・・表決において多数さえ得ていればそれで満足する傾きがある。

すなわち議事堂は名ばかりで実は表決堂である。』

 

 「憲政の神様」と言われた尾崎行雄、咢堂の言葉です。日本の国政は半世紀前から国会審議がいっこうに変わらない体たらくです。議論して「融合させる智慧」が出ないのでしょうか。なんでも多数決で押し切るのなら代議士はロボットでいいのだ。総理大臣と桜を見る会の税金にたかる公私混同は幼稚で情けない。人格、こころざしが問われます。

 

コメント

子どもの名前読めますか

2019-11-12 13:37:33 | 生かされて今日

下記は小学校の生徒さんの名前です。あなたは幾人の名が読めるでしょうか。

桜衣(あい)、心映(ここは)、才彩(さあや)、心実(ここみ)、

巧真(たくま)、唄汰(うた)、茉優(まひろ)、望愛(のあ)、

琉衣(るい)、真依(まい)

私はこの10人お子さんのが読めませんでした。担任の先生方は大丈夫でしょうか。今を去る約700年前に兼好法師が嘆いて「徒然草」に書いています。

『寺院の号、さらぬ万の物にも、名を付くる事、昔の人は、少しも求めず、ただ、ありのままに、やすく付けけるなり。

この比は、深く案じ、才覚をあらはさんとしたるやうに聞ゆる、いとむつかし。人の名も、目慣れぬ文字を付かんとする、益なき事なり。

何事も、珍らしき事を求め、異説を好むは、浅才の人の必ずある事なりとぞ。』

コメント

かごしまん方言

2019-10-05 10:30:18 | 生かされて今日

図書館で子ども用の書棚に『方言大辞典』を見つけて私のふるさと鹿児島の方言を思い出しました。アクセントも標準語とは違いまして、いまだに橋と箸などおかしーと笑われております。

「ふるさとの訛りなつかし停車場の人ごみの中にそを聴きにゆく」石川啄木 上野駅でしょうね。

 

/おい、わい(私、君) /おいげぇ(私の家) /おまんさー(あなた様) /わっぜー、がっつい(大変)

/おじゃったもんせー(いらっしゃいませ) /おやっとさー(ご苦労さま) 

/おじゃんどかい おっかー(家にいますか)

/いたっきやんせ(行ってきて) /いたっきもんで(行ってきます) /いまじゃったー(ただいまー)

/よかぶっ(見栄をはる) /やっせんぼ(弱虫) /だれたぁ(疲れたよ)

 

コメント

JAL123便の悲劇

2019-08-13 14:08:30 | 生かされて今日
 今から34年前、お盆前の8月12日の夕刻、羽田発大阪伊丹空港行きの日本航空123便が墜落、520名の命が絶たれました。その日私は東京本社での営業会議が早めに終わり予定を早めて伊丹空港へ帰着しました。1、2便前の搭乗でした。
到着した伊丹空港が騒然とした人込みで何が起こつたのか分かりませんでした。その時は123便が交信不能でどこに消えたのか捜索中でした。羽田発の18時頃の便は出張帰りや単身赴任の働き盛りが多数でしたし、夏休み中でもあり帰省のご家族も多かったでしょう。お子様一人旅の少年もいました。私の妻と2人の息子は横浜の実家へ行っておりました。事故後、兄から帰りは新幹線にしろと電話がきたそうです。
 犠牲者の多くは一流企業の働き盛りの男性が多かったと思います。ダッチロールの長い地獄の中で、手帳や紙切れに決別の言葉を走り書きされたのには涙を禁じえません。会社での前途豊かな壮年がいかに怨みを抱えて亡くなったことでしょう。遺体の確認も困難で、体内に食い込んだ社章で分かったと松下電器の方に聞きました。私と同じ年代の方々で実に無念だった思います。有名な歌手、坂本九ちゃんも犠牲になりました。南無妙法蓮華経
コメント

プラスチックが海を殺す

2019-07-31 18:07:27 | 生かされて今日
  横浜市金沢区杉田にある国立海洋研究開発機構(JAMSTEC)によると世界中の海に自然に分解できないプラスチック塵が漂い、このままだと魚の総量を超える重量になる試算もあるそうだ。
その上砕かれ微粒子となったプラは海洋生物の体内に入り込み食物連鎖ですでに人間に及んでいるという。過日の大阪サミットでようやく世界をあげて取り組む宣言がなされました。東南アジアから日本近海は特に塵が集まる海洋でゾッとします。
 プラスチックは安価で利便であることから1950年代から爆発的な生産拡大が続き既に膨大な塵が海に堆積しているのです。深い深い海溝にまでプラ塵が確認されて科学者も眉をひそめています。
 近所の店に行くとプラだらけ、もはやプラ無しでは暮らして行けぬ私達です。リサイクルと言うけれども実態は開発途上国への丸投げであり海洋汚染に違いはないそうだ。利便な暮らしが海を締め上げる犯人とはショックな事です。まさに「墓穴を掘る文明」に生きているのです。無知は罪なりです
コメント

