うたわれるものらじお-第44回

・・・・・・・・・えーと。第44回放送の更新と同時に公開された写真の、あまりの破壊力に思わず呆然としてしまいました。
そんな力ちゃんと柚ちゃんの織り成す奇跡の物語。本気を出した力ちゃんは一味も二味も違うぜ、というわけで以下感想でございます。
公開録音の分は別の記事に分けますのでそちらもひとつ、よろしくどうぞ。


そういえば以前も似たようなことがあったなあ、なんて思い返すわけでして。
第34回更新時の写真も、当時はリスナーの間に衝撃というか戦慄が走ったものでした。しかし今回のインパクトは間違いなくそれ以上です。
おんぶの時は、隙を衝いて飛び乗った的な話をされていましたが、肩車っていうのは隙を衝いてできるものではありません。超人的な武術家ならあるいは可能かもしれませんが。

超人的な武術家、と書いてふと思ったことがひとつ。
この写真、もし柚ちゃんの手にフォークが握られていたら・・・・・・。


そんなデッドエンドまっしぐらっぽい話は置いといて、本編の感想に入りましょう。
まずはいつものようにアバンから。
いよいよ公開録音の模様が放送されるということで、心労が絶えないハクオロさん。思わずマイクを持ったままスピーカーの前に行っちゃったり、勢い余っていろいろと口走ったりしてしまったようですね。
編集の結果、全てが放送される訳にはいかないようですが、それでもちゃんと放送してもらわないと、リスナーが暴徒と化しかねません。
ハクオロさんの心中はお察しいたしますが、諦めて観念してくださいませ。


というわけでオープニングトークですが、冒頭からいきなり挙動がおかしい力ちゃん。どうやら柚ちゃんの熱視線が気になるようです。
柚ちゃんは、力ちゃんが日高さんからのキューを見てないなー、と思いながら見守っていたとのこと。
ちゃんと音で判断しているからと言い訳する力ちゃん。ということは、目は柚ちゃんに釘付けだったということでしょうか。
なんていうか今回は開始早々というか開始前から既に、糖度の高いらぶらぶ空間展開済みですね。

今回と次回の2回に分けて公開録音での模様を放送しますということですが、2回に分けるほどのボリュームがあるのに、ちょっとだけとはどういうことなのか。
編集によって尺が短くなっている、というだけでなく、そもそも音声のみという時点で、会場での盛り上がりの全てを伝えることはできない、という意味では確かに、ちょっとだけって言えそうな気がします。

そう考えると、合同イベントDVDの内容がますます気になってきますね。放送できない音声に剣戟音&夢想歌を重ねるのは仕方ないとしても、映像に関してはノーカットで収録していただきたいものです。
開始前後の控え室の様子なども含めて、DVD3枚組みくらいでなんとかひとつ。

イベントでの柚ちゃんがとても可愛かったと、映画『マリー・アントワネット』や『スパイダーマン』シリーズなどで活躍している女優、キルスティン・ダンストさんを引き合いにして褒めまくりな力ちゃん。くすぐったそうに照れている柚ちゃんがまた可愛いです。

そういうコメントを、イベントDVDのコメンタリーとして収録しよう、と発案する柚ちゃん。それはつまり、力ちゃんから延々褒められ続けたい、ということでしょうか。
副音声でコメンタリーというのも確かに面白そうですが、柚ちゃんが力ちゃんの台詞にメロメロになるあまり、酸欠状態になってひたすら喘いでいるだけになりそうな気も。でもまあそれはそれでいいかも?

ミニのワンピース、を強調する力ちゃんの言葉をどう解釈したのか、毎週ミニで来ますと力ちゃん悩殺を宣言する柚ちゃん。まさかとは思いますが、ミニスカートで進化したキミ固めを極めるつもりなのでしょうか。確かにいろんな意味で必殺技っぽいですが、力ちゃんよりも先に、写真をみたリスナーのほうが萌え死しそうな気もします。


さてさて、フリートークのコーナーですが、オープニングトークの話題がそのまま継続しているというか、今日もミニだとアピールする柚ちゃん。
その直後の力ちゃんの台詞に、反射的によからぬ想像をしてしまったのは、私だけではないと思いたいところ。うん、ショートパンツね、ショートパンツ。まかり間違ってもひらがなで書いちゃいけません。タイヘンなことになってしまいます。

そういえば先日配信されていたRadio ToHeart2の、第80回放送分にゲスト出演していたにいにいは、やはりショートパンツな衣装だった伊藤静さんのふとみょみょに、かなり視線が釘付けだったようですが、力ちゃんの場合はどうなのでしょう。やはり、「目のやり場に困るんだけど、やっぱり気になってつい視線が向いてしまう」っていう感じでオロオロしている光景が、まず想像されてしまうのですが。

