うたわれるものらじお-第35回

まずはアバンからです。
いつものようにエルルゥを探しているハクオロさん。そこへ現れたトウカに、おもむろに尋ねるのは、さあやの行方。アドリブに弱いのか、可哀想なくらいにうろたえるトウカです。
らじお収録の時間が迫っているらしいのですが、それなら一緒にと途端に嬉しそうになるトウカ。感情の変化が微笑ましいです。

と、そこへ降臨するトゥスクル国広報部長のエルンガー。ハクオロさんに迫る表情がどんなものか、手に取るように想像できます。
すっかり萎縮して退散するトウカ。如何にエヴェンクルガの武士といえども、エルルゥの鬼迫には敵わないということですね。


というわけで、オープニングトークです。
久しぶりにマジギレモードの柚ちゃん。お決まりの番組紹介を投げやりに済ませたところで、早速力ちゃんに詰め寄っています。素敵で可愛い事務所の後輩がゲストに来てくれているのに、すっかりビビってますよ柚ちゃん。

アバンのアドリブを日高さんの指示ということにして、言い逃れを試みる力ちゃん。もちろんそんな言い訳が通じるはずがありません。
力ちゃんのしどろもどろな弁解に、聞く価値無しと判断したのか、早々に刺すための武器を装着する柚ちゃん。手近なクリップを伸ばして針金状態にしているようです。武器が無ければ作れば良い、と言わんばかりの柚ちゃんです。

そしてとりあえず紹介されるも半泣き状態の華也ちゃん。まさかここまでの修羅場を目の当たりにするとは想像してなかったのではないでしょうか。ついには二人に板ばさみにされて、思わずトウカになって謙る華也ちゃんですが、それは潔いとは言わないと思います力ちゃん。

さあや発言は日高さんの指示によるものだと改めて主張する力ちゃん。真っ向から否定している柚ちゃん。とりあえず止めに入る健気な華也ちゃん。夫婦喧嘩に巻き込まれた娘という構図ができあがっています。
このやりとりをブースの外で生暖かく見ているはずの日高さんの釈明コメントを、ぜひ聴いてみたいところです。

ところで、フォークが行方不明になっているようなことを、ぽろっと洩らしていた柚ちゃんですが、その後見つかったのでしょうか。ちょっと心配ですね。


さて、力ちゃんが舞台稽古のためにお休みだった時にゲスト出演した華也ちゃん。今回は念願叶って聖上が居る時に来られたわけですね。
その第11回放送分は、力ちゃんもちゃんと聴いたそうですが、なぜか卑屈に謝りまくる華也ちゃん。現在集計中らしい名台詞投票の、上位に食い込むであろう発言を連発していた、あの女子高の修学旅行的な雰囲気のトーク内容を思い返すと、思わず謝りたくなってしまうのかもしれません。


さて、改まらずにふつおたコーナーです。が、今回はコーナーに入る前に、柚ちゃんから華也ちゃんへ、何やらお土産があるとのこと。
他の番組なら、収録の前もしくは後、個人的にやってくれと言われそうなものですが、そんな狭量なことを言わないのが、我らがうたらじ。
力ちゃんや柚ちゃん、そして今回はゲストの華也ちゃんも含めて、出演者のプライベートな喜怒哀楽も共有させてくれるのは、ファンとしてとても嬉しいことだと思います。

というわけで、柚ちゃんが取り出したのはシェ・シーマのチョコレート『銀座の石畳』。
「知ってる?」と聞かれて、「ひひーま?」と反応する華也ちゃん。可愛いにゃあ~
ていうか、シェ・シーマがどうやっておとーさんとリンクしたのか興味がありますね。たぶん意味なんて無いのでしょうけど。

生チョコ通ならおそらく知らない人は居ないと思われるシェ・シーマですが、庶民派の華也ちゃんは高級チョコには縁がなくて知らなかった模様。
普段は一箱200円くらいのチョコなのに比べて、銀座の石畳は12粒で1050円。値段がすべてというわけではありませんが、華也ちゃんが驚くのも無理は無い、というか感激に打ち震えている華也ちゃん。ハクオロさん仮面をつけた力ちゃんに対する柚ちゃんと、同じような反応にも聞こえます。
これだけ喜んでくれると、プレゼントのし甲斐もあるでしょうね。

