ギャラリー樟楠&あるぴいの銀花ギャラリー日記

作家の紹介から展覧会の様子。 ギャラリーのあるアルピーノ村の季節のお知らせ。

磯貝明子・林渚・三原なぎ 3人展終了(銀花ギャラリー)

2018-09-04 | あるぴいの銀花ギャラ...
磯貝明子、林渚、三原なぎ、3人展、終了いたしました。



残暑の中、連日多くのお客様にお越しいただき、ありがとうございました。

絵画の磯貝さんには、中学卒業以来というご友人たちが来廊。
時を遡り、中学時代の話に花が咲いていました。
中学の時から、何気ない日常のものを素敵に描いていたとのこと。
今、アルピーノ村のレストランたちを磯貝さんの絵画が彩ってくださっています。

幼稚園の絵画教室の先生もしている林さん。
いつも優しいまなざしで一生懸命子ども達に描くことの楽しさを伝えてくださってるんですよ、と園長先生。
それが伝わる暖かなぬくもりのあるリースでした。

女性らしさと、凛とした美しさを持った三原さんのガラスは、たくさんの方々の食卓へと旅立っていきました。

すぎゆく夏、そして静かな季節へ
そのタイトル通り、心がホッとする空間でした。

次回は関井一夫、ひろみさんの金工展です。どうぞお楽しみに。

 
あるぴいの銀花ギャラリー
 
 
コメント