大久保宙:いろいろ / カホン・ジャンベ・フレームドラム・ドラムス 打楽器だー

パーカッション奏者(打楽器)大久保宙BLOG
問い合わせhttp://miburi.org/mail.htm

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

リズム感は何歳までに作られる?

2009年11月09日 | 仕事宙
私自身リズム感は何歳まででもある程度なものはできると思います。
ただ本物を育てたいのであればできるだけ若いウチに経験させるのが良いと思います。

現在子供教育、自閉症の人たちへなど依頼があり、スケジュールが合えばできるだけ仕事を受けさせてもらっています。今回は子供教育についてですが、リズム感というわけではないのですが、楽器を触って脳がもっとも活発に動くのは0-3歳、そして
2ndクールとして3-5歳だと思っています。
(さて私の親はどうやって5歳までを育てたんだろう、今度きいてみよ)

この時期は音楽家を目指すというわけでなく脳の発達に太鼓はとても良い影響を与えます。私個人としては小さいときからピアノを弾かせ間違えの音をただして、正確な音を弾かせるというスタイルは反対で5歳までは感じたまま好きなようにたたかせてあげるのが一番良いと思います。指導者はできるだけ多くのパターンを教えてあげ、楽しみながら遊んであげるのが一番だと思います。(しかって抑制させるのは一番よくありません)

アメリカの大学で勉強していた時期がなつかしいです。

5歳までのお子様をもっている方は どんどん脳を活発に活動させてあげてください。

現在私のところに習いに来ている生徒で一番若いのは4歳、本当は2歳くらいからの生徒も来てほしいのですが・・・いまのところ日本では2歳児に音楽のお金をかけるという親はなかなかいないですねー(目に見えて成果がでないですからねー)

ちなみに一番上は72歳です(ただ聞けてない人もいるので公表している人の中ではです)

まー何が言いたいかというと 太鼓は年齢関係なくみんなで楽しみましょう。あれ?

大久保宙
コメント   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« マリンバ・レッスン | トップ | 東京タワー リベンジさせます »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

仕事宙」カテゴリの最新記事