狭間に揺れて

どうか英雄とならぬように。英雄の志を起さぬように力のないわたしをお守りくださいまし。‪‬‬‬‪‬(芥川龍之介)

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

東京駅に歴代「銀の鈴」並ぶ 待ち合わせ見守り50年(朝日新聞 2018年5月28日)

2018-05-28 | 虚しきもの(時事・国内)
JR東京駅の待ち合わせ場所として知られる「銀の鈴広場」(地下1階改札内)で28日、鈴の誕生から50年に合わせ、歴代の鈴を集めた展示が始まった。





鈴は現在4代目。初代は1968年6月10日生まれ。東海道新幹線の開通で駅の利用者が増加し、待ち合わせに困る人が増えたことから駅員の提案で設置された。人を呼び込みたいという願いを込めて神社の大きな鈴をイメージした。翌年には、鋳銅製(直径70センチメートル)の2代目となり、85年に3代目に代わった。駅の改良工事で地下1階へ移転した後、アルミ合金製の4代目が2007年、設置された。

初代の鈴は破損が著しく、当時の写真などを手がかりに復元されたものが公開された。駅員らが業務の合間を縫って、竹と和紙の骨組みに銀紙を貼った。

東京都立川市の中井晴信さん(69)は「40年前からここを待ち合わせに使っている。今でも迷った時にはここに来る」と笑顔で話していた。

展示は6月17日まで。







ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 支持率横ばい、反転険しく 自... | トップ | 【アメリカ】介助犬が空港で... »

虚しきもの(時事・国内)」カテゴリの最新記事