ギャラリー樟楠&あるぴいの銀花ギャラリー日記

作家の紹介から展覧会の様子。 ギャラリーのあるアルピーノ村の季節のお知らせ。

雨の花

2019-04-20 | あるぴいの銀花ギャラ...
 

 
本日の営業も終了し、残す会期は2日となってしまいました。
DMに使った作品のようなミクストメディアを中心に展示していますが
この作品と、もう一点、一番大きな作品は切り貼りのかけら集めの上に鉛筆で手描きされています。

「自由に自分の気持ちのままに」

それが表現された作品でもあると思います。
何かのきっかけが、衝動となり、とらわれずに溢れるものを表現する。

そのきっかけは必ずしも前向きで明るいものだけではなく、悲しみや辛さであったり……

作家の内面が、時にはタイトルになったりするのでしょうか。
様々な経験は、その原動力となるのでしょう。

1年間のポーランドでの体験は、これからの作品作りにきっとたくさんのものを与えてくれることでしょう。
とても楽しみです。

タイトルの雨の花、ふわりとしていてそんなに説明することのほどではないのですが
雨の部分は涙のイメージ。でも涙ですと、ちょっとだけ強すぎて雨を涙にみたててつけました。
大きな作品と同様に涙に関連したものではあるのですが、大きな作品のような涙の強さではないという。
 
 
鳥に花に
東影美紀子
~4/22(月)
11:00-18:00(最終日16:00)
http://morinosu.info/
instagram/mikiko_morinosu/
 
あるぴいの銀花ギャラリー
 
 
 
『工芸』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 好きな場所 | トップ | 縁卓 »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。