ギャラリー樟楠&あるぴいの銀花ギャラリー日記

作家の紹介から展覧会の様子。 ギャラリーのあるアルピーノ村の季節のお知らせ。

宮城県のカラクリン

2012-05-23 | インポート
 
 
先日伺った、宮城県の旅のラストです。
 
 
目的地は、仙台市若林区の「鐘崎かまぼこ」さん。

Photo


本社工場に隣接している「笹かま館」に、目的の作品があるのです。

Photo_2
 
 
アルピーノ村にも4体の作品がある、井村隆さんのカラクリン
鐘崎かまぼこさんの笹かま館には、大きなカラクリンがいっぱいあるのです。
店内は、撮影禁止でしたが、スタッフの方にお話しして撮影許可をいただきました。
 
 
店内に入ると手動式のカラクリンが出迎えてくれます。

Photo_3


Photo_4


Photo_5


Photo_6

ちょっとメルヘンなメッセージもありました。
 
 
お店の奥の吹き抜けに、大きなカラクリンが設置してあります。

Photo_7
 
 
震災の影響でしょうか、動いていないカラクリンもありましたが
半分以上はしっかりと動いています。

Photo_8
 
 
2階の回廊へあがると、すぐ目の前に大きなカラクリンを見ることができます。

Photo_9


Photo_10


Photo_11

新潟県の県立自然科学館のモニュメントより、手作り感があって、
井村さんらしさが良くでていました。
自然科学館を訪ねた以前のブログ

Photo_12


Photo_13

鐘崎さんの看板も出しておきます。
 
 
隣にある食品館にも、2体の手動式カラクリンがあります。

Photo_14  Photo_15

ニコニコしながら、手動式の作品を全て動かして遊びました。
おみやげに笹かまぼこを買い、荒浜地区へ向かったのでした。
 
 
2012年の8月末から、あるぴいの銀花ギャラリーにも
井村隆さんのカラクリンがやってきます。気になる方は
ホームページ
のスケジュールをご覧下さい。
 
 
仙台に遊びに行く方がいれば、鐘崎かまぼこさんの笹かま館へ
カラクリンに会いに行ってあげて下さい。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 天然生活2012.7月号 | トップ | あおやままさひろ 切手のデ... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。