ぐーたらハハのあれこれ

【ワーキングマザー4年生】ぐーたらであるにもかかわらず子育て、仕事、そして趣味に励もうとしている無謀なハハのあれこれ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

保育をきちんと考えない国

2007年12月07日 | 保育園の事
区では行革プランと行って、何でも民間委託を進めようとしている。
もっとも民間委託すべきは区役所本体じゃないかと思うけど・・・。

特に子どもに関する部署の人たちは、子どもの事を考えているわけでもなく、専門家でもないんだから、子どもが大きくなって仕事をしたい主婦やリタイアした人などが働く場所としては打ってつけだろうと思う。
(その方がよっぽど経費削減になるはず)


それはさて置き、民間委託の中でも特に進めようとしているのが、保育園で、昨日、今後進める12園が発表された。


当該園として既に活動していた保護者としては、実際に自分の園がとなると、委託に対して異議を唱える事の難しさ、異議どころか健全な委託化を進めることの難しさを痛感していて、一つの園ではどうにもならないもどかしさもあり、12園+既に発表されている4園を合わせ16園になることで、何かしらの大きな力となればと淡い期待を抱いたりする。

が、恐らく何事も起こらずただ委託が進むだけなのだろう。

なぜなら、委託をされる事を入園する前に知らずに入園し、引継ぎから委託開始までをかぶらないといけない園児の保護者でさえ、ほとんどが無関心なのだから(委託の大きな問題は、一晩で保育士が入れ替わり、その後運営が軌道にのるまで時間がかかり、その間子ども達が不安定な心理状況になることだと思う。)、引継ぎも委託開始も子どもがかぶることもない保護者や、委託されることを承知で入った保護者には関係ない話になるだろう。


区は、この委託に対して、待機児童の解消、保護者の保育ニーズに対応するためと言っているが、16園の発表と共に待機児童解消方法も、また新たな保育ニーズの対応方法も公表していない。
(そんなものないのだから、発表もなにも無いだろうなあ)

行革プランとして、官から民へは社会の大きな流れであるからと説明している。

そんな説明で、保育と言う大事なことを簡単に変えていいのだろうか。

私が当該園として活動した中でも、周囲の委託に関する考えが大きな壁となっていると感じた。

なぜ私立じゃだめなの?

もちろん、すべての私立がダメなわけではないだろう。
そして、私立に通わせている保護者に取ってみれば自分の園をダメといわれた様で嫌な気分になるに違いない。

このように言われるなら、私は言いたい。

なぜ公立じゃだめなの?


今回、委託を受けてくれる事業者探しをしてみて、ここならと思える園は少なかった。
ここならと思う園は既に、数年先の委託請負の計画がある。

それを見ても、16園もどうやって委託事業者を探そうと思っているのか不思議でならない。
この12月にプロポーザル募集をする予定だった2園に対しても、6月に発表して「12月募集に応募しよう」と思う事業者の数が見込めないのはちょっと考えればわかることだ。
恐らく、既に委託が始まっている園の募集の時に申し込んだ株式会社などを宛てにしているに違いなく、それらの株式会社などは、選定の時「よくない批評」を受けている園なのだ。
そんな園に気軽に保育を受け渡そうとしている。
また、16園もの数を数年で委託するということは、株式会社などに売り渡すのと一緒だと考えても良いのではないかと思う。

今ある我が園も見て欲しい。
どの人が見ても「こんな園があればいいねえ」「こんな園はそうはないよ」と言う。
「贅沢だ」とまで言われた事もある。

確かに贅沢だと思う。
りーが無認可からこの園に移ったときは、そのありがたさに涙がこぼれた。
無認可の先生たちだって一生懸命育ててくれたから、それをダメだと言いたくない。

それでも、今の園では掃除のためと言って檻に入れられることもなく、熱があって公園に連れて行かれることもなく、テレビを見させられることも無く、おしっこ臭い部屋でもなく、おまるが部屋におかれることもなく・・・・・。


