東北アルパインスキー日誌 ブログ

東北南部の山での山スキー 沢登り 山歩きなどと共に、田舎暮らしなどの話を交えながら綴っています。

村山葉山 東斜面~蕎麦屋 2018.01.21

2018年01月21日 | 蕎麦・ラーメン

晴天続きなのにすっかりタイミングを逃してしまったが、午後から下り気味だが午前中位ならいけるだろうと思って村山葉山を訪れた。大鳥居の駐車場に先客の姿はなく、昨日に入った人のトレースが残っていた。

天候は良好で葉山の山頂方面が見渡せるが、歩き始めるとやがて山頂は雲に覆われて姿を消し、悪天候の予報は当たっている様だった。久しぶりのノントレースの単独ラッセルは適度な負荷がかかって気持ち良く、上部でもくるぶし程度のラッセルで2時間半ほどで927mのピークに立つ。

しかし、その先の尾根上の散歩を目論んでいたが次第に視界不良となり、テンションは下がり東斜面を急いで下って蕎麦屋を目指す事に・・・。残念ながら東斜面は新雪は少し載っているが底がガリガリで、何時もの快適なパウダーなど望むべきも無かった。

そこで、目指したのが次年子の「七兵衛そば」。村山蕎麦街道の「あらきそば」にも負けない超人気店の様で、一度は訪れたいと思っていた店。訪れてみると雪降りの悪天候にもかかわらず駐車場には12台ほどの車がずらり。店の中には20人以上のお客さんで予想外の混雑。新そばの出るころには100人以上の行列も有りの模様。

メニューは「もり蕎麦」¥1.200 食べ放題のみ。番号札を受け取ると注文した事になり、しばらくすると麺つゆ・おろし大根のつゆ・たっぷりのネギ・キクラゲ・ワラビの1本漬け・大根の漬物が出てくる。蕎麦はおわんに入ったものが2つで、追加は頼むまでもなく向こうから勧められるザービス過剰の店。この地ではお客に腹いっぱい食べさせるのがしきたりとか。

結局、3杯を食しておなか一杯になってしまったが、おろし大根のつゆと麺つゆのマッチングが素晴らしく、普通だったら食べ飽きてしまう蕎麦ものど越し良く胃袋に収まる。蕎麦は適度なコシが有るが噛むのにくたびれてしまうという事もない。付け出しの3品の味付けも素晴らしく、最後の蕎麦湯は味噌風味が有る様な独特の味わいが楽しめます。打ち立て・茹でたてのそばを¥1.200でこれ程の満足感を味わえる店は中々他にないのでは?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 御所山 柳沢小屋名物 雪締... | トップ | 村山葉山 (1040mまで)~源四... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

蕎麦・ラーメン」カテゴリの最新記事