狭間に揺れて

どうか英雄とならぬように。英雄の志を起さぬように力のないわたしをお守りくださいまし。‪‬‬‬‪‬(芥川龍之介)

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

【アメリカ】介助犬が空港で産気づく 8頭無事出産(BBC 2018年5月30日)

2018-05-30 | 虚しきもの(時事・海外)


アメリカ南部フロリダ州のタンパ国際空港で今月、介助犬が急に産気づくというハプニングがあった。飼い主たちは飛行機に搭乗する直前だった。

2歳のラブラドール・レトリバー、エレノア・リグビー(エリー)はタンパ消防本部の救急隊員に助けられ、8頭の赤ちゃんを無事出産した。

飼い主の女性と娘は、エリーが妊娠していたとは分かっていたものの、出産間近だとは気付いていなかったという。

エリーとオスのナゲットの間に生まれた8頭は、7頭がオスで、1頭がメス。

空港の広報担当者が地元テレビ局フォックス13に語ったところによると、飼い主たちは搭乗予定だったペンシルベニア州フィラデルフィア行きの便には乗り遅れた。

空港の利用客たちが見守るなか、エリーは救急隊員のラリー・グラントンさんとナタリー・ブラウンさんに介助され、無事出産した。

タンパ消防本部は、「無事終了!」とのコメントと共にエリーと生まれたばかり赤ちゃんの様子をツイッターに投稿した。

エリーが無事出産を終えると、ワンワンという鳴き声と一緒に拍手が沸き起こった。

地元紙マイアミ・ヘラルドによると、全部で10頭になった犬たちと飼い主たちは、1600キロ離れたフィラデルフィアへ自動車で向かった。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 東京駅に歴代「銀の鈴」並ぶ ... | トップ | 「立憲的改憲論」静かな胎動 ... »

虚しきもの(時事・海外)」カテゴリの最新記事