既に収録済みとなっているらじおCD第3弾用のジャケット写真でも、柚ちゃんはショートパンツ姿でふとみょみょを披露しているそうです。どんな写真になっているのか、今から楽しみですね。柚ちゃん、沢城さん、釘宮さんの3人協撃によるキミ固めスペシャル、なんてことになっていたらいいなー、なんて思ったりもします。
ま、そんなことは柚ちゃんが許さないでしょうけど。

当日、撮影があることを忘れていて、慌てて用意した衣装がショートパンツだった、という柚ちゃん。その場しのぎ的に選んでしまったせいもあってか、ちょっぴり後悔気味な様子ですが、似合っているんだから全くもって問題なしだと思います。

新しく買った服をそのまま身に付けることなく仕舞っておける柚ちゃんの経済力も羨ましいですが、それよりも何よりも、そんな風に仕舞ってあった服を、ある日突然引っ張り出して何の支障もなく着こなせてしまう、柚ちゃんのプロポーションが羨ましいです。しかも、上着ならまだしもショートパンツでというのが益々羨ましい。いったいどんな秘訣があるんでしょうか。

何を言っても力ちゃんが優しくフォローしてくれるのが余程嬉しいのか、完全にめろめろ状態の柚ちゃん。力ちゃんは力ちゃんで、柚ちゃんを褒めることに余念が無く、もはや完全無欠なばかっぷる状態です。如何なハリウッドセレブの間にも、こんなストロベリーは流行してないでしょう。

と、ここでようやく我に返った柚ちゃん。今回は公開録音で収録した分も放送するということで、イベントでの出来事を振り返っています。思い出し笑いをしてしまうくらい、楽しい出来事が多かったようですが、どうしても行き着く先はマカビンビン。
この際、本当にスポンサーになってもらったらどうですか?

というわけで、公開録音での模様が放送されているわけですが、その内容については別の記事でまとめますのでご了承ください。


※公開録音放送中※


・・・・・・さて、公開録音の前半部分(オープニングとフリートーク)を聴き終えたところで改めて、こんなんでいいのかと、思わず素に返る力ちゃん。
力ちゃんも柚ちゃんも、何がこんなにウケているのか、さっぱり判らない様子ですが、知らぬは本人ばかりなり、と申しまして。無理に面白くしようとせず、そのままな感じで好きなように続けていってくだされば良いかと思いますですよ。

うたらじ本編の枠内で放送されるのは、あくまで公開録音として収録された部分だけで、合同イベントとしての全容はDVDをお楽しみに、ということになるそうです。
このDVDはどうやら受注生産らしく、予約注文の期間を過ぎてしまうと手に入らなくなってしまう可能性が大なので、まだ申し込んでない人は忘れずにアクアプラス通販サイトをチェックしましょうね。
某動画アップロードサイトなんかを当てにしているような連中は、まとめてディネボクシリに堕ちてしまえー
ともあれ、力ちゃんはオロオロと汗をかき、柚ちゃんはそんな力ちゃんを見つめている、そんならじおに夢中なのが私たち、ということですね。

ふたりでそれぞれに相手を持ち上げあい、そのままどこまでも空の彼方まで飛んでいけそうな力ちゃんと柚ちゃん。ですが、少しだけでいいので、地に足つけてください。でないと日高さんまでどこかへ飛んで行きかねません。

らじおCD第1弾の特別盤として収録されているラスボスあっちゃん登場の回以来、2回目となるギャラ不要宣言が飛び出した力ちゃん。そのギャラの分で箱根へ行こうという柚ちゃんの言葉に即答しているのは、いつもの反射的応答なのか本音なのかは判りませんが、少なくとも柚ちゃんが、プライベートでふたりっきりで、と思っているのは疑いようの無い本音だと思います。

公開録音パートの後半は、公開ドリグラの模様を放送することになるそうです。いろいろと奇想天外だったようですね。主にゆりしーが。
聞きどころは満載だけどらじおの放送としてはどうなんだ、とまたしても疑問がわきあがっている様子ですが、これまで本編でやっていたドリグラでも、力ちゃんはけっこうジェスチャーをしていたように思いますし、少なくともジェスチャーを多用したことについては、放送には影響しないと思います。

あとはまあ、らじおでの放送だけで全容を把握してしまったら、DVDを観る楽しみが半減してしまうじゃないですか。ということで。
そんな感じの、今回の放送分の中で3回目となるフリートークでしたとさ。


続きましては、トウカの旅行記ですね。今回は公開録音放送のため一般コーナーは無いものだと、勝手に思い込んで気を抜いていたのですが、まさかあんなことになろうとは。

さて、今回おたよりと一緒に差し入れとして贈られてきたお菓子は、すっかり定番となっている、柚を使った商品。
果たして日本全国に、柚を使った飲食物は何種類あるのでしょう。ここまでくると、むしろ日本人ってどれだけ柚が好きなんだ、という話になってきそうな気もします。
というわけで土佐のゆずせんべいのご紹介。
ま、投稿者さんの本音はおそらく、せんべいそのものよりも、せんべいのキャッチコピーにあるのでしょう。
『ゆずあれば、すべてよし』
この一言を力ちゃんに言わせたいがための投稿とみて間違いないでしょう。そして当然のっかってくる柚ちゃん。一度目も十分に良い声で読み上げた力ちゃんに対してダメ出しをする徹底ぶり。

