アルコール・カフェイン業界と芸能人の広告戦略とアルコール・カフェイン中毒について

アルコール・カフェイン以外のニュースも適当に載せます

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

〈沖縄〉米軍が基地外での飲酒を全面禁止 2012/12/1

2012-12-20 | 日記
【米兵・関連】
〈神奈川〉米兵レイプ犯を逮捕させない日本政府 泥酔した米兵が日本女性を殴ってレイプ 2012/7/21
http://blog.goo.ne.jp/alcoholismgoo/e/b7ee4a9746fcb59df6916c107ddf8a43

〈沖縄〉米兵が集団強姦・・・酒を飲んでいた、犯行後も奪った金で酒を買った 2012/10/16
http://blog.goo.ne.jp/alcoholismgoo/e/5a1d2b63061063b54544b60b5ddd194f

〈青森〉米兵の車、民家の塀に衝突炎上 外出禁止の深夜 2012/12/1
http://blog.goo.ne.jp/alcoholismgoo/e/1b915e1be1f8df8016f9bd2856fb7bc4

〈沖縄〉酒気帯び運転で米兵を逮捕 2012/11/30
http://blog.goo.ne.jp/alcoholismgoo/e/0a83292ab4f3748e39518a285b01cce5

〈神奈川〉米兵、漫画喫茶を全裸で歩く 酒に酔った状態 夜間外出禁止令に違反か 2012/11/23
http://blog.goo.ne.jp/alcoholismgoo/e/15d7bcd9e1c7a6d00654fd284069ac87

〈沖縄〉米海兵隊員を酒気帯び運転で現行犯逮捕 昨晩にウィスキーや焼酎を飲んだ 2012/11/23
http://blog.goo.ne.jp/alcoholismgoo/e/56ddec765c365f0440cd458acd018d08

〈沖縄〉酒に酔った米兵 居酒屋で暴れた後、民家に侵入し、男子中学生を殴る 2012/11/2
http://blog.goo.ne.jp/alcoholismgoo/e/b62ad4c724eb59ee337f930d1f567d23

〈長崎〉米兵死亡 酒に酔って感電死・・・沖縄の飲酒レイプ事件で夜間外出禁止令が出ている最中 2012/10/28
http://blog.goo.ne.jp/alcoholismgoo/e/f06bf3cdb00b62e07b8177a9ab7e752c

〈沖縄〉アメリカ海兵隊員が強制わいせつ 酒を飲んだと供述するもアルコールは検出されず 2012/8/18
http://blog.goo.ne.jp/alcoholismgoo/e/6ce9554175115bb778718a5a51cd3a07

〈沖縄〉米海兵隊中尉 住居侵入で逮捕 酒を飲んでいた 2012/11/18
http://blog.goo.ne.jp/alcoholismgoo/e/a3eedf5cc28a2550d06856a007a9f9ac

〈沖縄〉アメリカ海兵隊員を器物損壊で逮捕 酒に酔っていた 2012/8/19
http://blog.goo.ne.jp/alcoholismgoo/e/06a5590e898e2ae09e60ce8a6a3910ce

〈韓国〉米兵が性的暴行 酒に酔って・・・昨年も米軍兵士が10代の少女に性的暴行 2012/10/16
http://blog.goo.ne.jp/alcoholismgoo/e/6d961d0d49a0ae76c863fe41eb4a79db

【米軍属・関連】
〈沖縄〉米軍属の男を逮捕 上半身裸で歩きナイフ所持 酒に酔っていた 2012/11/17
http://blog.goo.ne.jp/alcoholismgoo/e/452d0360bccdb8cdb584f5999d8834ca
〈青森〉米軍属の男を逮捕 酒に酔い通行人殴った疑い 2012/11/6
http://blog.goo.ne.jp/alcoholismgoo/e/9157483826e0d84b089cb0ba7ee7d47e




沖縄のアメリカ軍のトップで在日アメリカ海兵隊の司令官も兼ねるケネス・グラック中将(2012年12月3日)
  
 


2012年12月1日から…
沖縄の陸、海、空軍のすべての兵士→基地の外で酒を飲むことも買うことも禁止
日本国内の海兵隊のすべての兵士→基地の外で酒を飲むことも買うことも禁止
基地の中での酒の販売は、午後10時から翌日の午前8時までは禁止


2012年11月26日から…
在日アメリカ海軍司令部と第7艦隊に所属する国内のすべての兵士→午後10時から翌朝の午前8時までの間、飲酒を禁止






米海兵隊 国内全兵士基地外の飲酒禁止

2012年12月3日 17時5分

沖縄県内でアメリカ軍兵士による事件が相次いだことを受けて、基地の外での飲酒を禁止するなどとした新たな措置について、アメリカ軍は、海兵隊については、
沖縄だけでなく国内のすべての兵士を対象にしたことを明らかにしました。

