Curse priest

Trigger Happy 出張所。D.Gray-manと青の祓魔師のネタバレ感想と進撃の巨人、アニメ感想を書いてます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

D.Gray-man 第219夜「A・Wをたずねて 彼は渦の中でいっそう目を瞑る」1

2015-10-20 23:45:17 | D.Gray-man

週末は友人達と嬉野温泉にお泊り~(∩´∀`)∩ワーイ
お湯が硫黄臭くないのに、乾燥肌がピタリと治るとは、さすが日本三大美人湯。
お食事だけでも1万円近くて(これでもいつもより内容を下げた)どひょーん!としますが、やっぱ美味しかったです。
洋館みたいで雰囲気もサービスも満点。また行きたいわん。
ブーゲンビリアの温室も綺麗だったし、新しいカフェもできてて、そこもお料理も洒落ててよかった。
ただ、相変わらず週末だってのに人の気配がない。車の往来もない。
お宿はどこも満員なのに、町で遊んだり観光するとこがないのは寂しいわ。

D.Gray-man 第219夜「A・Wをたずねて 彼は渦の中でいっそう目を瞑る」1

今夜のクトゥルフセッションが中止になったんで時間が取れたよ。
いつも時間に追われちゃうわ(笑)

グッズプレゼントにアレンとリンクの下敷き。
でも、私はニンテンドー3DSが欲しいです(おい 笑)
デビルサマナーソウルハッカーズが出てるんで、もう一回やりたいんじゃよ。
スプーキーとか大人組が大好き。

さて、表紙。
巻頭カラー。
アレンがキリッとしてかっこいいです。
前回のおまけハガキがノアファミリーだったんで、今回は神田、ラビ、リナリー、リンクとメイン総出演。
ブックマンやジョニーもいる。ピエロマナもいるのは、主人公の半身だから(笑)
ティムもいるのはいずれ復活するからだよね?
星野先生は気合を入れて、ラビを描いたのに、面食いの星野ママンは「神田がやっぱり一番ね」と
だけ言って去って行かれたそうです(笑)
やはり、ラビも「美形」だという事にしないと世間は評価してくれないんでしょうか?
このアレンも大変男前ですが、世間的には美形じゃないのかしら。
でも、面食いの友人もやっぱ神田を選ぶので、もう修正は効かないかも知れない(^_^;)

ラフ画はまた今度感想書くとして、さっさと本編へ。

タイトルが前回に引き続き、マナの件について。
A・Wをたずねてのアレンの立場はどーなってるんだろう(笑)
今回もリンクの回想にしか出てきてないし、主人公とは一体…(ゴゴゴゴ

そーいや、表紙にラビと神田が出た以上、チャットやるべきですかね?
しかし、正直、情報があんまなくて、話す事が余りないというか妄想しか出来んというか(笑)
7千年前の妄想なら、もう死ぬ程やってるけどさ。

前号からの続き。

壁一面の巨大な鏡。

アレンとマナ。ネアとマナ。
この二人は合わせ鏡の存在なので、独りしかいない場合、鏡に向かって対話する事になる。

前回のデートの続き。
ジョニーは寝っ放し。
アレンを無条件に信じる為にもずーーーっと寝ていていただきたい。
しかし、メガネの方が本体かもしれないので、盗聴装置とかレコーダーとか余計なものも装備してるかも知れない。
科学班だし。
あんな目にあっても、ヒビ一つメガネに入ってないのがまた不気味(笑)

ネアは語り続ける。

「母さまはウソをついていた。
 オレたちはもとは『ひとつ』の存在…。
 マナとネアは血を分けた兄弟、ではなく、文字通りの分身だったんだ。

 だが、結局あんたによってオレたちは元の『ひとつ』に戻ってしまったけれどね。
 元の『千年伯爵』に。
 現在(いま)のあんたに!」

この場合の「あんた」は「千年伯爵の皮」(ノアメモリー)の事だと思う。
ふつーに考えれば、個人が二人に分かれることの方が不自然なんで、統一する方が当然の成り行きだろう。
一卵性双生児が何かのショックで分裂するように、千年伯爵も麦畑を見て泣いてたとこ見ると、過去に
麦畑で誰かさんと誰かさんが~♪みたいな事があったらしい。

だが、2つに分かれての子供時代、さっぱり千年伯爵の記憶がなかった事や、
二人が一つに戻って、ネアが愚痴愚痴愚痴愚痴文句言い通しのとこみると、
むしろ、元々の千年伯爵の中身って「二人」だったんじゃあるまいか。
性格も人格も全く違ってるしさ。
まぁ、双子の性格は似てない方がふつーだし、個人ですら性格が多様化してますけど、
それはそれとして、マナとネアはさーーっぱり似ていない。
顔も雰囲気も行動も。
似てるとこがあるとすれば、アレン・ウォーカー並に人の話を聞かないクソ頑固ってところか(笑)

7千年前、何があったかよく解かんないけど、二人の人間を強引に一つにして、
千年伯爵の中身に統一してたように思う。
麦畑で何か思い出して、分裂したのは、むしろ「自然な成り行き」で抗しがたい衝動だったんでは。
でなければ、千年伯爵も取り返しがつかなくなる前にさっさと一つに戻っているだろう。
だが、二人に分かれている事が「本来あるべき姿」であれば、メモリーより上位だ。
外部から「皮」だけで、二人を責めることしかできない。

