狭間に揺れて

どうか英雄とならぬように。英雄の志を起さぬように力のないわたしをお守りくださいまし。‪‬‬‬‪‬(芥川龍之介)

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

RADWIMPSの新曲「HINOMARU」が波紋 「日出づる国の御名のもとに」(ハフポスト日本版 2018年6月8日)

2018-06-08 | 虚しきもの(時事・思想)
人気ロックバンド「RADWIMPS」が6月6日にリリースした新曲「HINOMARU」の歌詞が波紋を広げている。「この身体に流れゆくは 気高き御国の御霊」「さぁいざ行かん 日出づる国の御名のもとに」といったナショナリズムを高揚させるような言葉が散りばめられているからだ。 話題が広がっているのは6月6日に発売された、RADWIMPSのニューシングル「カタルシスト」に収録されている新曲「HINOMAR . . . 本文を読む

首相「私や妻が関係していたら議員辞める」のあと記録廃棄(NHK 2018年6月4日)

2018-06-04 | 虚しきもの(時事・国内)
森友学園をめぐる決裁文書の改ざん問題で、財務省が公表した調査報告書には、去年2月17日に安倍総理大臣が国会で「私や妻が関係していたら総理大臣も国会議員も辞める」と答弁したあと、政治家の問い合わせに関する記録の廃棄が進められていったことが記されています。 昭恵氏の名前入った書類あるか確認 それによりますと、安倍総理大臣の答弁のあと、理財局の総務課長が国有財産審理室長や近畿財務局の管財部長に対 . . . 本文を読む

「立憲的改憲論」静かな胎動 権力を厳しく制約・拡大解釈に歯止め(朝日新聞 2018年6月4日)

2018-06-04 | 虚しきもの(時事・思想)
安倍晋三首相の改憲提案が相次ぐ政権不祥事で一時の勢いを失い、国会の憲法論議は停滞している。ところが、野党内で静かに動くもう一つの「改憲論」がある。あえて憲法を改正することで、権力をより厳しく縛ろうとする「立憲的改憲論」だ。実現する可能性はあるのだろうか。 立憲内で検討 「私は立憲的改憲論(の立場)であり、我々は護憲(政党)ではない」。立憲民主党の枝野幸男代表はt月3日の憲法記念日に東京 . . . 本文を読む

【アメリカ】介助犬が空港で産気づく 8頭無事出産(BBC 2018年5月30日)

2018-05-30 | 虚しきもの(時事・海外)
アメリカ南部フロリダ州のタンパ国際空港で今月、介助犬が急に産気づくというハプニングがあった。飼い主たちは飛行機に搭乗する直前だった。 2歳のラブラドール・レトリバー、エレノア・リグビー(エリー)はタンパ消防本部の救急隊員に助けられ、8頭の赤ちゃんを無事出産した。 飼い主の女性と娘は、エリーが妊娠していたとは分かっていたものの、出産間近だとは気付いていなかったという。 エリーとオスのナゲッ . . . 本文を読む

東京駅に歴代「銀の鈴」並ぶ 待ち合わせ見守り50年(朝日新聞 2018年5月28日)

2018-05-28 | 虚しきもの(時事・国内)
JR東京駅の待ち合わせ場所として知られる「銀の鈴広場」(地下1階改札内)で28日、鈴の誕生から50年に合わせ、歴代の鈴を集めた展示が始まった。 鈴は現在4代目。初代は1968年6月10日生まれ。東海道新幹線の開通で駅の利用者が増加し、待ち合わせに困る人が増えたことから駅員の提案で設置された。人を呼び込みたいという願いを込めて神社の大きな鈴をイメージした。翌年には、鋳銅製(直径70センチメ . . . 本文を読む

支持率横ばい、反転険しく 自民支持層鈍い回復(毎日新聞 2018年5月28日)

2018-05-28 | 虚しきもの(時事・国内)
毎日新聞が26、27両日に実施した全国世論調査で、安倍内閣の支持率は31%、不支持率は48%だった。いずれも4月の前回調査からほぼ横ばい。報道各社の5月の調査の中には支持率が上昇に転じたものもあり、与党関係者は「下げ止まった」と胸をなで下ろす。ただ、詳細に分析すると、不支持が支持を上回る現状はなかなか変わりそうにない。 毎日新聞の調査では、自民支持層の内閣支持率は77%と前回の66%から11ポイ . . . 本文を読む

少し考える、それが難しい(朝日新聞 2018年6月1日)

2018-05-27 | 虚しきもの(時事・思想)
「なぜ私なのか。まるでカフカの小説の主人公のようだ」。 20年前のフランス・ボルドー重罪裁判所。被告席にいた87歳の男がはき出した言葉が強く印象に残った。 傑作「審判」で、理由もなく逮捕され裁判にかけられ処刑される主人公ヨーゼフ・Kに自らの運命を重ねたのだ。しかし、老人には裁かれる理由があった。罪名は「人道に対する罪」。 禁錮10年の判決を受けたのはモーリス・パポンという元エリート官僚だ。出 . . . 本文を読む

首相と理事長の面会否定 加計「誤った情報与えた」(日本経済新聞 2018年5月26日)

