Curse priest

Trigger Happy 出張所。D.Gray-manと青の祓魔師のネタバレ感想と進撃の巨人、アニメ感想を書いてます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

青の祓魔師 第70話「野望」とDグレ

2015-08-04 23:11:37 | 青の祓魔師

8月はお盆あったり、友人達が遠方から来たり、色々忙しいです。
本当は東京か大阪に遊びに行きたいけど、最近は観光客多すぎてホテル全く取れないって
出張の営業が困ってたしなぁ。
だったらホテル増やせばいいって意見もあるけど、観光は水物だから減った時が大変。
でも、宿が取れんのはマジ困るねぇぇ。

月刊誌を三冊買うのはさすがにキツイので、今回は簡易感想。
今月号は面白かったんで、買えなくて残念(T_T)

青の祓魔師 第70話「野望」とDグレ

Dグレの感想の書き忘れがあったんで、それは後半で。

まず、前回の終わりの雪男のシーンから。
雪男は悪魔憑きの精密検査にはパスしている。
兄のような遺伝でも憑依でもないなら、自分の蒼い炎の目の正体は一体何なのか。
何が作用しているのか。

自分の変化に向き合わないと前に進めないので、まずは悪霊などのお掃除開始。
炎が出た時の条件は「死への恐怖」。
小物を掃除する事で、大物を呼び出し対峙するつもりらしい。

雪男は一人で抱え込むタイプなので(サタンの炎に目覚めちゃったみたいなんです)とは誰にも相談出来ない。
というか、こういう深刻な問題を相談できるような相手が元々ただの一人もいないんだが(^_^;)
せめて、ほのめかす相手くらいいれば、後の伏線にもなるんだけど、そういう相手すらいないって凄くね?

燐達は論外として、せめて祓魔師の同僚に一人位いてもよさそうなもんだがねー。
シュラさんとは心を全く許し合ってないから、もうどーしょーもないね。
(シュラさんはあれで許し合ってるつもりなんだろうけど)

何か賽の河原で「破滅への伏線」という名の石を積んでる雪男の光景が目に浮かぶが、しゃーねーし。

で、まぁ一体何なのかな。
藤堂はそれは君の力じゃないねと言ってたんで、ふつーに考えるとルシフェルかな。
向こうから接触してきてるし。
まぁ、燐の弟なんだし、WJだったら、強さのインフレが起こりまくっててて、とっくにチャドかヤムチャになってた所だから(チャドさん、最近出てきてるけど)、ここらで何かランク上げて欲しいわ。
悪魔落ちしてもいいんだけど、アニメが微妙だったからなー(笑)

裏切りフラグかも知れないけど、既に志摩君でお腹いっぱい(しかもひどい消化不良)だし、イルミナティが残念組織なので、あんま属してほしくない。藤堂と同僚なんてゾッとします(;・∀・)
裏切る位なら、一匹狼やってくれた方がまだいいな。


さて、今回のメインはライトニング来日。
メフィストはライトニングが苦手なんで軽く嫌がらせしてますけど(笑)
実力は折り紙つき。
複雑な儀式なし、詠唱の出だし言って「以下略」で超上級悪魔の麒麟も呼び出せちゃう。

最近、色々な事で(主に志摩君(笑)迷走してた勝呂も「凄い!!」と一気にべた惚れ。
ライトニングに弟子入り志願で土下座。
勝呂、潔癖で生真面目過ぎるからダイジョブかな(笑) 腰の低い謙虚な勝呂さんが見れるのかな(笑)
腹の中はドス黒い、手を汚すことに躊躇いなしのライトニングに弟子入りするって、勝呂さん、
本当に大丈夫なのかしら(;・∀・)

ライトニングは一応、塾教師の触れ込みで来日したので、何処にそんなにいたんだって塾生が燐達の教室に
押しかけ、教室は超満員。
まぁ、あんな凄いレベルを見せつけられちゃね。
でも、授業の内容が長嶋茂雄の「ボールが来たらですね。打つんですね。…あれ、何で解かんないのかな?」なので、皆さん、速攻でお引取りになりました(笑)

ここらの授業の内容はベルセルクで魔女シールケが解りやすく教えてくれてるので、それも併せて読むといい。
ライトニングが使った精霊の印、召喚のコツである「悪魔と仲良くすること」「上級悪魔とコネを作っておくといい事」は
どの魔法でも言えることなので。

術はあくまで召喚者でなく、その悪魔の力なので感謝の心を忘れてはいけない。
協力していただくのだから、菓子折りの一つ、お歳暮お中元も欠かさずに、は営業の基本ですね。
無論、大手とコネがあった方がお仕事もらいやすいも当然。
ゴキゲン損ねたら大変。

ライトニングは何も難しい事は言ってません。
相手が会社でなく、悪魔って事だけ。

ライトニングは火と風の魔法に強いらしい。
さりげに勝呂と出雲がちょっと接近してた。282828。

面白かったけど、書き起こしてみると「えっ、こんな初歩、召喚の授業でとっくにやってる話やないのん!?」て気もする。
まぁ、魔法に疎い読者向け講座って事で。

次号続く~。


さて、Dグレ。
今月号の方ですが、ネアから伯爵は「マナ呼ばわり」されてますけど、伯爵はマナが大嫌いで、自分の記憶を
潰すくらいなので、自分が「マナ」なんて夢にも思ってないだろう。
しかも、伯爵がいきなり2つに分かれただの、母親と思ってたカテリーナさんは単なる育ての親だの、
トドメが「あんたがマナ」とか言われた日には
「なに、それコワイ。この人、一体何を言い出すの?電波?」
と、ドン引きになる事必至ではなかろーか。

頭から受け入れられない事実なので、読者的には衝撃の事実でも、伯爵的には「すいません、話しかけて、抱きついてすいません」と100キロ位距離を置きたくなるだろう。

Dグレって「奇怪な話」って、基本に立ち返れば、そういう話なんだけどさ。
やっぱり、我が事となると、一人の人間が分裂して二人の赤ん坊になったとか、そんなおとぎ話(^_^;)

普通でも「えー、そうだったんだね、ネア」と受け入れるのはザイルのようなぶっ太い神経と非常識な程の度量が
必要だと思う。
今の一杯一杯な伯爵にはムリ。

記憶がないのもあるけど、自分が一番嫌いな人間だったってのもハードルが高い。
て、訳で次回は波瀾万丈な幕開け必至。

うーん、マナと子アレンが出会った時、子アレンがマナの頭を左腕でタコ殴りしたのがトドメだったかなぁ(^_^;)
仮に記憶が戻っても、ベルセルクのキャスカみたく、女にとって一番不幸な記憶が戻ってくるだけなんで、
マナはそれを望まないだろーなー。

で、ネアはともかくアレンはどうなんだろ。
アレンはマナに自分の事を忘れてしまってたら思い出して欲しいだろうな。
だって、マナはネアの事はガッチリ覚えてるんだし、余計にね。

マナはアレンに「愛してる」と言ったたった一人の人間なのだから、アレンの事を想ってるなら、
傷ついてでも、君の事を思い出したいと望むかも知れない。

ネアに出来ず、アレンに出来ることはそれなのかも知れないな。


コメント   この記事についてブログを書く
« D.Gray-man 第219夜「A・... | トップ | 青の祓魔師 第71話「惚れ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

青の祓魔師」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事