ギャラリー樟楠&あるぴいの銀花ギャラリー日記

作家の紹介から展覧会の様子。 ギャラリーのあるアルピーノ村の季節のお知らせ。

行ってしまえ!part.1

2012-11-24 | インポート
 
 
昨日は、銀花ギャラリーで陶展を開催している、堂本正樹さんの在廊日でしたが
見に行きたかった展覧会の最終日、悩んだ挙句「行ってしまえ!」
と、出発してしまいました。
 
 
目的地は、鎌倉。(本当は小田原まで行きたかった)
海の見える高台にあるGallery 招山さんです。
 
 
10月に銀花ギャラリーでも作品を見せてくれた森岡由利子さんと
原発事故まで、福島県相馬市で作陶していた亀田大介さんの 白磁の器展。
(現在、亀田さんは、神奈川県に窯を移して頑張っています)

Photo

同じ白磁、雰囲気も似ていますが、由利子さんの作と亀田さんの作は
すぐに見分けが付きます。
今回は、作品より先に作家に出会ってしまった、亀田さんの磁器に
触れてみたかったのです。
大柄な体つきの亀田さん、力強さの伝わってくる作風に、たっぷりと掛けられた釉、
でも荒々しい感じではなく、丁寧な仕事だと感じました。
とても、とても、綺麗でした。

Photo_2

亀田さんの大きな背中も印象的でした。
 
 
うつわに見惚れていると、子供たちは、ドーナツを頂いてしまったようです。

Photo_3

隣には、森岡由利子さんも。
このドーナツ、なんと森岡由利子さんが、生涯初めて食べるドーナツ。
お気に入りの一枚が撮れました。
 
 
気が付けば、亀田さんもドーナツ

Photo_4


招山さんには、福島県いわき市で、作陶を続ける、山野邊 孝さんも来ていて、
笑顔いっぱの、豊かな時間が過ぎて行きました。本当は、もっと居たかった!
 
 
帰り際、下の娘が写した、由利子さんと亀田さん

Photo_5

素敵な白磁の器と、豊かな時間、おふたりに感謝です。
思い切って出掛けて、最高に良かったです。
ありがとうございました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
つづく
 
 

あるぴいの銀花ギャラリー FaceBookページ□Facebook2_3
いいね!で、作品展のお知らせが届きます。
 
 
 


ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 鎌倉まで | トップ | 行ってしまえ!part.2 »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
う~~ん、お写真からも、静かなエネルギーが伝わ... (まり子さん)
2012-11-25 08:10:08
う~~ん、お写真からも、静かなエネルギーが伝わってきます。今、主人の退職を機に、器の整理をしています。磁気は本当に色が綺麗で、大好きです。お嬢さんが撮ったので、お二人リリラクッスなさっていますね。私は、健志さんの子分になりたい。続き楽しみにしています。
まり子さん (takeshi)
2012-11-25 19:23:07
まり子さん
どちらかと言うと土物が好きだったのですが、磁器にハマりそうです。

いつかご一緒したいですね。
移動も含め、結構ハードですよ!

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。