アロハな人々

日本一アロハな会社を目指しています。
目指すはヤシの木日本一!
コメントお待ちしていま~す!!

パイプル君の突撃インタビュー♪~羽生営業所メンテナンスセンター編~

2019-06-20 09:00:00 | アロハガス日記

みなさまALOHA~

広報部長 パイプル君です

パイプル君の突撃インタビュー、令和最初のインタビュー先は

羽生営業所メンテナンスセンターです

アロハガス本社と同じ敷地内にあります、ブルーの屋根が羽生営業所です

その隣に隣接していますのが、平成29年に竣工されたメンテナンスセンターです

まだピカピカですよ~~~

それでは、マーキュロップ事業部 羽生営業所 黒川所長 宜しくお願いしまーーす

 

 羽生メンテナンスセンターは何をしているところですか?

 ご家庭や会社等でご利用戴いているウォーターサーバーの洗浄・修理をしています。

 ここから先はパイプル君は入れないよーー

   洗浄室は、ブルーの上下作業着・ヘアキャップ・マスク・手袋、

   クリーンルームは白い上下のつなぎの作業着・フード・マスク・手袋をして作業をします。

   だから、作業服サイズの問題をクリアしたら、パイプル君も見学に来てね

 

 ということで、洗浄室やクリーンルームにはパイプル君は入れませんでしたーー

 この先は、黒川所長に案内していただきます 

 

 洗浄・修理とはどんなことをしてるのでしょうか?

 まず、洗浄ですが、各部品・カバー等を洗う事と、配管・タンク内のクエン酸による汚れ落とし、

   オゾン水を使った殺菌・すずぎをしています。

   修理については、蛇口を含む部品交換、劣化したパッキン類やカバー類の交換、温度センサーの

   交換作業で、ほぼ新品にリニューアルします。

 どんな点検をしていますか?

 冷温水の温度確認、水漏れ検査等、基盤が正常に作動しているかどうかを確認しています。

   もちろん最終検査では、汚れが残っていないか?キズはないか?等の外観検査もしています。

 どんな場所で作業していますか?

 水洗いを中心とした洗浄室と、組立・検査・ビニール梱包までのクリーンルームがあります。

   クリーンルームは、半導体工場や病院の無菌室のような、ほこりやウイルスを除去した

   清浄な部屋です。

 

 家庭や利用先でのお手入れ方法を教えて下さい。

 ①ボトル交換の際、差し口に水がこぼれていたらきれいに拭き取ってから新しいボトルを

    さすこと。

   ②蛇口には、どうしても水滴が残ってしまうので、たまに除菌ウェットで拭き取る事をして頂くと

    より衛生的にご利用できますよ

ニヤリと笑って教えて下さいました、黒川所長 ありがとうございました

 

みなさんに安心して富士山の天然水を飲んでいただけるように、これからもメンテナンスセンターの

活躍が広がります

次の突撃インタビューもお楽しみに~~~

 

  

 

 

 

 

 

 

 

コメント   この記事についてブログを書く
« 営業2課を紹介します。 | トップ | 2019年の環境整備委員会は活... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

アロハガス日記」カテゴリの最新記事