沖縄県内では、ことし10月、アメリカ海軍の兵士2人が女性に乱暴したなどとして逮捕されたあとも、アメリカ軍兵士による事件が相次いでいます。

このためアメリカ軍は1日、これまでの夜間の外出禁止に加えて、沖縄に駐留する陸、海、空軍、それに海兵隊のすべての兵士に対して新たな措置を取りました。

新たな措置は、基地の外では酒を飲むことも買い求めることも禁止するほか、基地から外に出る場合は、車でも徒歩でもアルコール検査を義務づけることにしています。

また、基地の中での酒の販売は、午後10時から翌日の午前8時までは禁止するとしています。

この新しい措置について、沖縄のアメリカ軍のトップで在日アメリカ海兵隊の司令官も兼ねるケネス・グラック中将は3日、海兵隊については、
沖縄だけでなく国内のすべての兵士を対象にしたことを明らかにしました。

グラック司令官は、「隊員の責任ある行動や地域社会との良好な関係を維持するための措置だ」としています。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20121203/k10013920781000.html





沖縄 米軍が基地外での飲酒を全面禁止

2012年12月2日 13時20分

アメリカ軍兵士による事件が相次いでいることを受け、沖縄のアメリカ軍が夜間の外出禁止に加え、すべての兵士に対し基地の外での飲酒を全面的に
禁止するなどの新たな措置を取っていることが分かりました。

沖縄県でことし10月、アメリカ海軍の兵士2人が女性に乱暴したなどとして逮捕されたあと、在日アメリカ軍は国内の兵士を対象に午後11時から午前5時までの
夜間の外出禁止などの指示を出しましたが、沖縄県内ではその後も兵士による事件が相次いでいます。

このため、沖縄のアメリカ軍は1日、フェイスブックなどのインターネットのサイトを通じて新たな指示を出しました。

それによりますと、沖縄に駐留する陸、海、空軍、それに海兵隊の全ての兵士に対し、基地の外の飲食店などでの飲酒を一切禁止し、基地から外に出る場合は
アルコール検査を義務づけるとしています。

さらに、基地の中でも酒の販売を毎日午後10時までに限るとしています。

今回の指示について、沖縄のアメリカ海兵隊の報道部はNHKの取材に対し「兵士による事件をなくし、沖縄の人々とよい関係を保つための措置の一環であり、
今後、追加の措置も検討している」とコメントしています。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20121202/t10013898481000.html





“夜間禁酒”米兵の姿少なく

2012年11月28日 4時6分

在日アメリカ海軍と第7艦隊に所属する国内のすべての兵士に対して、夜間の飲酒の禁止命令が出されたことを受けて、アメリカ海軍佐世保基地のある
長崎県佐世保市の繁華街では、27日夜、兵士の姿はほとんど見られませんでした。

在日アメリカ軍の兵士による事件が相次いでいることを受けて、在日アメリカ海軍と第7艦隊は、26日、在日アメリカ海軍司令部と第7艦隊に所属する
国内のすべての兵士に対して、午後10時から翌朝の午前8時までの間、飲酒を禁止する命令を出しました。

アメリカ海軍佐世保基地のある長崎県佐世保市の繁華街では、ふだんはアメリカ軍の兵士でにぎわいますが、27日夜は、飲酒が禁止される午後10時になる
前でも兵士たちの姿はほとんど見られませんでした。

飲食店に数人いた兵士たちも、飲酒禁止の時間が近づくと、タクシーに乗り込み、繁華街を後にしました。

兵士がよく訪れる飲食店では、客足が激減するという不安の声も聞かれ、飲食店の男性経営者は「日本人にもっと来てもらえるように、方針を変えなければならない」
と話していました。






在日米海軍 夜間の禁酒を命令

2012年11月27日 13時34分

在日アメリカ軍の兵士による事件が相次いでいることを受けて、在日アメリカ海軍と第7艦隊に所属するすべての兵士に対して、26日から夜間の飲酒の禁止命令が出されていることが分かりました。

沖縄県でアメリカ海軍の兵士2人が女性に乱暴したとして逮捕されたあと、在日アメリカ軍では、日本に駐留する兵士に午後11時から午前5時までの外出を禁止しています。

しかし、今月23日に、アメリカ海軍の兵士が酒に酔って横浜市内の漫画喫茶店の中を全裸で歩き回ったなどとして公然わいせつの疑いで逮捕されるなど、
その後もアメリカ軍兵士による事件が相次いでいます。
このため、在日アメリカ海軍と第7艦隊は、午後10時から午前8時までの間、飲酒を禁止する命令を26日に出しました。

この命令は、神奈川県横須賀市にある在日アメリカ海軍司令部と、第7艦隊に所属するすべての兵士が対象で、休日も適用されるということです。

在日アメリカ海軍司令部は「事件が再び起きることがないように必要な措置を取った」とコメントしています。

一方、神奈川県の「キャンプ座間」にある在日アメリカ陸軍司令部によりますと、陸軍は飲酒を禁止する措置は取っていないということです。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20121127/k10013779931000.html







2012年10月26日16時23分
米兵の夜間外出禁止は数週間 日米合同委で米側示す

在日米軍に関する日米合同委員会が25日に外務省で開かれ、米側は米兵による集団強姦(ごうかん)致傷事件を受けて実施している夜間外出禁止の期間を数週間とする考えを示した。

