東北アルパインスキー日誌 ブログ

東北南部の山での山スキー 沢登り 山歩きなどと共に、田舎暮らしなどの話を交えながら綴っています。

月山 姥ヶ岳 2018.12.16

2018年12月17日 | 山スキー

 やはり例年より雪の少ない月山だが、好天に恵まれた姥ヶ岳は予想通り大入りで、姥ヶ岳の東斜面には無数のトラックが刻まれていた。全国的な雪不足の為か新潟方面や首都圏からもお見えのようですが、月山はさすがにその期待を裏切らない積雪の量。
姥ヶ岳東斜面を何時ものメンツと1本決めてから登り返して南面の姥沢の斜面を1本。シーズン初めはターンのタイミングがずれて本調子ではないが、沢筋の吹き溜まりの雪は本格的なパウダー斜面で皆さん納得のご様子。しかし、2ヶ月の間山をさぼっていた自分にとっては息が上がり、ペースは今一という所でした。

Gさん画像より

 

Gさん画像より

 

東北アルパインスキー日誌

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 山奥の部落の冬支度は楽じゃ... | トップ | 60~100年杉の間伐 2018.12.19 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ファーマー佐藤)
2018-12-18 21:35:45
 いや~、凄い人出ですね~。
やはり、雪が少ないですが、天気が良いのは
幸いでした。私は、月山初滑りの予定でしたが、
工作に精を出しておりましたが、月山を見ながら
自転車ラン。眺めても良い山です。(^^
株を上げた月山 (sakano)
2018-12-27 08:07:29
10年位前のこの時期に月山を訪れる人は5~10人程度で殆どが仲間や顔見知りのみ。その後月山も全国的に株を上げました。

コメントを投稿

山スキー」カテゴリの最新記事