せっかくなので食べてみましょう、ということでスタッフさんが用意したフォークとお皿。あ、と何かに気付いた華也ちゃん。一瞬遅れて、フォークが来たと手を叩いて大はしゃぎの柚ちゃん。なんていうか、それでこそです。

先輩に取り分けてもらって、恐縮しまくりの華也ちゃん。飲みの席の二次会とかならまだしも、仮にも仕事の現場である収録スタジオで、ここまでしてくれる先輩はそうそう居ないと思います。基本的に縦社会のようですし。
柚ちゃんの上下を気にしない気質がよく現れているのではないでしょうか。

そんな感じで、チョコレートを堪能し始めるみなさん。柚ちゃんは力ちゃんに、ひさしぶりのあ~ん攻撃をしています。いえ、これは攻撃ではなく、普通にあ~んしてますね。
特に嫌がる様子もなく、素直に口をあける力ちゃん。スタッフさんに見られるのは恥ずかしいからと、紙で口元を隠しているようですが、華也ちゃんからはバッチリ見えているらしく、良いものを見たと大喜びしています
そしてリスナーは元々見えていない分、妄想の中でバッチリ見えています。

なんだよ見せ付けやがってよー。もっとやればいいじゃないさー。

といったところで、ようやく本来のふつおたコーナーに戻りそうな気配。いつものことながら、とことん自由な番組です。

さて最初のおたよりは、やはり来たかの第33回ドリグラネタ。誰か思い浮かべていた女性が居るのでは? という追究メールですね。
にゃにゃにゃ、と自主規制している力ちゃん。メールの中での問いかけに、ノータイムで否定しているあたりが逆に怪しいと勘ぐりたくなってしまう人も居そうですね。例えば柚ちゃんとか。

柚ちゃんの言及に、地雷であったことを認める力ちゃん。ついでに、今年最後の地雷にしたいと抱負を述べてます。きっと無理です。
それよりも何よりも、華也ちゃんの反応がいちいち可愛くて仕方がありません。すごいやー。

それにしても、地雷を踏むのは止めようと言っておきながら、結局日高さんに責任転嫁しようとする力ちゃん。
往生際が悪いですよ?

続いてのメールは、いろいろと妄想膨らむ内容ですね。確かにキャストのみなさんがそれぞれのキャラのコスプレをしている映像は、見てみたいものがあります。
ていうか。華也ちゃんの反応がいちいち過剰なくらい激しいのはどういうことでしょう。夏か冬のお台場に参戦した経験があったりしそうな勢いすら感じます。某流浪人のコスプレとかで。

とりあえず話題になっているのは、にいにいのブログにて公開済みの、エルルゥの耳をつけた柚ちゃんの写真。
同様にトウカの羽耳も製作してくれるといいですね。そのときにはぜひ華也ちゃんに試着をしていただきたいものです。

あっちゃん扮するカルラはどう? という柚ちゃんのネタ振り対し、力ちゃんよりも食いつきのいい華也ちゃん。やっぱりなんていうか、同じにおいを感じます。
他にも、羽をつけたさあやを想像して萌えまくっている華也ちゃん。俳優座での演目にうたわれるものが採用されれば、実現するかもしれません。その時はもちろん華也ちゃんも、トウカに扮して出演していただかなくては。

アニメ関連グッズで、まず思い浮かぶのが魔女っ子シリーズのステッキというのもどうかと思いますが、そういう系統のグッズをうたわれるもので作ろうと思ったら、ハクオロさんの鉄扇くらいしか該当しないような気がします。
一部で話題騒然だったヲイデゲ扇子も、トウカに扇子にまつわるエピソードがあるわけではないので、アニメグッズと呼ぶには方向性は少し違うような気が。