そして、力ちゃんのウィスパーヴォイスが炸裂し、柚ちゃんは問答無用でメルトダウンしたのでありました。

って、終わりかよ!?
いやまあ、ここまで壊れた柚ちゃん相手に、これ以上のコーナー進行は無理だという判断をしたのであれば正しいと思いますが。


続いては、インフォメーション、なんですが。
えー、どうやら力ちゃんは今回、新たなプレイに目覚めたようです。
紹介している商品そのものについては、新しい情報は何もないのですが、もうとにかく、ただひたすら、力ちゃんが柚ちゃんを萌え殺しするためのコーナーと化しています。
これまで、柚ちゃんに幾度と無く良い声でと言われながら、あまりその要望には応えてこなかった力ちゃん。それだけに今回のウィスパーヴォイスは、なんていうかこう、味を占めたとしか思えません。
人肉の味を覚えた虎は積極的に人を襲うようになる、とかいう物騒な話がありますが、正にそんな感じでしょう。今後、柚ちゃんに対して立場が危うくなる度に、ウィスパーで柚ちゃん陥落を狙うような気がしてなりません。

それはそうと、柚ちゃんに対してBLみたいに、と要望する力ちゃん。仕事としてはやらないときっぱり断言していた力ちゃんですが、実はBLというジャンルそのものはむしろ好きなんじゃなかろーか。話のネタとして、ということであればいいのですが、浪川さんとの一件がつい深読みしたくなってきます。
そんなことより、ここはBuchimake-Lady ってことで柚ちゃんには頑張ってほしかったところですが、完全にBone-Lost な状態では、普通に台本を読むのもままならない様子。ていうか柚ちゃん悶えすぎ。そして私のネタは苦しすぎ。


さて、エンディングトークとなり、通常モードに戻った力ちゃん。トウカの旅行記で紹介したゆずせんべいの試食をし忘れていたということで、ここで試食タイムです。
それにしても、ダメージからほとんど回復してない柚ちゃん。精神攻撃というものは、何回か反復して受けていると徐々に耐性がつくか、逆に条件反射的に刷り込まれてしまって抵抗できなくなるかのいずれか、になりそうですが今回の柚ちゃんの場合は、やはり後者でしょうか。

柚(というか柑橘、というか果物)が苦手な柚ちゃん。それを忘れていた力ちゃんは、ゆずせんべいの半分を柚ちゃんに食べさせようとして拒否られちゃってます。
ところがその直後、柚ちゃんは力ちゃんがあ~んしてくれるなら食べるという譲歩案を提示。これもウィスパーの洗脳効果なのでしょうか。
そんな柚ちゃんの希望に応えて、あ~んしてあげる力ちゃん。最近はあ~んの頻度が高くなっているとはいえ、それでも相変わらず、聴いているこっちが恥ずかしくなってくるやりとりです。
ともあれ柚ちゃんにとっては、ゆずせんべいそのものの味や香りよりも、シチュエーションが美味しいのでしょうね。

うたらじでジェットストリームクロスオーバーイレブン(番組は終了済み、リンクはファンサイト)のような路線を目指すのは、あまりにも無理があると思いますが、うたらじはうたらじで、前代未聞の独自路線を既に歩みだしていますし、いつか「うたわれるものらじおのような番組を目指してがんばります」とか言われる日もきっとくることでしょう。くるー、きっとくるー。

といった感じの、うたらじ第44回でしたにゃあ。
今回はなんと言っても、力ちゃんのウィスパーの威力が凄まじかった回でした。柚ちゃんの、文字通り言葉にならない声も堪能できましたし。
柚ちゃんのあの笑い声はやたら可愛いのですが、文字で書き出すととてつもなくブキミなことになっちゃうので、記事の中に盛り込めないのが残念です。

ところで日高さーん、今回のインフォメのところ、映像特典か何かになりませんかー? 映像で観たいんですけどー。

◇コメントレス

to ななしさん
ちょっとしたトラブルがあって、思っていた以上に時間がかかっている状態ですが、楽しみにしてくださっているという言葉を励みに、これからも頑張ってまいりますよー

でも正直なところ、今回放送での柚ちゃんの台詞じゃありませんが、ホントに面白いのだろうかこのブログ・・・(笑)
コメント ( 1 ) | Trackback ( 0 )
« うたわれるも... うたわれるも... »
 
コメント
 
 
 
Unknown (Unknown)
2007-05-11 00:05:44
公録部分、CD2、あの衝撃の第44回と書く物が沢山ありますね。(笑)

本当大変でしょうが頑張って下さい。楽しみにしております!
 
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。