映画生感想『ヘルボーイ』

2004年10月1日、仕事帰りひとりで、
ワーナーみなとみらいにて、20時15分の回を観賞しました。

仕事が長引き、到着したのが20時20分と、
かなりギリギリというか遅刻でしたが、
撮影時から公開を楽しみに待っていた作品なので、
どうしても初日に観たかったわけです。

遅刻したものの、まだ予告の最中でしたし、
一応、先着配布のポストカードも貰えました。

感想を一言で言うと、
作品の世界観や設定、キャラ描写や物語展開が、
実写とは思えないくらいアニメっぽい印象があり、
純粋にアニメを見てた頃の子供の気持ちに戻って楽しめる、
そんなワクワク、ドキドキ、そして共感できる作品でした。

アメコミの実写化とはいえ、
ここまでアニメっぽい作品は珍しい気がします。

FBIに勤務し、日々魔物退治を続けている、
冥界の申し子ヘルボーイのお話なんですけど、
主人公自身が、赤いごっついおっさんですからね、
それだけでもう、現実離れしてしまいます。

でもその赤いごっついおっさんの内面が、
中学生かってくらい子供っぽくて醜い自分に対するコンプレックス持ちで、
なんとも少年時代の自分と共感するものがあるので、
浮世離れすることなく、愛くるしい存在として感情移入できちゃいます。

脇を固めるのも個性的で、相棒は心が読める半漁人で、
ヒロインも、心奪われるほどカワイイのに念動発火の持ち主ですからね。

でいて、上司はお決まり通りヘルボーイの存在を忌み嫌いますし、
新任の人間相棒が見た目からして必要以上に生真面目というのが、
また逆に面白いわけです。

敵役もなかなか面白いです。
現実離れ度もかなりのものです。

そんなキャラクター達が動くだけでも面白く、
加えて全編に渡ってユーモアが散りばめられているのも、
この作品をニコニコ楽しく観られる大きな要因となっています。

こうして大真面目に、
コミックのキャラクターを演じ切り、撮り切れるというのは、
やはり素晴らしいです。

日本ではアメコミ映画はなかなかヒットしにくいのですが、
私は基本的に、大真面目に荒唐無稽を描いてくれる、
アメコミ映画は大好きです。

安心して子供に見せることが出来ますしね。

日本の子供が赤いごっついおっさんにカッコよさを見出すかは、
とっても微妙な気もしますが。。。

この作品は観賞後、
とても原作を読みたくなりました。

私も全身赤くなろうかしら。
コメント ( 2 ) | Trackback ( 19 )
« 3年間で得たも... ジェフvsレッ... »
 
コメント
 
 
 
TBありがとうございます (NOB)
2004-10-06 09:46:56
どうも初めまして。



確かにこの作品は他のアメコミ映画と比べるとアニメ色が強いかもしれませんね。

それは冒頭の召還シーンで感じました。



そんな個性的なキャラクターがたくさん登場する中で、クロエネンが一番気に入りました。

あのトリッキーが動きと、スタイリッシュな殺し方はカッコよすぎですw
 
 
 
こちらこそ。 (aliz)
2004-10-07 00:02:25
はじめまして。



確かにあの殺し方はカッコよかったですね。



私はリズのカワイさがたまりませんでした。

陰のある美女には弱いです。
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
ヘルボーイ (AV( AKIRA\'s VOICE ))
アメコミ原作 ナチスが企てた魔界解放作戦はアメリカにより阻止されるが, 開いた冥界から赤ちゃんと思しき赤い魔物が飛び出す。 「ヘルボーイ」と名付けられた彼は大きく育った後,政府に雇われ秘密の仕事に従事する。 長すぎるコメディのようなオープニングから, キャ
 
 
 
ヘルボーイ (ネタバレ映画館)
 ダークなアメコミ・ヒーローがまた誕生した。風体は真っ赤な鬼なのだ。ハルクとシュレックを足して緑を赤にしたら、こうなった・・・みたいなノリで。  設定も造詣も面白い。魔界サイドから誕生した、悪魔の落とし子のような存在のヘルボーイ。人間側に立って悪と戦うま
 
 
 
ヘルボーイ (30歳独身男Kazuakiの映画日記)
「眠い、眠い、眠い! 最初の1時間、睡魔に勝てず(-_-;)。最後まで世界に入り込めず、楽しめずじまい。」 先週仕事が忙しかったこともあり、今日はゆっくりしていようと、地元のシネコンで「ヘルボーイ」1本だけを観てきました。これが今年152本目の鑑賞です。 えっと、出だ
 
 
 
『ヘルボーイ』を観る。 (ちょっと寄って亭)
題名:HELLBOY 監督:ギレルモ・デル・トロ 出演:ローン・パールマン   
 
 
 
ヘルボーイ(イラスト付き♪→クロエネン) (おえかき上達への道)
ヘルボーイ ★★★☆☆ (クロエネンが★一個分頑張ってます) まずまず楽しめました。 途中不覚にも飽きてしまったので(!!)眠くなりがちでしたが・・一番好きなシーンはやはり冒頭の冥界の扉を開けるシーン。 衣装も素敵で、クロエネンの二刀流に惚れそうでした。 クロ
 
