ギャラリー樟楠&あるぴいの銀花ギャラリー日記

作家の紹介から展覧会の様子。 ギャラリーのあるアルピーノ村の季節のお知らせ。

行ってしまえ!part.3

2012-11-26 | インポート
 
 
金曜日、鎌倉の帰り道に寄ろうと思っていたのに寄れなかった作品を見に
土曜日の午後、時間を作って行ってきました。
 
 
会場は、目黒区にある SMgさん。こちらは、恵比寿にあるショップ SMLさんの
企画展示ギャラリースペースです。
 
 
作家さんは、9月に銀花ギャラリーでも作品展を開催した 鳥取県の杉本義訓さんと
伊東で作陶する 齋藤十郎さんの二人展。
 
 
おふたりは、鳥取県の岩井窯で修業した兄弟弟子。
杉本さんは、練り込み。齋藤さんは、スリップウェアと
ふたり共、民藝の仕事を中心に展示してありました。

Photo


Photo_2

同じ師の下で修業した ふたりが作りだす、別々の世界。
その別々世界の中に見える、共通したモノや思いが、とても新鮮でした。
 
 
特別展示として、松崎勝美さんの彫刻も展示してありますよ。
 
 
お時間があれば、皆さまも是非!
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
あるぴいの銀花ギャラリー FaceBookページ□Facebook2_3
いいね!で、作品展のお知らせが届きます。
 
 
 


ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 行ってしまえ!part.2 | トップ | 堂本正樹 陶展 作品追加 »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
兄弟弟子でも、個性がありますものね。杉本さんも... (まり子さん)
2012-11-27 07:15:12
兄弟弟子でも、個性がありますものね。杉本さんも日々前進していらっしゃるようですね。私も、先日先輩の個展を見に行ってきました。勉強になることいっぱいでした。日々前進めざして頑張ります。
まり子さん (takeshi)
2012-11-28 19:03:38
まり子さん
まり子さんも行動的ですな~!
いっぱい見る事は、大切ですね。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。