Curse priest

Trigger Happy 出張所。D.Gray-manと青の祓魔師のネタバレ感想と進撃の巨人、アニメ感想を書いてます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「進撃の巨人」 6巻

2011-12-13 13:10:34 | 他、マンガ

出た出たー!!
本誌も読んでるんで、この後の展開も知ってますが、通して読むと
改めて面白いです。
「女巨人編」というべきか。確か次の話で決着。

5巻末で出くわした女巨人対調査兵団の話。
回想でハンジの実験の話とそれに纏わるエレンに対する隊員達の本音も交えて
描かれてて、ちょっとづつ巨人についての謎が見えてきてる。

エレンが巨人になった時、がっかりしたって意見が多かったそうだけど、
私は逆に燃えた(だって主人公が特殊能力持つってよくある事じゃん)。
あの巨人に対抗する手段で、早かれ遅かれ出るネタだったしさ。
100年経っても、巨人に対して何故か人類は「全く解んない」状態なんで、
エレンが巨人になれるのは、主人公側からも巨人の生態に迫れて、
いい方法じゃないかな。
もちろん、巨人になってもエレンの意思が殆ど効かない事、
どう使えば効率的なのか手探り状態なのも、エレン無双にならなくていい感じの足枷だ。

巨人について解った事をまとめてたら長くなったんで、別項で上げるとして、
序盤描かれたのは、アルミンの強運さ、ライナーの戦闘力、ジャンの判断力だな。
アルミンは二度は確実に死んでるところ、全部見逃されてる。
(二度目はライナーが助けに入ったけど、やっぱ殺されなかったし)
女巨人の目的は「エレンを捕まえる」って事だったが、どうやら「殺す」訳ではないらしい。
もし、殺すのが目的ならわざわざフードの下を確認する必要などない。
全員、皆殺しにすれば済む事だ。
なのに、アルミンを殺さなかったのは、「エレン捕獲」がより重要だったからではないか?

女巨人は任務の妨げになる敵対する者、彼女の存在を知らせようとした者は全て皆殺しにしている。
だが、アルミンだけは何故かチョロチョロ邪魔してるのに殺されてない。
しかも彼の言葉に耳を傾けたり、妙な顔で見つめたりするだけで殺しはしない。
何故だろう? 他の連中は確認もせず、躊躇わず殺してしまうのに。
主要メンバーでも容赦なくバンバン殺される現状を見ると、これはもう「強運」として片付けるしかない(^_^;)
女巨人に意思があるなら、「アルミンをかわいいと思った」「実は知り合いだった」とか、
色々考えられるが、確かめようがないんだよな。
彼女の素性は今後出てくるのかしら?(資料上でもいいから)

無論、強運だけじゃなく、女巨人の目的や周辺の事情について、いち早く判断したり、怪我しても時間稼ぎに巨人の気を引いたり、誰か馬なしで居残りを択ばなければならない際、躊躇いもなく「僕が残る」と言ってのけたり、残んのヤダと内心ビビってたジャンに比べて、アルミンはマジ根性あるよな。


ジャンは本当にマルコの死によって大きく変わったね。

「誰の物とも知れねぇ骨の燃えカスにがっかりされたくないだけだ」

これが今の彼を突き動かし、調査兵団に入らせた全て。
自分の事しか考えなかった少年が、そういう自分の隠れた本質を評価し、認めてくれた
少年の言葉に従って行動している。

「強い人ではないから、弱い人の気持ちがよく理解できる。
 それでいて現状を正しく認識することに長けているから、今、何をすべきか明確に解るだろ?
 まぁ、僕もそうだし、大半の人間は弱いと言えるけどさ。
 それと同じ目線から放たれた指示ならどんなに困難であっても、切実に届くと思うんだ」

自分よりリーダーに向いていると評したマルコ。
総司令は目的の為に色々非情に切り捨てないといけないので、「弱い人」であるジャンにはなれない。
でも、弱いからこそ、「何をすべきか」と「それに対するリスクへの危機感」も同時に解って、
それをうまく仲間に伝えることが出来る。
判断を一手間違えたら死ぬ、この世界じゃこの事は大きい。
だから、ムチャはやっても「特攻して自爆」なんてさせないジャンの存在はこれから大きくなっていくだろうな。
(憲兵団が5千人、駐屯兵団が3万人、なのに調査兵団はたった300人。
 しかも戦死率が非常に高く9割は死んでしまうので、生き残りがすぐ昇格する率高そうだし)


