ぐーたらハハのあれこれ

【ワーキングマザー4年生】ぐーたらであるにもかかわらず子育て、仕事、そして趣味に励もうとしている無謀なハハのあれこれ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

弁論

2008年07月01日 | 日常
更新もないのに、見てくれている方いるようで申し訳ないです。

見てくれている方に、見て欲しいなと思う記事があるので、更新!!

現在行なわれている「民間委託裁判」で、父母による「弁論」が行なわれました。
その内容を読んで、こんなにも稚拙な委託ってあるんだろうか?と思います。

第11回弁論報告を是非お読みください。


昨年の事ですが、私も行政の計画性の無さには愕然としました。

委託開始の日程だけが決定していて、その他のスケジュール及び内容(委託の条件など)は何も決まってないというか、案さえないのです。
しなければいけない日が目前に迫ると、慌てて説明会が開催され、報告だけされます。
報告だけで納得できる明確な説明も無く、「決定事項なのでご理解ください」とだけ言われる。
何をどう理解しろと言うのか、さっぱりわからない内容ばかりで、理由のわかる説明もない。
ただひたすら、「ご理解ください」だけなのです。
「これが精一杯です。これ以上はできないのです。」と。
決まってない事は、「今後、話し合い「協議会」などで、意見を取り入れます」と言い、しかし、また直前になって「決まりましたので、ご理解ください」と言われるのですね。

「この日にこれをしなければいけない」というのが、あるのならば、その日を追ってスケジュールを立てて進めるのは当然、極当たり前のことであり、また、そのスケジュールに無理があるならば、「この日」の設定がおかしいということになるのに、そうした観念がスポッと抜けているとしか思えない。

お役所仕事とは、正にこういうことを言うのかア~~という感じでしたが、その影響は子どもへといくわけですから、もっともっとキチンと考えて欲しいです。

ちょっと考えれば無理なスケジュールである事は、もちろん、役所の人もわかっていたことなんですよね。
(4月から引継ぎが開始される予定だった2園とも委託開始が1年延期になりました。
簡単に「延期」になったわけではなく、父母の壮絶な頑張りがありました。)
年末・年始・そして年明けは、毎週末どこかで説明会を開催しており、しかし内容を練る時間や父母と話し合う時間など無く、役所の人たちは対応だけに追われていました。
コメント (4)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする