ALGOの塾長日記~愚公移山~

-学習塾方丈記-

学習指導の由なしごとを
    徒然に綴ります。


広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

これだけは!②         『作図』する意義①

2006年09月26日 | 中学受験 これだけは!
「図を描きましょう」……中学受験算数で必ず聞く言葉です。貴方も、貴方も、貴方も、合格者の保護者の方で、この言葉を使わず中学受験を乗り切ったという方は、一人もいらっしゃらないでしょう。 しかし、子どもたちが改まって「ナンデ図、描かなアカンノー?」と尋ねた時、何人の方が明確にお答えいただけるでしょう。……ナカナカですよね。 ①「分かり易いでしょ」、②「内容を理解できるからよ」……なるほど、うまく答えて . . . 本文を読む

合格力随想⑩       京大への道

2006年09月21日 | 中学受験 合格力随想
データ三昧の記事の日々ですが、ついでなのでトコトンUPします。 ▼▼▼2006年東大・京大合格者▼▼▼ ※東大は近畿地区の国私立のベスト16校(5名以上合格者) ※京大は近畿地区の国私立のベスト17校(21名以上合格者) ※全合格者数/現役合格者数 として表示 《東大合格者数》   《京大合格者数》 灘_____79/57...洛南___ 101/71 東大寺___35/27...西大和___ . . . 本文を読む

行雲流水録⑥       君原のマラソン

2006年09月18日 | 中学受験 行雲流水録
なぜ、彼らは勉強しないのか… 「なぜ、勉強しないの?」「どうして宿題ができない?」と聞くと、子どもたちは決まって「忙しい」、「しんどい」といったり、「忘れていた」などと答えます。 しかし、子どもたち一人ひとりが自宅学習や宿題ができないほど本当に多忙であったり、疲れていることは少なく、完全に忘れていることも稀です。 では「なぜ彼らはできないのか?」、「やろうとしないのか?」、そのことを考える時気付か . . . 本文を読む

合格力随想⑨       センター試験の重さ

2006年09月15日 | 中学受験 合格力随想
前回、データだらけの記事でしたが、今回もその続きで中学受験をお勧めする理由の一つ『国公立受験に強い』ことを示す数字をご呈示します。 ▼=中高一貫校(・・教育大附属を含む)、▽=公立高校を示しています。ご覧いただければ判るように、高得点ゾーンに▼が多く見受けられます。 現代の国公立受験が医学部でさえ、センター試験の得点をベースにした推薦入試があることからもわかるように、センター試験偏重の感がある入試 . . . 本文を読む

合格力随想⑧        地頭は地頭!?

2006年09月09日 | 中学受験 合格力随想
洛南高校・同附属中の塾対象説明会に行ってきました。昨日の京産大附属とうって、かわってよく言えば落ち着いた雰囲気の、裏を返せばとりつく島のない説明会でした。 ただ、一点気になったのは、校長先生が開会の挨拶が終了するとすぐに退出されたこと。今回が塾対象の説明会は2回目ですし、ホントはこんな説明会をすること自体お嫌いなのでは、と勘ぐってしまいました。 さて、その実力を今年の入試データで探ってみると… . . . 本文を読む

合格力随想⑦       『凡ミス』に思う

2006年09月02日 | 中学受験 合格力随想
夏期講習も終わりました。仕上げテストをやりました。 「ケアレスミスが残念!」、「凡ミスが…」こんな声がそこかしこで飛び交います。 しかし、そんな声を聞きながらいつも疑問に思うのです。 「ケアレスミスって何だ?」、「凡ミスってどういうこと?」 本来、『ケアレスミス』、『凡ミス』とは他者がその得点内容を見て、判断することであり、自分自身で言うことではないのでは…。 自分自身は如何なる間違いも間違いと謙 . . . 本文を読む