HAKUSANーBOYS&GIRLS

東洋大学・駅伝・アイスホッケー・チャーリーブラウン・舟木一夫・時には時事問題なども。2008年4月11日開始

全日本大学女子駅伝・関東予選会 東洋大学辛くも予選突破!

2020年09月26日 20時53分44秒 | 駅伝/陸上

10月に行われる全国大学女子駅伝(杜の都駅伝)の関東地区予選が今日行われました。
関東地区予選は例年はシード校も含めた駅伝(関東大学女子駅伝)として開催されていましたが、今年はコロナの影響で、シード校は出場せず、5000mを3組に分けて各校2人づつ走って合計タイムで競う方式(男子の全日本大学駅伝の予選と同様の方式)となりました。

関東大学学生陸上競技連盟(関東学連)がYOUTUBEでネット配信してくれましたが、3組が終了しても公式発表が遅く、中々順位が判明しませんでした。Twitterでは3位か4位だろうとのtweetが多かったです。

ちなみに男子と違い、女子は愛知・近畿・四国などの大学が強く、今年の関東の大学の出場枠は7校、内シード校(昨年8位まで)は関東では大東文化大学、城西大学、日本体育大学の3校で、この大会で4位以内に入らないと本戦に出場は出来ません。
予選には17校が参加しました。

結果は「スポーツ東洋」によりますと3位!

  https://sports-toyo.com/blog/detail/id/17650

女子5000m

1組

3着 伊東 17'04"60

4着 渡辺 17'11"41



2組

2着 田浦 16'38"24

14着 立迫 17'35"45



3組

8着 和田 16'43"42

9着 塩野 16'43"91

予選会に出場した選手は私の予想とはかなり違いましたが、和田や田浦・伊東などの主力はまあまあだと思います。

関東ではシード校が3校、今日が3位ですから、シード権を獲るには、関東の強豪校や名城大学・立命館大学・松山大学などに勝たないと、又予選会からの出場になります。

せめてシード校の常連になって欲しいものですね。
コメント   この記事についてブログを書く
« 厳しすぎる?箱根駅伝予選会... | トップ | 大相撲九月場所、正代が初優... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

駅伝/陸上」カテゴリの最新記事