保育ってこうあって欲しいと思う園がそこにあった。

委託されれば、そう言う園になってしまうと言っているわけではない。

が、こうあってほしいと思う園をなぜわざわざ壊さないといけないのか、私には理解できない。


保園は一部の世帯が受けられる特別な行政サービス。

と言う認識。

子どもは母親が育てるもの。

と言う認識。

子どもは環境にすぐなれる。

と言う認識。


がある限り、どんどん保育は悪くなっていくだろう。

親自体が保育はサービスと思っているのだら、それも仕方ない。


社会の流れだからと言って、安易に官から民へ受け渡し行く・・・。
そうすればそうするほど、保育の事を考えない仕組みが出来上がっていく。

国が保育を放棄する。
そんな国で少子化が改善されるとは到底思えない。

何でも合理的に、サービスとしてやっていった方が、今の時代にあっていくのだろうか。


虐待が増え、ニートが増え、家族殺しが増え・・・・。


自分の家族だけでも幸せに過したい。
そう思うようになってしまう。

なんだか、悲しい。


どっぷり考えないといけなのではなく、もっとあっさりと浅く気軽に保育や行政や政治を考えられればいいのにと。
生活の一部として、考えられればいいのにと・・・・。

無関心と関心の間が広すぎる。
コメント (2)   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 大掃除でなくて、小掃除 | トップ | 冷蔵庫のカビ »
最新の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ikari)
2007-12-18 00:57:27
なんどか読ませていただいておりますが、さてと・・
「調整力がない」とあなたが言っている方をよく存じていますが、少なくても「彼」は正々堂々と、園の園児がどうやったら、混乱に巻き込まれないですむか?を考えて、一人で矢面に立ちやってくれているのではないですか?あなたは直接、面と向かって自分の「声」を言って事がありますか?「悪者になりたくない」と「理解」のある人を装っていないでしょうか?
ここまで、人を非難する権利があなたにはあるのでしょうか?少なくても、「どんな非難を受けようとも、それも承知で一人で走り回ってくれている人」に対して、大変失礼なことだと思います。
「園の関係者が誰も見てない」と安心感から、「自分が誰であるか、わかるはずがない」という卑怯な心から、好き勝手書いているようですが、当事者じゃない
私が読んでも、「おかしい」のは、こうやって「陰口」しか言えないあなたの方だと思います。

あなたは、彼ほど動けますか?
彼のように、どんな非難を受けるかもしれないけど
時間と身を削って、あるときは悪者になるのも覚悟でみんなの前で本音で話ができますか?
恐らくできないでしょうね?
知っていますか?あなたのブログは、あるリンク先から、こうやってこれるんですよ。
そうです、これを読んでいる人はあなたが思っているよりたくさんいて、あなたがどこの保育園の誰であるかもお名前もわかりますよ。
卑怯な手で人を非難し、自分だけが正しいと訴えるような文章は、虫唾が走りますよ。
どんな非難を受けているのも覚悟でがんばってくれている人に対して大変失礼で、自分の恥をさらしていることを知ってくださいね。
あなた風に書くのなら「気づいてない、行っても無駄」な 人はなのでしょうけど。
卑怯者は誰でしょうね?
そうですか (ぐーたん)
2007-12-18 09:00:11
来るべき時が来たと言う感じでしょうか。
そうですよね、ここがわからないはずはないでしょう。
残念ですが、それも仕方ないと思います。

あなたが書いていることが、それがいいのかどうかは分かりません。
そのように解釈する人もいるでしょう。

もしそうなら、それも仕方ないです。
私は言っても無駄な人であるということですね。

そうだと思います。
何を言ってもいい訳ですね。

うーむ、どうしたいいのか・・・・。
私もわかりません。

彼に声を上げたことは何度がありましたが、返事をもらえないことがほとんどでした。

ありがとうございます。
私のことを教えてくださいまして。

虫唾が走る文を残しているのもどうかと思います。
ただ、このブログを消してしまうと、このコメントも読んでもらえないと思うので、しばらくは、置いておきますね。

大変申しわけありませんでした。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

保育園の事」カテゴリの最新記事