2018-05-26 | 虚しきもの(時事・国内)
学校法人「加計学園」は26日、愛媛県今治市の獣医学部新設を巡り、安倍晋三首相が2015年2月に学園の加計孝太郎理事長と面会し、計画の説明を受けたとの記載がある県の新文書について「当時の担当者が実際にはなかった総理と理事長の面会を引き合いに出し、県と市に誤った情報を与えてしまった」とするコメントを発表した。 首相は面会した事実はなく、加計氏から説明も受けていないと主張。28日に開かれる衆参予算委員 . . . 本文を読む

森友交渉記録、答弁に合わせ廃棄 理財局職員指示(毎日新聞 2018年5月23日)

2018-05-23 | 虚しきもの(時事・国内)
財務省は23日、学校法人「森友学園」への国有地売却を巡る問題で、学園側との交渉記録と改ざん前の決裁文書を国会に提出した。交渉記録を巡っては、国有地売却が国会で問題となった昨年2月以降、当時理財局長だった佐川宣寿前国税庁長官が、記録は「廃棄した」と繰り返し答弁。財務省はその後も交渉記録の存在を認めていなかった。財務省は同日、この答弁とつじつまを合わせるために改ざんだけでなく、理財局の一部職員の指示で . . . 本文を読む

最初期のバイオリン、人の声に似せて製作 研究(AFP 2018年5月23日)

2018-05-23 | 虚しきもの(時事・科学)
バイオリンの音色をめぐっては、それが人の声に似るよう作られたのではとする見方が、専門家らの間では長きにわたり共有されてきた。21日に発表された研究論文は、16~18世紀イタリアの弦楽器職人らが実際にそれを行っていたであろうことを実験で明らかにしたとしている。 国立台湾大学(National Taiwan University)によるバイオリンの音色についての研究では、プロの奏者に年代物の弦楽器1 . . . 本文を読む

【フランス】1774年産の黄ワイン3本、競売へ 「世界最古」(AFP 2018年5月23日)

2018-05-23 | 虚しきもの(時事・海外)
フランスでルイ16世(Louis XVI)の時代に収穫されたブドウを使った1774年産の黄ワイン(ヴァン・ジョーヌ)3本が26日、競売に掛けられる。特産地の東部ジュラ(Jura)県で代々保管されてきたもので、競売会社は「購入できるワインとしては世界最古」と説明している。 3本はワイン醸造業者のアナトワール・ヴェルセル(Anatoile Vercel)が生産したもので、1瓶の容量は87 . . . 本文を読む

私大「志願者数」競争待った 実数との開き、5倍以上も(朝日新聞 2018年5月22日)

2018-05-22 | 虚しきもの(時事・国内)
入試の志願者を「延べ人数」だけでなく、「実数」として公表する私立大学が増えている。2018年度入試では延べ志願者の上位10大学(大学通信調べ)が全て、実数も公表した。これまで各大学は延べ志願者数を元に「過去最高」などとアピールしてきたが、1回の試験で複数の学部や学科を併願できる入試が増えたこともあり、「実態を反映していない」と批判が出ていた。 18年度の一般入試で延べ志願者数が最も多かった1 . . . 本文を読む

枢機卿に前田氏 日本人で6人目(毎日新聞 2018年5月21日)

2018-05-21 | 虚しきもの(時事・思想)
フランシスコ・ローマ法王は20日、前田万葉大司教(69)を枢機卿に任命すると発表した。日本人が枢機卿に就任するのは2007年に死去した浜尾文郎氏以来、6人目となる。6月29日に枢機卿会議が開かれ、就任する。 枢機卿はローマ・カトリック教会で法王に次ぐ高位聖職者で、教会行政の中央最高機関であるローマ法王庁(バチカン)の要職などを占める法王の最高顧問。法王選挙(コンクラーベ)の投票権を持つ80歳 . . . 本文を読む

【バチカン】教皇パウロ6世とオスカル・ロメロ大司教、列聖へ(バチカン放送局 2018年5月19日)

2018-05-19 | 虚しきもの(時事・思想)
福者教皇パウロ6世が、福者オスカル・ロメロ大司教と共に、今年10月に列聖されることが明らかになった。 5月19日、教皇フランシスコの召集のもとバチカンで開かれた枢機卿会議で、パウロ6世と、オスカル・ロメロ大司教を含む、福者6名の列聖が決定した。 教皇は席上で、これらの福者の列聖式が、今年10月14日(日)にバチカンでとり行われることを発表された。 このたび列聖が認められた福者は以下の . . . 本文を読む

忖度なかったと言い切ることはできない 加計問題で安倍首相(ロイター 2018年5月14日)

2018-05-14 | 虚しきもの(時事・国内)
安倍晋三首相は14日午後行われた参院予算委員会の集中審議で、加計疑惑などを巡り、官僚側から首相に対する忖度があったのではとの指摘に対して「忖度があったかどうか、忖度される側には分かりにくい面もある」と述べた。「忖度がなかったと言い切ることはできない」としつつ、「ごまをするための忖度は求めていない」などと説明した。塚田一郎委員(自民)への答弁。 大塚耕平委員(国民)への答弁では、友人である加計学園 . . . 本文を読む