まあ、それはともかくとして、昨年はコミケ初体験だった力ちゃん。そのコミケで初めて販売されたヲイデゲ扇子を貰ったものの会場に忘れてきてしまったそうで、それを聞いてひたすら落胆する華也ちゃんが不憫でなりません。ハクオロさんとトウカの関係が、そのまま力ちゃんと華也ちゃんの関係になっていそうな印象ですね。
まあ、よくよく聞いていると、狼狽しまくりの力ちゃんの反応を面白がっているみたいですが。

狼狽のあまり、華也ちゃんのひざ掛け代わりにジャケットを貸していると、全く脈絡の無い話題転換をする力ちゃん。ところが、地雷を避けた先には更に大きな地雷があったらしく、完璧に四面楚歌状態に陥る力ちゃん。必死に弁解をしていますが、まったく聞く耳を持たずにチョコを食べ始める柚ちゃんと華也ちゃん。挙句の果てには言い訳が長いと一刀両断。
自業自得とはいえ、力ちゃんも不憫です。

なんとかヲイデゲ扇子の話題に区切りをつけ、ついでにコーナーも打ち切ろうとする力ちゃんですが、お台場に置いていかれた報復とばかりに、ジャケットの話題を蒸し返す華也ちゃん。ぐっじょぶです。
つまるところ、力ちゃんが若かりし頃に映画館でデートをした時にも、ジャケットを相手の女性に貸してあげていたという、甘酸っぱいエピソードがあったようです。
華也ちゃんにジャケットを貸してあげる際に、そんな体験談を語ってしまった訳ですね、力ちゃんは。それじゃあ肴にされても文句は言えませんですよ。

ジャケットに限らず、男物の大きな服を女の子がだぼっと着ている姿が、どうやら力ちゃんの萌えポイントのようです。TシャツとかYシャツとか。王道ですね。
ハクオロ仮面や箱根Tシャツ発売決定の折に、柚ちゃんが力ちゃんの家で着ると息巻いていたことがありましたが、そんな二人の進展具合を華也ちゃんに指摘され、ついハクオロさん化する力ちゃんです。

そんなこんなで、20分近くかけて紹介したおたよりはたったの2通という、それでいいのかふつおたコーナー。
でも、本気でヘタレる力ちゃんも、いいものです。


さて、続いてはトウカの旅行記。音泉版ではひさしぶりな気がします。
トウカ本人によるタイトルコールというのも、なんとなくスペシャルな感じがします。
以前ゲスト出演した時には、金箔オムライスを応援していた華也ちゃん。あいつタマゴ食えないからって金食ってんだぜー、と言われて一念発起したのかどうかは定かではありませんが、卵も少しは食べられるようになってきたそうで。今度みなさんで親子丼でもいかがですか?

華也ちゃん向けかなと柚ちゃんが選んだ内容は、ニュース番組でも取り上げられることのある、通称裸祭り。
柚ちゃんが華也ちゃんにどんなイメージを持っているのか、なんとなく垣間見えた瞬間です。
そんな柚ちゃんの期待に反して、実は漢臭いのがNGな華也ちゃん。すらりと引き締まった男性がお好みなのだそうです。ついでに、口癖が「おろ」とかだと尚良かったりしそうです。

とりあえず、勇壮果敢な祭りの参加者が揃いも揃って華奢な男性ばっかりだと、いくらなんでも絵にならなくてニュースの取材も途絶えそうなので、それは勘弁してあげてください。

ちなみに、柚ちゃんは逞しい男性が良いそうです。具体的には力ちゃんくらい。
なんでも力ちゃんは、彫刻のように均整の取れた逞しい身体をしているそうで。
去年の舞台にあわせて減量していた力ちゃんですが、それはつまり贅肉が落ちてより彫刻のような無駄の無い身体になった、ということではないでしょうか。

なんとなくですが、柚ちゃんはミケランジェロのダビデ像を連想しているのではないか、などと思ってみたり。赤ビキニも似合いそうですし。

次は力ちゃんがメールを紹介です。柑橘の柚と柚ちゃんは別格なので気にしなーい。

さて、横浜の赤レンガ倉庫にちなんだ、煉瓦パン(@Le Bon Painさん)の紹介ですね。
正直、本物のレンガと間違えるには特殊な才能が必要だと思いますが、それはさておき、かなり人気のあるパンのようですね。

柚ちゃんは横浜に住んでいたことがあるらしく、赤レンガ倉庫の界隈はよく遊びに行っていたそうです。
そんな柚ちゃんが、誰と遊びに行っていたのかが気になる力ちゃん。おやおや力ちゃん、もしかしてやきもちですか?