 
 
ヘルボーイ(MOVIE) (ももすけの冷静スパゲティ)
顔が赤くて、ちょんまげで、右手は石で、チョコバーと猫が好き。 そんなヘルボーイは半魚人と一緒にFBIで働いてます。 でも、ヘルボーイと半魚人の存在は秘密。 「いまさら敵がナチスかよ?」と昭和の香りを感じさせつつ、 奇妙な儀式のシーンから映画は始まります。 その
 
 
 
ヘルボーイ / HELL BOY (2004・米) (HALa9000s CINEcolumn)
★☆☆☆☆ 122分/カラー 監督・脚本:ギレルモ・デル・トロ 出演:ロン・パールマン/ジョン・ハート/セルマ・ブレア 久々でました。ゴキゲンなクソ映画。ブレイドを見て以来、アメコミの映画化は最高だと完全に勘違いして数々の駄作を見まくってきましたが、これは中
 
 
 
「ヘルボーイ」劇場にて (xina-shinのぷちシネマレビュー?)
ファボーレTOHOで「ヘルボーイ」を観てきました。「デビルマン」とどっちを観ようか迷ったんですが、Blog等でここ最近観たことが無いほどの言われようなので、かつCMですら役者の力量が見えちゃってるので結局「ヘルボーイ」にしました。 ファーストショウ11時からだっ
 
 
 
『ヘルボーイ』 地獄少年 (*モナミ*)
『ヘルボーイ』今度のアメコミヒーローは、地獄からやって来た!第2次世界大戦末期。ナチス・ドイツがオカルト作戦を実行、妖僧ラスプーチンと手を組み、地獄の門を開き邪悪な神を召喚しようとしていた。連合軍は作戦を寸前で阻止するが、異界に呑み込まれたラスプーチン...
 
 
 
「美女と野獣クトゥルー仕立て純愛風」 映画ヘルボーイ感想 (CARTOONENGINE)
いやー良かった、原作のイメージ通りの映画化です。映画監督のギレルモ・デル・トロ
 
 
 
「ヘルボーイ」 (ひらりん的映画ブログ)
ちょうどGOOのブログの背景テンプレートで「ヘルボーイ」があった。 しばらくはこのバージョンで楽しむ事にしよう。 2004年製作のアクション・アドベンチャーもの、132分。 あらすじ 第二次大戦末期、敗色濃厚なドイツ軍。 形勢逆転を狙って、妖僧ラスプーチンと
 
 
 
映画鑑賞感想文『ヘルボーイ』 (さるおの日刊ヨタばなし★スターメンバー)
さるおです。 『HELLBOY』を観たよ。 監督は『クロノス』『ブレイド2』のギレルモ・デル・トロ。 出演はヘルボーイ役に大好きなロン・パールマン。脇を固めるのはジョン・ハート、セルマ・ブレア、ルパート・エヴァンス。 アメコミの世界は素晴らしい!わかりやすくて素晴ら
 
 
 
ヘルボーイ (ぶっちゃけ…独り言?)
5.5点 (10点満点で採点してます。6点が合格ラインです。) スーパーマン以外にアメコミが原作の映画が好きになれないのですが、 やっぱりこれもダメでした。 てか、惜しいんですけどね。 先ず話が全然面白くないです。(これはアメコミ映画全般に言えるんだけど。) 何を
 
 
 
ヘルボーイ (リンリン映画倶楽部)
タイトル:HELLBOY 製作  :2004年 監督  :Guillermo Del 出演  :Ron Perlman、John Hurt、Selma Blair、Rupert Evans 自分でもどうしてかわからないがこの映画は物凄く期待して観る事にした。 結果、期待通りではなかったがそれほど落胆する事もなかった。 『バ
 
 
 
ヘルボーイ (ひつじ印。)
 
 
 
ヘルボーイ (シアフレ.blog)
リズへの片想いの恋で悩み、リズと新米FBI捜査官のマイヤーズとの関係が気になってこっそり後をついていく姿など、普段の戦う姿とのギャップに思わず笑わされます。 また、見せ場であるアクション・シーンは、プロレスのような豪快さがあり爽快です。
 
 
 
DVD「ヘルボーイ」 (☆ 163の映画の感想 ☆)
アメコミ映画は大好きなので、きっと好きだろうと思ってみた作品ですが、、、 アメコミ系なのに、話が壮大すぎてチョット疲れちゃいました。大体、アメコミ系の作品の悪者って自分の利益だけを考えた感じが多いと思うのですが、世界滅亡を企むのはチョットねぇ。。。 ...
 
 
 
ヘルボーイ 06年74本目 (猫姫じゃ)
ヘルボーイ Hellboy アメコミなのね。 90年代、マイク・ミニョーラ 原作。MARVEL でも、DC COMICS でもない、DARK HORSE Comics 。 Hellboyというのは、異次元(いわゆる地獄かな?)から来た悪魔(赤鬼?かな?)なんだケド、今回は、そ ...
 
 
 
ヘルボーイ (Feedback!映画)
魔界の使者を倒せるのは、地獄から来た“奴”しかいない! ちょんまげ 人気ブログランキング   にほんブログ村 よかったら押し...