その間に、軍人の研修など従来の再発防止策を見直すとしている。

在日米軍は19日に、国内の全軍人に午後11時~翌午前5時の外出禁止を命令したが、期限は示さなかった。

米軍基地が集中する沖縄では、命令がなし崩しに解除されて事件が再発することへの懸念が強い。

25日の合同委員会では、日本側が「実効性ある綱紀粛正と再発防止策を」とし、今回の事件を機にこれまでの取り組みの見直し徹底を求めた。

これに対し米側は、軍人の研修や勤務時間外の行動指針など制度の改善を進め、結果を発表したうえで外出禁止を解除する方針を明らかにした。

野田佳彦首相は外務、防衛両省に「この種の問題を根絶するよう米側と十分協議を」と指示。

これを踏まえ、日本側は合同委員会で再発防止策の追加項目を提案した。

ただ、沖縄で要望が根強い夜間外出禁止の恒久化や、日米地位協定の改定は含まれなかった。
http://www.asahi.com/politics/update/1026/TKY201210250740.html





社説[夜間外出禁止令]政府の姿勢は弱すぎる

2012年10月21日 09時31分

2人の米兵による女性暴行事件を受け、在日米軍は日本に滞在する全ての軍人を対象に夜間外出禁止令を発令した。

時間は午後11時から午前5時まで。

対象者は陸海空軍と海兵隊の約4万人。

違反者は統一軍法に基づき処罰する。

併せて、軍人・軍属への再研修、勤務時間外の行動指針の見直しにも触れた。

在日米軍トップのアンジェレラ司令官が会見し、ルース駐日米大使も立ち会った。

「迅速な対応」や「全米兵対象の異例の措置」とする本土側の評価とは違って、沖縄の反応は冷めている。

この種の再発防止策が長期的に有効に機能してきたとはいえず、実効性の乏しい約束であることを肌で感じているからだ。

県民に大きな衝撃を与えた、1995年の暴行事件の後、米軍は再発防止を約束し、日本の文化や習慣について集中討議するなど規律教育を徹底したはずだった。

2008年に中学生が暴行された事件では、沖縄に駐留する軍人と軍属の外出を禁止する措置が講じられた。

だが、その後も米兵による事件は続いた。禁止令を破って、フェンスを乗り越え、酒を飲み…。

いくらトップが神妙な面持ちで綱紀粛正を説いたところで、空疎な演説にしか聞こえない。

半年ほどのローテーションで次々と入れ替わる海兵隊の若い兵士たちに、きちんとした教育がなされるのか、疑問である。

   ■     ■

今回、米側の対応が早かった背景には、新型輸送機オスプレイをめぐる県民の反発など、日米同盟を揺るがしかねない事態への危機感がある。

日本側にいたっては「最悪のタイミング」(官邸筋)で事件が起こったとし、反基地運動の高まりを心配している。

被害に遭った女性のことより、日米関係への影響を懸念する政府とは何だろう。

米兵による事件・事故が発生するたびに、政治は問題を沈静化することに力を注いできた。

しかし沈静化で問題は解決しない。

被害者の苦しみは終わることがないからだ。

事件を受けて、過去に危険な目に遭ったことのある50代の女性は「狭い場所にいられない。大きな声が怖い。カウンセリングの電話番号を
持たないと外出できない」と明かした。

ようやく気持ちの整理がついたのは、事件から30年以上たってからだという。

   ■     ■

軍隊が持つ占領意識や暴力性は構造的なもので基地と性暴力は深く結びついている。

にもかかわらず、政府は米兵の性暴力を個人的な問題として押しやり、なぜ事件が繰り返されるのかの原因に目を向けようとしない。

米兵犯罪が沖縄に集中しているのに、基地を受け入れている日本側の対策はあまりに傍観者的だ。

今回の事件でも、野田佳彦首相や森本敏防衛相の言葉から、自国民の安全や尊厳を守ろうとの決意や気迫が伝わらない。

政府はもっと強い姿勢で再発防止策を要求し、その実効性に目を光らせるべきだ。
http://article.okinawatimes.co.jp/article/2012-10-21_40451










米兵 米軍 米兵士 兵士 海兵隊 犯罪 事件 強姦 レイプ 米海兵隊 国内 全兵士 基地 外 飲酒 禁止 酒 アルコール ケネス・グラック ケネス グラック
在日アメリカ海兵隊 在日 アメリカ 海兵隊 性 暴力 夜間 外出 禁止 令 夜 外出 禁止令 アメリカ アメリカ兵 

コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 『BIGBANG』V.Iの「... | トップ | 愛知 女子大生モデル殺害 ... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
許せないニュース (W・S)
2013-04-01 14:16:46
テキサス州の米軍基地の司令官が沖縄の人々を侮辱するとんでもない暴言

http://yabaiyiyiyi.blog25.fc2.com/blog-entry-576.html
Unknown (Unknown)
2019-06-27 07:56:13
https://blog.goo.ne.jp/alcoholismgoo/m/765233http://sakuranbo620.cocolog-nifty.com/blog/2012/11/post-e28a.html

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事