というわけで、当然のように煉瓦パンを買いに行く口実でデート企画が立案されました。カメラマンに華也ちゃん、レフ板持ちでにいにいも同行だそうで、それはどこのグルメ番組撮影ですか? ぜひ静止画ではなく動画で撮影して欲しいところです。

そして唐突に始まる、華也ちゃん褒めまくりトーク。プライベートでもみんなに愛され可愛がられているのがよく伝わってきます。
今までにゲストで出演したキャスト陣の中では、華也ちゃんがいちばん、ファンに近い思考や価値観の持ち主のような気がします。そんな華也ちゃんの素直な意見は、力ちゃんや柚ちゃんにとっても参考になることが多いのかもしれませんね。


さて、お次はふりートークのコーナーです。
全体を通してフリーダムまっしぐらなうたらじにおいて、ある意味もっともトークの内容が安定しているコーナーと言えそうな気もします。

なにやら柚ちゃんがちょっぴり上の空だったようですが、力ちゃんに見惚れていた、ということで万事解決できます。
そしてここでも、二人の関係の変化が気になる華也ちゃん。力ちゃん曰く、ギスギスしていた関係を改善したい、ということはより一層親密になりたいということでしょうか。いっそ一心同体になってしまえばいいのに。まずは手始めに戸籍からぜひ。

まあ、そんなギスギス状態も、それはそれでリスナーは概ね面白がっていた訳ですが、スパイスと一緒でいつも同じだと楽しめなくなるので、基本的にらぶらぶしていただきたいところですね。
それから、明るく楽しくはいいとして、健全っていうのはかなりハードルが高いと思います。

といったところで、今回のメインイベントは、華也ちゃんのはぴばすでです。
やたら良い声で歌う力ちゃん。ネオロマで鍛え上げた歌唱力を存分に発揮しています。
あたしの時は桃屋のツユだったくせに、とか柚ちゃんがキレなくて一安心しました。割と本気で。

3月2日、ラジオ関西さんでの第35回放送日が、ちょうど華也ちゃんの誕生日ということですが、ぴったしカンカンって言われても、華也ちゃんには判らないと思います。ぴったんこカンカンなら判るかもしれませんがそれはさておき。
華也ちゃんといえばチョコ、ということでチョコレートケーキが登場しました。バレンタインデーの時よりもカカオ分の多い状況になっています。

更に柚ちゃんと力ちゃんからのプレゼントが用意されているということで、ハクオロさんばりにオロオロしている華也ちゃん。
ディズニーの美女と野獣が大好きということで、グッズショップを何件か巡っていろいろ探したそうです。

力ちゃんと柚ちゃんが。二人で。(←ここ重要)

更には高級ブランドチョコレートもプレゼントに添えて、ますます高まるカカオ分率。ごぉおでぃばぁあ。

ともあれ、後輩への誕生日プレゼントすら利用する柚ちゃんのバイタリティに乾杯。
そして、そんな柚ちゃんを素直に祝福できる華也ちゃんに幸あれ。

実際、毎日欠かさずチョコを食べているという華也ちゃんに、ちゃんと栄養のあるものも、という力ちゃんですが、チョコレートの栄養価は登山家をはじめとする冒険家や宇宙飛行士にも重宝されているくらい高いものですから大丈夫だと思います。夏バテ時の栄養補給に活用というのは、聞いたことありませんでしたが。