県立が横浜高校やぶる

2019-07-26 12:43:54 | 生かされて今日
 25日の横浜スタジアムで県立相模原高校(略称 県相)が、高校野球界の「ジャイアン横浜高校」を逆転撃破しました。全国の中学から優秀選手を集め、エリ-トで立派な体格、恵まれた施設を誇る横浜高校は私の町の誇りで、いつも応援して来ました。が、今回の試合は文武両道、「ホントの部活動」の野球部である県立相模原高校を応援しました。いわゆる判官びいきです。
 中盤までは横浜の楽勝だろうと思いました。それがなんとエースを打ち込んでの逆転勝ちとはすばらしい。倒された横浜ナインはまさかの悔し涙、勝った県相ナインは無論応援団まで感涙を流していました。
県相は横浜市民の私さえ場所も知らない高校で、調べてみますと100%が大学進学、6時半には帰宅、野球部専用練習場もないそうです。校歌はなんと土岐善麿作詞、岡本敦夫作曲、校訓は「礼節・信義・根性」。この試合根性が生きました。
 名門横浜高校はいつも前評判、人気抜群はいいのですが、いつも「負け方が悪い」のです。接戦で負けるよりぼろ負けが多いのです。エリ-ト選手が多いので相手を見下した態度表情が出ます。自分に勝てないエリート集団では勝てませんね。心の持ち方でまけました、自滅です
コメント

あーぁ投票率がこれでは

2019-07-24 23:31:43 | 生かされて今日
 7月21日に行われました参議院選挙の投票率は前回を下回る約49パーセント。選挙権のある半分以上が棄権する事態はわが国の民主主義政治の危機だと心配です。膨大な国費を投じて民意を問う仕組みが今後機能しなくなるのではないでしょうか。
期日前投票の周知や投票所を増やしても5割さえ投票にいかぬとは残念でたまりません。目先の利害、喜怒哀楽だけに執し、暮しの基盤を左右する政治的無関心はどう理屈立てしても救えません。
 投票に行きたくても行けない病気闘病中の方々やご老人は理解できても若き健常な方々の棄権はホントに危険な事です。これでは中国共産党の一党支配のように、日本の戦前の軍隊・憲兵・財閥中心で心の中まで自由なき時代へ舞い戻る危険が大きいと思います。
ボーッと生きて行くと、気づいたら身動きできない権力独裁の時代を招きます。アベ総理は国会での議論をはぐらかすばかりで、将来の日本人への誠意が見えません。
安定ばかりの無気力では日本はだめになるでしょう。また選挙は面倒だから暴力や革命、クーデターでと考える若者が出ないようにしたいものです。
コメント

お盆の式典

2019-07-15 16:26:36 | 生かされて今日
 今日はご先祖様方へ感謝を捧げる日、盂蘭盆会(うらぼんえ)でした。関西以西では来月、8月がお盆の時節です。
 この一年の間に亡くなられた親族・知人の御魂(新盆)をはじめ、私達の父母、兄弟の故人のお戒名を一体づつ浄書したご供養願いを教会へ提出しました。
今回は約1万7千体の御魂へ妙法蓮華経(法華経)を読誦して供養、感謝を申し上げました。
 我々の細胞のDNAの中に生きておられる先祖のおかげさまで今があるのです。私の膨大な数の先祖様方がお一人でも欠けたら今の自分は存在しません。ご先祖はわが生命がよって立つ大地です。
 特に身近な先祖は両親です。私は自分の父母と妻の両親四人へ特に意識して読経いたしました。
また去年急死した同信の福田さん、虐待され殺された幼兒や交通事故で亡くなった子どもたち、世界中で不条理の死を余儀なくされた御魂、先の戦争で命を奪われた御魂の成仏を念じました。南無妙法蓮華経
コメント

参議院選挙には必ず行こう

2019-07-08 14:24:02 | 生かされて今日
 世界に稀有な平和憲法、特に第9条(戦争放棄)と第20条(信教の自由)に手をかけるような政党には投票しないでください。自民、公明、維新への投票は赤ん坊やこれから生まれる命を戦場に追いやるリスクが高いと言われております。
 住民の4分の1を殺された沖縄、残酷な広島と長崎の原子爆弾の記憶を思い出してください。
寄らば大樹の蔭と目先の甘い言葉、お金の経済発展の夢にもういいかげん目を覚ましましょう。
「おごる平家は久しからず」、国会では傲慢で不誠実なアベ、大金持ちの嫌味な大蔵大臣にノーを突きつけませんか。
 権力にすり寄る経済界、忖度するマスコミ、新聞、テレビ、お役人はおのが小利のためには国民を売り飛ばすかもしれません。
権力を持つ者は「国民はしばらく眠り込んでもらいたい」のです。目を覚まして投票に、期日前投票に必ず参りましょう
コメント

