HAKUSANーBOYS&GIRLS

東洋大学・駅伝・アイスホッケー・チャーリーブラウン・舟木一夫・時には時事問題なども。2008年4月11日開始

私大入試戦線たけなわ・・・

2014年01月26日 21時39分37秒 | 東洋大学一般
私立大学の志願者状況を見てました。少子化でどこも志願者を集めるのに大変です。東洋大学は昨年の志願者が前年比で6000人も増え、今年はその反動があるのではないかと密かに心配しています。《箱根駅伝 優勝効果》 なんて本当にあるのでしょうかね?

今はネットで志願したり、複数の学部を受験すると受験料を割り引いたりする大学もあると聞きます。
どこの大学とは言いませんが、締切をかなり過ぎても志願者の確定数字を出さないところもありますね。
センター試験の後には、大学独自の入試がありますので、その為なんでしょうか?

東洋大学は、昨年2回目の受験者7万人超えを達成し、受験者数も全国9位になりました。昨年は競泳の萩野公介や山口観弘、内田美希などを入学させ、競歩の西塔選手は世界選手権で6位入賞を果たしました。今年は更なる大物の陸上短距離、桐生選手も入学します。箱根駅伝優勝と合わせて、スポーツの力で受験生を集めていると揶揄されそうですが、《現代学生百人一首》 やキャンパスの都心回帰、創立125周年記念事業など大学のイメージアップにも地道に努力してると思います。

東洋大学は他大の入試が終わる三月にも入試がありますので、最終的な志願者数が確定するのはかなり遅いのですが、どのくらい増えるのか、減るのか、注目しています


大河ドラマ “軍師官兵衛”4回とも観ました。ここまで一言で言うと、『可もなく不可も無し』と言ったところですが、配役にやや疑問が残ります。まだ4回目なのでもう少し観てから、じっくり評価したいと思っています。

又受験の話に戻りますが、自分の大学受験の頃を思い出します。私が合格した事により、誰かが不合格になったと思うと、自分は大学4年間で何をして来たのだろう?卒業後の仕事や生き方などを振り返って、これで良かったのか?と自責の念にかられる事も少なくありません。(今更言ったってどうなる訳でもありませんが…。)
ジャンル:
受験
コメント (1)   この記事についてブログを書く
« 1月25日(土)のつぶやき | トップ | 1月26日(日)のつぶやき »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (はあ)
2014-01-29 08:35:05
志願者数は大激減ですよ…。

スポーツの力と言っても、「学力無視スポーツ推薦」や「金」で他大学出身の有名コーチを招いてなんで、
他人の褌で相撲をとってなんとやらのイメージが強くなってしまいます。

しかも他大学に比べるとオリンピックメダリストが異常に少ないんですよね。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

東洋大学一般」カテゴリの最新記事