ていうか、おなかが空いたら、の件でリアルタイムバランス栄養食が出てくるとは思いませんでした。もちろんチョコ味なのはお約束。

さてさて、ケーキを切り分けながらも飛び交うのは、力ちゃんに関するぶっちゃけトーク。他のラジオ(特に女性が居る番組)では良い声を披露しているのがずるいと仰ってますが、逆に言えばここまで素と本音を曝け出している力ちゃんを見聞きできるのはうたらじだけ、ということで。

他の女なんて言い方をするもんじゃない、と柚ちゃんを嗜める力ちゃん。
アイドルなんですから、と言ってますが残念ながら、うるおいちゃんを引合にしている時点で説得力は皆無だと思います。ぶちまけてるなんてレベルじゃありませんから。

ともあれ、これだけのお祝いをされたのは久しぶりだということで、嬉しすぎて成仏しちゃいそうな華也ちゃん。これから益々活躍していただかないといけないので、成仏されては困ります。例え幽霊になってでも声優を続けてください。
・・・幽霊になったらチョコ食べられませんが。(そういう問題?)


さて、それではインフォメーションです。
イマジカイメージワークスさんには、いつもお世話になっている、というのは判りますが、なんでそんなお手紙が紛れ込んでいるのか。しかも、どうしてそれを気付かずに読んじゃうのか。
力ちゃんが原稿をちゃんとチェックしているかどうかを試す、日高さんの仕掛けた罠なんですね? と日高さんのせいにしてみます。でもどう考えても力ちゃんのうっかり・・・・・・

トウカも大活躍のドラマCD第3弾。シリアス寄りだったTVアニメでも魅力的でしたが、ギャグテイスト満載なシナリオこそトウカの真骨頂だと思っているファンは多いと思います。

ところで、スナイパーにプレッシャーをかけると出番が増える、というのは本当なのでしょうか。有り得ないとは言い切れないのがまた何とも。
柚ちゃんも乗り気でスナイパーにプレッシャーをかける気のようですが、柚ちゃんのプレッシャーのかけ方は半端じゃないような気がしますし、既に絶大な存在感と影響力を持っていらっしゃいますので、たまには他の方に花を持たせてあげても良いのではないでしょーか。なんて。

缶詰状態で多忙な日々を送っているスナイパーこと菅氏。一時期3月発売と言われていたドラマCD第4弾のシナリオも難航しているのか、5月に延期になっているようですね。
どうしたスナイパー。がんばれスナイパー。ドラマCDどころかOVAのシナリオも書いてくれスナイパー。もちろんゲストにも来てくれスナイパー。

あ、いや、ほんと。頑張ってください。

華也ちゃんとしては、何より真・うたわれるもののテーマの振り付けが気になっている様子。1番までしか踊れないと仰ってますが、そもそも踊れるの日本全国探しても華也ちゃんだけだと思います。にいにいは振り付けをするだけしておいて、自分では踊らなさそうですし。

いつかはライブでということですが、うたわれるものトークショーでも開催して、その幕間に(会場のファンも含めた全員で)合唱するというのはどうでしょう。
なんとなくですが、らじおの公開録音よりは実現しやすそうな気がします。
あるいは、うたわれるもの演劇版のカーテンコールで歌うのも良さそうですね。


といったところで、エンディングトークです。
半視聴者的な立場で楽しんでいたという華也ちゃん。力ちゃんと柚ちゃんの関係の変化が気になったり、そろそろ結婚式の余興について、なんて発言も出るあたり、普通にリスナーとしてうたらじを楽しんでいる感じがしますね。
そして、華也ちゃんから出た結婚式発言を、スルーはしても否定はしない力ちゃん。期待は膨らむばかりです。

柚ちゃんの一言に一瞬真っ白になりつつも、進行を続ける力ちゃん。最初の頃から比べると、あちこちの番組にゲストで出演した甲斐があったのか、パーソナリティとして成長しているようにも思います。
ぐだぐだに迷走しているところも、もちろん良いんですけどね。

そして、以前ゲスト出演したときは、何も無いって言うなーっ と言われていた華也ちゃん。今回は出演しているアニメのDVDが5月に出るということで。
ハイテンションでちょっと普通じゃないキャラを演じてるそうですが、華也ちゃんが普通かどうかは・・・こればかりは力ちゃんに同意したいと思います。

