ギャラリー樟楠&あるぴいの銀花ギャラリー日記

作家の紹介から展覧会の様子。 ギャラリーのあるアルピーノ村の季節のお知らせ。

鈴木悦郎先生の包み紙と共に 鍵善良房の花びら餅

2019-01-05 | ギャラリー樟楠
 


鍵善良房の花びら餅。
羽二重粉という上質な餅粉を使い、時間をかけて丁寧練った羽二重餅で味噌餡と砂糖漬けのごぼうを包んだ お正月のお菓子。
鈴木悦郎先生の包み紙と共に、やっと正月らしい気分を味わった。
 
うつわは、本日より樟楠にて陶展がスタートした、屋久島 埴生窯 山下正行 作「角菓子皿」と年末に開催していた冬のティータイムにて、最終日に求めた 村上祐仁さんの丸湯呑。
 
この正月、まだ召し上がっていないという方は、新春の日本茶喫茶にてバイサオウ手作りの花びら餅のご用意があります。
山下さんの展示に合わせて、屋久島より取り寄せた煎茶と茎茶に合わせて お召し上がりください。
 
 
ONE′S LIFE
屋久島 埴生窯 山下正行 陶展
1/5(土)- 1/20(日)
11:00-18:00 火・水休み
作家在廊日1/5・6・7・13・14・18・19・20

バイサオウ 新春 日本茶喫茶
1/5・6・7(11時~18時)

ギャラリー樟楠
さいたま市大宮区北袋町1-147
TEL 048-641-9156
 
 
 
『工芸』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« A Pottery Kiln in Yakushima | トップ | 小野哲平さんの湯呑 »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。