東北アルパインスキー日誌 ブログ

東北南部の山での山スキー 沢登り 山歩きなどと共に、田舎暮らしなどの話を交えながら綴っています。

鳥海山 鳥越川コース 2018.04.22

2018年04月23日 | 山スキー

今まで3月 4月 5月に訪れて過去1勝2敗と分が悪い鳥越川コースだが、連休前ワンチャンスの晴天続きを狙って訪れた。駐車にはすでに8人ほどのスキーヤー・ボーダーと登山者がスタンバイ中で、おにぎりを一個押し込んでその後を追った。駐車場からは木道歩きが20分位で後はスキーが使え、しばらく志津かなブナ林を辿って行くと北面の山頂が顔を出す。しばらくすると途中にはテントが2張り有り、鳥海山の北面を望んでのブナ林の中での宴会は快適そうに見えた。

今日は気温が高すぎて下降時の雪が腐ると困るのだが、森林限界を抜けると適度な風が吹いて汗もかかず、写真を撮りながらのんびりペースで登るのが心地よい。雪面は適度に硬くザラメ模様の斜面は急斜面でもシールの効きも良く、空は晴天で山頂方面の視界も良好で快適に高度を上げて行く。

しかし、次第に傾斜が増して千蛇谷を通過するあたりからペースが落ちて行き、新山の山頂は見えるが中々その頂には到達しない。先行の2名は七高山の直下で山頂を諦めて下降して行ったが、最後の力でそのまま雪壁の登りを続けて山頂を目指す。

先行者が4人いて一人は仙台ナンバーの単独の女性ボーダーの方だが、七高山下でスライドした時には快調に飛ばして降りて行った。後続の方が5人位いたが七高山に人の姿はなく、連休時の大混雑とは程遠い静かな環境で何か得したような気分。

誰もいない新山の山頂を踏んですぐ下降に取り掛かったが、滑りだすと気温が高く雪が腐れ気味でやや重いが、見渡す限りの広大なフラットバーンが延々と続きく。七五三掛から下は適度なザラメ雪でスキーも良く走り、久しぶりのロングコースを十分楽しんで満足の1日。しかし、標高差1788mの登りで久しぶりの山行にはしんどい。

【関連サイト】

東北アルパインスキー日誌

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 村山葉山 畑~葉山手前~大... | トップ | 鳥海山 大平~御浜小屋~笙... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

山スキー」カテゴリの最新記事