記憶の片隅

雑多な写真を掲載しています。

六ヶ岳登山

2018年03月23日 | 
福岡県鞍手町の六ヶ岳に登ってきました。下新入登山口より登り赤点線の周回ルートを北側より登り南側へ下り下新入登山口へ戻りました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

窓越しの街並

2018年02月12日 | 街並

雪が舞っているところを写しましたがその舞っている雪が写りませんでした、残念。


薄汚れた街並も窓枠で切り取れば絵になりますねぇ。とくに雨の日はしっとりとしていいんです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

宗像四ツ塚連山縦走プラン

2017年10月26日 | 
宗像四ツ塚を近々縦走する計画がありますので、天気の良い本日資料用の写真を撮りに行ってきました。 宗像四ツ塚と言いますが実際は宗像市と岡垣町のの境界にありますので「宗像・岡垣四ツ塚」と呼ばなければ岡垣町の方に叱られそうですね。

 帰り道に遠賀川の土手より四ツ塚の夕景を撮ってみました。山の並びが逆になりますね夕日が沈んだ残り陽が見えるのが金山の南岳になります。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

宝満山、韓國岳、宗像大島

2017年10月17日 | 
ちょっとグループ登山に参加してきましたが、こちらは動画を撮影しましたのでスチール写真はお休みです。
https://youtu.be/AVHjYvU_l0I
https://youtu.be/mTpUF0B7pn0
https://youtu.be/Ho8ce3rDVVs
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

石峰山(302m) に登る

2017年09月13日 | 
台風が来そうなので来る前にと思い若松区の石峰山に登ってきました。



台に座っている方はバーナーでお湯を沸かしカップヌードルのカレー味を食べ缶ビールを飲んでいました。すぐ近所から来たそうです。先週の金曜日に九重に登った時は大雨のあとで空は真っ青で綺麗な風景だったとのことでした。





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

帆柱山-皿倉山-権現山を回る。

2017年09月09日 | 
 2007年9月9日 市瀬登山口より登り坊住跡から九州自然歩道を経由して帆柱山へ行きまた九州自然歩道へ戻ってから皿倉山へ登りました。そして権現山へ登り市瀬登山口まで戻りました。今日はトレランの人が多いと思っていたらどうやら近々大会があるらしいとのことでした。帆柱山の山頂は木立の中で展望は西側にわずかにあるだけです。本日は晴ですが風がなく汚れた空気がよどんでいて遠くは霞んで見えません。







現在、権現山の標高は617.2mと皿倉山の622.2m より5mばかり低いのですが大戦中に高射砲を設置するために削られたもので戦前は権現山のほうが皿倉山より高かったそうです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

牧山から宗像四ツ塚、石峰山、皿倉山を見てみました。

2017年09月08日 | 
北九州市戸畑区の牧山に行ってみました。





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

芦屋競艇場から宗像四ツ塚、皿倉〜福智山

2017年09月08日 | 
芦屋競艇場に行ってみました。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

六ヶ岳 (339m) に登る

2017年09月02日 | 
本日のお昼に鞍手町にある六ヶ岳(むつがたけ)にはじめて登ってみました。低山だと軽くみていましたがなかなかに登山に良い山でした(初心者に向いた)。山頂は360°展望が開けて素晴らしい眺めです。山頂にはテレビの中継アンテナが立っています。



皿倉山は権現山のかげになってここからは見えません。





遠くに英彦山などが見えているはずですがどの山だか分かりません。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

尺岳に登る

2017年08月31日 | 
朝一番で尺岳に登りましたた。早朝は曇り空でした。
尺岳の山頂には小さな石の鳥居と尺岳権現と書かれた祠が祀ってあります。

尺岳山頂から金剛山を見るとちょうど遠くに重なって宗像の四塚が見えます。

福智山の山頂からは尺岳がよくわかりませんでしたがごちらから見ると南方向に福智山が木々の間からよくわかります。



鞍手町にある六ヶ岳(六つの連山の総称)は低山ですがまだ未踏なので今度登ってみたいと思います。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

金剛山 (北九州市八幡西区)に登る

2017年08月29日 | 
今朝、八幡西区にある金剛山に登ってきました。ルートは欅谷登山口から四方越え経由で金剛山へ。帰りはその逆コースで戻りました。全ルート木立の中で展望は全くありません。人気のない山で四方越えからの登山道も荒れ気味です。金剛山は一の岳、二の岳、三の岳とあるようですが現地には何の標識もないので何処が何の岳だかよくわかりませんでした。ご存知の方がおられましたら教えていただけると有難いです。国土地理院の地図にも標高があるだけで表示がありません。

この写真は金剛山いちばん西のピークです。

この写真は西から二番目のピークで金剛山最高地点という割れたプラスチック表示板がころがっていました。

この写真は西から三番目のピークで表示は何もなく石積みがあるだけです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

鷹取山(直方市)に登ってみました

2017年08月27日 | 
黒田二十四騎の中の一人、酒は飲め飲め飲むならば …黒田節に唄われる母里太兵衛の居城があった鷹取山(633m)に登ってきました。ルートは福智山の上野峡登山口から白雲ラインを経由して九州自然歩道を通りました。写真で後の山は八丁の山腹です。福智山自体は八丁の左手にわずかに覗くのみ(逆光で薄くしか写っていませんけど)
早朝のせいでしょうか、直方市、鞍手町、岡垣町 …と広範囲が雲海の中に沈んでいました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

福智山へ登る

2017年08月23日 | 
朝一番で福智山に登ってきました。はじめ山頂は雲の中でしたが暫く待つと雲はきれて展望が開けました。福智山の山頂は背の高い木がないので360度視界が開けています。突然自衛隊の戦闘ヘリのようなのが飛んで来て福智山の周囲をかなりの時間あちこち回ったり止ったりホバリングしていました。いったい何だったんだろう?

上の写真は八丁峠より撮影。





手前に写っている四角いものは石の祠です。同じような祠がもう一つ山頂にはあります。



写真右手のまっすぐ伸びた道は八丁峠、中央眼下は福智町です。


鷹取山の山頂は平らな広場になっており、その昔には山城があったそうです。一部石垣も残っています。また以前は瓦の破片もころがっていたそうです。福智山ダム近くの鳥野神社裏から登る登山道もあります。写真の右側の尾根沿いに鷹取山まで行ったことがあります。この写真は福智山に登る途中の八丁西端より撮影しました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

花尾山〜皿倉山

2017年08月20日 | 
本日、河頭山(ごうとう山)から花尾山に登り帆柱山を経由して皿倉山まで行ってきました。皿倉山頂でへばって休んでいると昔の知人に偶然出会いました。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

皿倉山系〜福智山系

2017年08月19日 | 
北九州市の皿倉山から直方市の福智山まで続く山並みです。(遠賀郡水巻町からの眺望)尾根沿いに九州自然歩道が整備されています。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加