ギャラリー樟楠&あるぴいの銀花ギャラリー日記

作家の紹介から展覧会の様子。 ギャラリーのあるアルピーノ村の季節のお知らせ。

吉岡萬理 陶展 青いうつわとシーサー 最終日。

2018-10-28 | ギャラリー樟楠
吉岡萬理 陶展 青いうつわとシーサー
最終日がはじまりました。
 


青いうつわが中心ですが、いつもの白や黒をベースにした楽しいのも並んでます。





麺鉢としてだけでななく、サラダや煮物など出番の多いどんぶり。
残り2点です。
 


卓上サイズのシーサーは、獅子の神様は白い子だけですが
水牛の神様や八咫烏(ヤタガラス)、金鵄(キンシ)も格好良いです。
 


まだまだ、いっぱい並んでいる持ち手が特徴的なマグカップ。
たっぷり入るのでスープカップしてお使いの方も多いですね。
お気に入りの絵と出会ってください。
 


お皿に描かれたカラスは、八咫烏ちゃん。
神武天皇が熊野国から大和国に攻め込む時に道案内してくれた「三本足の勝利の神様」
サッカー日本代表のエンブレムにも描かれていますよね。
 
おでかけ日和の日曜日、こんな天気の中で出会うには最高のうつわ達です。
 

 
萬理さんの湯呑や小皿も登場している日本茶喫茶も本日まで。
ぜひ是非です。
 
吉岡萬理 陶展
青い器とシーサー
本日16時まで 
作家在廊
 
ギャラリー樟楠にて
 
 

コメント   この記事についてブログを書く
« 次は2年後やで~ | トップ | 吉岡萬理 陶展 終了いたし... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。