今回、初の戦闘力を見せた頼れる兄貴ライナー。
女巨人の後姿を見て「いいケツ」と評したあたり、ステキだ、ライナー(笑)
何せ全裸の女が思春期の少年達の前を全力疾走していくんだもんねぇ。
もうちょっと色気のある肌をしてれば「殺すのもったいねぇ」とか思うだろうが、
残念、筋肉ムキムキの姐御だった(^_^;)
女巨人に握り潰されるかと思った瞬間、指を全部切り落として脱出とはかっこいいぜ!

けど、同時にエルヴィン団長やアルミンが危惧してる「スパイ」のフラグがライナーに立ってしまった(^_^;)
捕獲されてた巨人が殺されたのとか、巨人の事を調べられちゃ困る集団がいるのは間違いないけど、当然調査兵団にもいる筈。

で、その根拠は
女巨人は右翼から襲ってきたこと。その後、突然方向転換した事だ。

  事前に配布されてたエレンがいる班の場所はわざと各自違うよう伝えられていた。
  アルミンは右翼前方。ジャンは左翼後方。そして、ライナーは右翼側。

これだけだど、ライナーがスパイと判断しにくいのだが、ライナーを掴んだ後、女巨人は
斬られた掌を見つめ、何故か右翼攻略を止めて、中央後方、つまりエレンのいる方角をまっすぐ目指すのである。
ライナーは女巨人の行く方角を見て「ビビッちまってお帰りになるご様子だ!」と叫ぶが、
全くの逆方向なのだ。
明らかにおかしい。
ライナーが掴まったと見せかけ、彼女の掌に何らかの情報を残したとしか思えない。

で、ライナーがスパイだとして、何故そんな事をやるか理由はある。
彼の目標は「絶対、故郷に帰ること」だ。
憲兵団を選べる次席卒業だったのに、彼は何故か調査兵団に入った。
それはどうもジャンやコニー達との理由と同じとは思えないんだよねぇ。
憲兵団あたりから「便宜を図ってやる」と誘われたら、そりゃ確実そうな方を選ぶよなぁ。
けど、ライナーはいい奴だし、裏切者は別にいるといいんだけどな。


クリスタ、女神、マジ女神\(* ̄▽ ̄*)/
サシャの時も「神様」と呼ばれ、性格の悪いそばかす女からすら「結婚しよう」と求愛され、
今回もライナー、アルミン、ジャンを一発で攻略。
ライナーは(結婚したい…)とメロメロ。いいなぁ、三バカトリオ。
ジャンもミカサは靡かないと諦めて、ライナーと取り合うといいよ。
ホント、クリスタは「残酷だが美しい」世界そのものだ。
クリスタも泣くほどコワイのに、何故調査兵団に入ったのかな?


さて、巨大樹の森攻防戦。
女巨人の体の使い方はエレンよか人間ぽいし、使い慣れてる感じ。
対巨人戦を見せてくれないので、彼女が格闘術を使えるのか解らないけどね。
立体機動を駆使しても、まるで歯が立たないし、うなじを手で隠すのを怠らないし、
正体はやはりそれなりに訓練を受けた強い意思を持つ人間だと思われる。
(最初から首に防御出来る装備をしとけばいいと思うんだが、うなじを隠すとマズイとか
何か理由があるのかしらん??)

