goo

鬼門の猿 京都御所内、北東角の築地堀

寛政2年1790年、光格天皇が再建時、築地堀が都の鬼門に当たるので
日吉山王神社の使いの木彫りの猿を鎮護のために置いたところが、
どうした事か夜な夜な抜け出してはキャキャ大声上げて人々に、
いたずらするので、出られないように金網を張るとピタリと止まった。
この場所を猿ケ辻と呼ぶ。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 崇徳地蔵(人... 登天石(とて... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。