コーナーのおさらい中、ドリグラの時に何やらダメ出しがあったことを暴露する力ちゃん。おそらく相談するなってことだと思うのですが、なぜかいちゃいちゃすればいいじゃない的な流れに。
流石は視聴者代表の華也殿。よく判っているでござるな。

そしてここで重大発表です。
ラジオ関西さんでの放送をリアルタイムで聴いていたリスナー達を震撼させまくった、うたらじ放送終了宣言。
ちなみにここでも、華也ちゃんのリスナー代表っぷりが現れています。

あっという間に各所に波紋が広がっていたようですが、放送終了するのはあくまでもラジオ関西のみ。
音泉さんでの配信は、今まで通りに続けていくそうなので、早合点をしないようにしましょう。

これまで数々の伝説を打ち立ててきたうたらじですが、これまで以上に金字塔を乱立すべく、ぜひとも二世代らじおを実現して欲しいところです。
そして赤ちゃんの名前をリスナーから公募してみるとかどうでしょう。たぶん最大得票はダントツで「さあや」かと。うわぁい。

あっちゃんとさあやと柚ちゃんと、本命は誰なんだろうとつぶやく華也ちゃんに、あえてクーヤと答えるあたり、多少は冷静さを保っている力ちゃん。まさにAll or Nothing を突き進んでいます。

まあ、色々言っていても、柚ちゃんに「ほんとにいいの?」と言われたときの力ちゃんの反応を聴くと、やっぱり大本命は柚ちゃんなんだと思うわけですよ。


というわけで、明るく楽しく激しく、そして健全で、かつギスギスな第35回でございました。並べるとますます意味不明になりますね。
華也ちゃんは本当にリスナー代表というか、心情を代弁してくれている発言が多かったように思います。
3人の仲の良さを存分に堪能できたのも面白かったですね。


P.S
文字数制限にひっかかったので、内容の一部を添削いたしました。
ていうか2割オーバーって一体・・・・・・なんでこんなに長くなってるんだろう。

読みづらくてすみませんです。



◇コメントレス

to ほたさま
残念ながらラジオ関西版は聞けないので、私としてはあまりインパクトが無かったです。日曜には各所でネタバレってたし・・・
ただ、華也ちゃんの狼狽っぷりが、その時の(ラジオ関西版リスナーの)心情をすべて物語っているんだな、というのはよく判りましたね。

to ムニ枕さま
華也ちゃん可愛いですよねー。
こんな娘が親戚とかに居たらと、良からぬ妄想をしてしまいそうです(マテ

誤爆TBについてはお気になさらず。これからはんぎゃく日記を聴くところですので(ぇ

to estherさま
おお、新生活でしょうか。
環境が変わると疲労の度合いが数割り増しになりますよね。体調には留意してくださいませ。
ゲストさんが来ている回は、それぞれの回毎に違った面白さがあるのが良いですよね。
コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )
« うたわれるも... うたらじ好き... »
 
コメント
 
 
 
華也ちゃん、可愛いですね (ムニ枕)
2007-03-07 00:01:08

お久しぶりです。


今週のゲストの華也ちゃんは可愛いですね。
アニメの中のトウカそのままの可愛さです!

>日高さん
日高さんがゲスト?に参加して頂けたら面白いですね。
後から編集が大変ですが・・・

>なんだよ見せ付けやがってよー
確かに!甘かったですね。


・・・お手数をお掛けしますが、
誤って送ったTBを削除して頂けませんでしょうか。
 
 
 
今週から (esther)
2007-03-10 13:32:37
 新しい職場での仕事がはじまり心身共に疲れ果てたestherですこんにちは

 …個人的なことはともかく、今週は冒頭の柚木さんのドスの効いた声からはじまり、相変わらずのキャスト同士の仲の良さがわかる内容でした。

 二人の時も面白いのですが、ゲストがいらっしゃった時のクロストーク炸裂によるテンションの高さは格別ですね。

 まだまだ長く続いてほしいものですねえ。
 
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。