けれど、戻ってしまった心地よさ、人間としての幸せを味わった二人が元に戻れる筈がない。
だから、彼らは一つに戻りたくなくて、ノアメモリーに逆らいまくり、逃亡し、他のノアもぶち殺し、
逆上した伯爵に殺されて、それでも今も尚、千年伯爵の「存在」に抗いまくってる。

ネアとノアは千年伯爵という檻に閉じ込められた囚人なんじゃあるまいか。

だからこそ、ネアは千年伯爵という檻を壊そうと、あらゆる手段を探し、クロスやルベリエと手を組んでいる。
ネアはマナを殺して、千年伯爵になると言ってるが、檻を壊し、マナを開放する為にはその方法しかないのだろう。
今んとこ。

結果的にそれが人類滅亡のタイムリミットを引き延ばす結果になってるが、それはマナはともかくネアにとっては
副次的な事だと思う。

7千年前、洪水から人類を千年伯爵の思惑を覆して救ってしまったのは、イノセンスじゃなく、この二人のような気がするのだわ。
イノセンスでなく、ノアが人類を救ってしまった方が、伯爵を怒らせると思うから。

つっても、ネアもどの程度、大昔の記憶を持ってるかよく解らん。
今のネアは双子だった頃の記憶をなくしてるマナを責めてるばっかりだし。


ネアはマナの頬を両手で優しく包み、冷たく問い詰める。
恐怖で真っ青になっていようが容赦はしない。

「なぁ、わからないか、マナ?
 千年伯爵が千年伯爵でなくなり、
 オレたち『ふたり』になった。
 あの17年間を」

アレンの顔がネアの顔と重なる。
二人の顔がマナを責め苛む。

「オレを喰った、あの日を。
 あんた、ほんとうに忘れているのか?」


弟を喰った。
血だらけの手でそれを知った。
ネアの言葉がマナの記憶をこじ開ける。
忘れようとした記憶。忘れていなければならない記憶。

鏡は語る。
ネアがいなければ、鏡の奥から弟は語りかけてくる。

あれは「独り」に戻ってからすぐだった。
起き抜けで上半身裸で、壁一面の鏡の前を通りかかった時、失った筈の弟の顔がそこにあった。

(ああ…ネア)

ホッとした。
手を伸ばす。
いつものように弟に触れたかった。

(そこにいたんですね、鏡の中に…)

が、冷たい鏡は弟の顔を映すだけで、温かい肌を感じさせてはくれなかった。
鏡に映るには、今の自分だった。
ノアに覚醒し、聖痕が浮き出た、浅黒い死者の肌の青年の顔を。

改めて悟る。
弟はいない。何処にもいなくなった。
涙が止めどなく頬を伝う。

(許して、ネア)

鏡に爪を立て、額を寄せた。

(すべて、ぼくのせいです。
 ぼくのせいでキミは…。

 ぼくは『千年伯爵』の役をまっとうしなければならない。
 そうしなければならないんです。

 ハートを滅ぼさなければ…。
 それしか道はない)

(でなければ、ぼくは…っ)


千年伯爵の「役」。
つまり、ノアメモリーによって、やりたくなくても強制的に演じなければならない。
チェスの駒に選ばれたのは、イノセンスに選ばれたエクソシストも同じ。
駒に自由はない。

もし、演じなければ(でなければ、ぼくは)どうなっちゃうのだろー?
存在が砂のように消えちゃえたら、むしろ幸せだろーけど、ツライ事ばかり強制されちゃうんだろうな。
私としては、ゴディバのチョコレートを食えと言われたら、とてもツライです。
バレンタインのイラストの余りのかわいさにマグカップ付きやらクッキーやら沢山買ってしまいました。
また太ってしまうのに、ああ、何てツライ…(笑)

他のノアは割と楽しそうにノアを演じてらっしゃるようですが、ノアメモリーは強烈なので、
気を抜くと、飲まれてしまう。面倒臭いね。


(だから…)
マナの目から新しい涙がまた溢れる。
(だから)

おぞましい記憶。
忘れようとも忘れられない地獄。

(ぼくはネアを喰った)

「ああああああああああああああああ」

マナは鏡の前で絶叫した。
膝を折り、天を仰いで、絶望の声を上げた。
何度、上げようが、その声は誰にも届かないけれど。

2に続く。


恐らく、日本中でオレが一番マナが好きなんだろうが(笑)、それでもいきなり情景だけ手渡されても、
前後の事情が殆ど解かんないので、感情移入しずらいね。
アレンとマナの幸せな頃がほぼ全く描かれてなくて、アレンがどうしてそこまでマナが好きか説得力がないように
マナとネアの子供時代だけで、肝心な青年期が描かれてないので、マナの絶望が心に響かない。

俺は鬼のように脳内補完をしてるが、世間の人はマナをどー思ってるのかなぁ。
今んとこ、面倒臭い泣き虫な美形以外、よく解かんない人だもんなぁ。

ごく普通の日常で、マナやネアがどんな人だったか知りたいです。
ずっと非日常ばかりで、目が血走ってるマナばっかで訳わかめです。
ネアは感情を押し殺して、揺れたりして、まだ解るんだけどね。
余り脳内補完をすると、勝手に美化しちゃうからイヤなんだよ(笑)

もちろん、おっさん顔のマナも好きですけど。 


コメント   この記事についてブログを書く
« 青の祓魔師 第71話「惚れ... | トップ | D.Gray-man再アニメ化 »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

D.Gray-man」カテゴリの最新記事