アフリカへ毛布を送りました

2019-07-01 17:42:16 | 生かされて今日
 立正佼成会横浜教会では家庭や企業で不要になった毛布を集めて、アフリカの開発途上国へ送る奉仕を続けております。破損したり汚れの毛布は除き、清潔で再利用可能な毛布を選び、更に各毛布に元気づける英文の布を縫い付けてお届けしております。
 縫い付けの作業は婦人会員の無償奉仕で、アフリカまでの毛布の輸送費用もバザーで浄財を集めていただきました。
 アフリカでは朝夕の寒暖の差が大きく、毛布一枚が家一軒に相当する価値があるそうです。
 令和元年の今回は270枚の毛布が集まり、過日日本通運へお渡しいたしました。10枚づつ紐でくくり運び出す手伝いをしました。かなりの重さで汗がシャツを濡らしました。
コメント

鹿児島での同窓会

2019-06-12 08:24:57 | 生かされて今日
 荒梅雨の中をホテルへ。ロビーで懐かしい面々とかごっま弁での再会、見覚えなき方は付き添いの奥様と旦那様でした。総勢14人、夫婦の参加が3組、うち2組は愛の付き添い組です。県外参加は大阪、奈良、名古屋、埼玉、横浜から。
滋賀住まいの初恋の友の出席は叶いませんでした。くじで座席がきまり、まずは黄泉の先生、友人たちへの黙とう。そして一人づつの近況報告です。私は「こんな暮しをしています」と記した紙を配りました。欠席の博多のひとは全員に高価な「令和」の菓子箱を。
「亡き夫の名の一字ある新元号つぶやひてをりくり返し」の歌が添えてありました。令次君を思い出したそうです。「つぶやひてをりくり返し」は私が電話で添削しました。エヘン!
「走り梅雨亡き友さがすクラス写真」
「黒南風の夜風に散ずクラス会」
奈良の友は赤福餅を皆さんへ配りましたよ。美味しいな。
コメント

鹿児島市への帰省(その4)

2019-06-10 08:32:54 | 生かされて今日

 初日だけは晴れましたが、翌日からは梅雨の兆す荒天となりました。

城山の裏にあるお墓や住んでいた天保山町、下荒田の散策、フェリーで行く桜島、友人の家やいとこの会社、明治維新を顕彰する黎明館、文学館、西郷墓地やせごどんが自決した場所、市内の銭湯などは荒梅雨と疲れと時間がなく断念しました。

帰省する前の計画では鹿児島市の詳細地図を虫眼鏡でたどり、訪問を期待しましたが・・・・。南鹿児島駅にある立正佼成会鹿児島教会で親のための法華経の読経も断念、ホテルで毎朝供養いたしました。オヤジさんおふくろさん、すみません。

 雨の中を亡兄の家に兄嫁を訪ねました。足が悪く車椅子で、ちょうど介助のご婦人が来ておられました。仏壇に挨拶し久しぶりに話を交わしました。庭のブーゲンビリアが咲き誇っていました。

「実家にかかる兄の遺作や走り梅雨」

「帰省子に遺影のははの若さかな」

「ふるさとや雨に散りしく花みかん」

 夕方からのクラス会まで余裕がある。そうだ、山形屋のうまい乾き焼きそばだと。これは鹿児島観光の隠れたポイントです。またおみやげのオススメは、「せんじ」、鰹節をつくる際に出るコールタール状のものでお味噌汁の隠し味や湯豆腐のタレに最高。もつとも、現地の売り子さんさえ知らないですが。

 山形屋デパートの食堂はゆったり上品でオススメ。卓に置いてある三杯酢をかける焼きそばは安価で大きくてベスト。疲労回復に効きますよ。もちろん芋焼酎のお湯割りもいただきました。しあわせだぁ。

 

 

コメント

鹿児島市への帰省(その3)

2019-06-07 13:40:26 | 生かされて今日

 かごしま医療センターの向かいに「薩摩義士の碑」がひっそり建っております。今から270年前江戸幕府が有力な薩摩藩を弱体化させる目的で、岐阜県のあばれ河の木曽三川の堤防工事を命じました。

 木曽川、長良川、揖斐川の治水は88名の犠牲を強い、かつ膨大な経費を薩摩藩に引っかぶせたのです。まさに徳川幕府の無慈悲な命令でした。藩への自責の念から総責任者、家老の平田靱負(ひらたゆきえ)は帰国後割腹して果てました。幕府への遠慮から犠牲者の追悼は密やかにされ、後日ようやくこの碑が建てられました。

故郷を遠くして落命した方々の無念さを思い合掌しました。

 墓銘は皆「君づけ」で彫られ、名字なき下働きは「与八君」、「仁八君」、「六平君」などと。祭壇正面には木曽川、長良川、揖斐川で採取された石がお供えとして置いてありました。岐阜県の治水工事の現場には木曽三川公園があり、県民が感謝してくれております。この縁から鹿児島と岐阜の両県は姉妹県となっております。

幼かった次男坊は鬱蒼としたこの慰霊塔を怖がって近づきませんでしたよ。

コメント