ドルフィンベルベット

マイペース人馬の自由な日記

人に慣れるまで

2009年07月30日 19時02分43秒 | お馬とデート
今のクラブに移動して、早いものでもう2年半が経ちました 
この間のクー太郎の変貌ぶりを見ると、学習と言うか、観察というか、これだけの時間をかけて自分の生活を確立したんだと、あらためて思いました 

移って4ヶ月ほどで、朝、運動をする時に一番でないと大騒ぎしたり、お昼のお散歩を催促するようになりましたが、今のように我がままを言い出したのは今年になってからだと思います

馬は環境にすぐに慣れると言います。
確かに馬房にはすぐに慣れて、初めてのウォーターカップも自分で見つけて飲んでいましたが、人間に対しては毎日毎日顔を伺いながら、観察しながら、時間をかけて慣れていくのではないかと思います

あと1年したら、先生も奥様もいなくなってしまいます
クー太郎、悲しむだろうなぁ…
ジャンル:
ウェブログ
コメント (6)   この記事についてブログを書く
« 『少女』 | トップ | 勝てないマー君 »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
はじめまして (kt)
2009-07-30 19:56:28
はじめまして。関西で自馬を持ってる者です。
クー太郎くんとalohadreamさんのブログを
前の記事から拝見させて頂きました。
とても賢い、立派なお馬さんですね。

その賢いお馬さんだからこそ、思うのですが、
何かそちらのクラブに乱暴なたとえば研修生さんとかいらっしゃいませんか?
文面を拝読する限り、クー太郎くんはalohadreamさんとU先生という方と奥様?しか信頼してないような気が致します。
そして、週末にいらっしゃるママのalohadreamさんに思いっきり不安を伝えているような気がするのですが、いかがでしょうか。

尊敬される先生があと1年とのこと。事情はわかりませんが、その先生と一緒にいることは難しいのでしょうか。

クー太郎くんが安心して過ごせる環境が整えばいいですね。
はじめまして♪ (alohadream)
2009-07-31 07:51:59
 ☆ktさん
コメント有難うございます
また客観的に分析して頂いてとても勉強になります。

ktさんの仰るような環境でも、クー太郎のような行動をとる馬がいるんですね 
ただ、今のクラブは頭数20頭ほどで、研修生のような安賃金でこき使われる人はおらず、スタッフもバイト(一部の会員さん)もとても穏やかで優しいんです

私がいない時はちゃんと他の人に甘えるというか、目で訴えたりしているそうで、「世渡り上手」と言われています

でもよく考えてみると、馬の担当者が決まっているので、U先生と奥様が接する時間が圧倒的に多いですね 
特に奥様は最近「呼ぶと返事するようになってきた」と言っていました 
なので人の認識にはやはり接する「時間」が影響するのかな?と思いました。 

ktさんの愛馬はどうでしょう?
女の子ですか男の子ですか?
私は馬の行動にとても興味があります
また色々教えてください 
あと1年!? (アーニー)
2009-07-31 11:16:56
あと1年したら、先生も奥様もいなくなってしまうんですか?
その後どうなってしまうんでしょ・・
そういうわたしも1年したらどうなっているかわからないですけど
うちは (kt)
2009-07-31 15:28:20
中間種の女の子です。
どちらかといえばドライな子かも知れません。

馬って犬猫と違い、必ず他人様の手を煩わせなくては飼えないものなので、できる限り、どんな人に対しても同じような反応を見せるようにこちらもドライに接してきたような気がします。

ただ、私が別の馬に乗ることを非常に嫌うので、ここ10年、この馬以外に乗ったことがありません。。
1年後のこと (alohadream)
2009-07-31 19:18:07
 ☆アーニーさん
そうなんです。ワケあって誰も口にはしませんが 

1年後のことは誰もわからないですよ
でも、馬は続けていて下さいね
愛馬のことを (alohadream)
2009-07-31 19:48:44
 ☆ktさん
大切に想って考えて接しているんですね 
ドライに見せていても、ktさんが別の馬に乗るのを嫌がるなんて、やっぱりktさんのことが大好きなんですね

クー太郎も相当焼きもち焼きなので、男だからだと思っていましたが、女の子も同じなんですね 

私も、殆ど週末にしか行けないので、私が居る居ないでストレスを感じるのではと思いましたが、ついつい猫可愛がりして現在に至ってます 
子離れできていないのは私の方かも知れません...

ただ、私は限りある命の中で、クー太郎が「気持ち良い」と思う時間をたくさん作ってあげたいと思っています
できれば人も馬ももう少し冷静になれると良いんですけどね  

コメントを投稿

お馬とデート」カテゴリの最新記事