目が合うだけで「エレン」と認識したように見えるので、巨人同士何か解るのかねぇ??
ただ、エレンは解ってないようなので、単純に一番守られてる場所の中心人物と判断しただけかも。
巨人は総じてデクのボーなんで「判断」出来るってのはコワイね。
デクのボーですら負けっ放しなのに、意思のある巨人がゾロゾロいたらとっくに人類は滅んでた。
意思がある巨人を作るのは相当難しいのかな??
エレンですら、巨人である間は殆どぶっ飛んでるみたいだし。
「スプーン拾う」とかちょっとでも目的がないと巨人にはなれないんじゃ、巨人を研究してる研究所は大変なんだろーなー。
いつ、凄くつまんない事で巨人に変わるか知れなくて、毎日がドキドキだよ(^_^;)

今回、一番重要だったのが「目的がないと巨人になれない」。
だから、巨人になって何かしようと思ったら、物凄い強い意思で何かを思い込まないといけない。
スプーン拾う為くらいで巨人になるんじゃ使いようがないもんな。

「人を食う」というのは、どうも条件付けっぽい。
例えば、人間を凄く飢えさせて、共食いにさせる状態まで追い込んでから巨人化し、放置。
これだと、元からバカになってるのも解る。食う事しか頭にないから。
奇行種はそこまで飢えてバカになってない状態だったのかな?
エレンや女巨人は普通の状態で巨人になった場合なのかしら?
でも、それでも殆ど意思のある巨人がいない事を考えると、薬にも適応する人間とそうでない人間がいるのか?
エレンはラッキーだったのか?
うーん、まだよく解らないよ。

エレンはハンジの実験で自分に対する周囲の不審と恐怖を知り、森での戦いを経て、それを乗り越えてお互いに信頼するという事を学んだ。
エレンも自分の力に戸惑っているが、周囲だって爆弾抱えてるからコワイんだってよく解ってなかったんだな。
まぁ、自分の力を制御できてないのに、普段はただの人間だから自覚が無くても仕方ないよね(^_^;)
普通でも信頼を築くって難しいのに、無意識に全く悪気なくダイナマイトを胸元から覗かせてる人間と一緒に戦っていかないといけないんだもの。

しかし、エレンの巨人になる力って一生ものなのかしら?(^_^;)
それとも、定期的に薬打たないといけないのかしら?
どっちも微妙に困るってのがクセモノ。

性格は厨2だが、実は戦闘力がずば抜けていたオルオの実績に笑った(笑)
なる程、それで第二のリヴァイになれると思ってるのか。

多大な犠牲は払ったけど、女巨人を生け捕りにし、それが皆を信頼した結果だと解った時のエレンの「はい!」はいいな。
1巻の時に比べ、すっかり牙が抜けちゃった感のあるエレンだけど、今後あのキカン気の強い性格は出てくるのかな?
リヴァイとエルヴィン団長のコンビも好き。いつか出会いとか描かれるといいなー。

次回嘘予告最高!!!ジャンの壮絶な過去、是非読みたいです!(笑)
連載は掲載ページ数が多いんで、4月には次巻が出るんだね。楽しみ、楽しみ。

しかし、エレンと一緒に壁を出て散歩するたび、1時間も経たずに壊滅に近いんじゃ、どんだけ兵士募集かけてもキツイよなー。
索敵には便利とはいえ、立体機動が殆ど使えない荒野ばっかって変な話。
何か妙な事が多い世界だなー。

『マンガ(レビュー感想)』 ジャンルのランキング
コメント (3)   この記事についてブログを書く
« IS(インフィニットストラ... | トップ | 「鴉とライオン」レビュー »
最近の画像もっと見る

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
やぁヾ(´c_,`*) (サシャ可愛過ぎ)
2011-12-13 17:02:07
おもろくなってきたああああああああ
↓↑同一人物 (サシャカワイスギダロ)
2011-12-13 17:04:00
実写版どうなるんだろうね?
エレンに関係する話らしいけど・・・
R18指定はいっちゃったら
みれねぇよ・・・・
(怒`・ω・´)ムキッ ドウイウコトダアアアアアァァ
こんばんは (阿佐ヶ谷)
2011-12-14 19:41:47
サシャカワイスギダロさん、こんばんは。

実写版、10月頃ロケしてたらしいですけど、日本の都会で巨人は似合わないので、何かブキミです(((( ;゜Д゜)))

>R18指定はいっちゃったら
みれねぇよ・・・・

話全部がR18でしかないんで、子どもには見せられないヨ(^_^;)
マンガはふつーに売ってるのに、映画だけR18ってのも変な話ですけど。

コメントを投稿

他、マンガ」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事