美保の厨房日記

アルバトロスの日常に起こる小さな変化

おはよう

2010-01-31 09:14:01 | 仕事
強烈に眠いけど。
今、店で昼の準備をしています。

いつもながら、パンが何もないので
真っ先にこねて、只今発酵しています。

こんなとき。
家と店が一緒になっていれば、
どんなに楽かと思うことがあります。

仕事の能率を考えると一緒がいいんだろうと思うけど。

でも。
やっぱり、仕事と自分の時間は、出来れば分けたいなと思うのです。
そうでもなければ。
私の場合、仕事だけで構成してしまいそうなのでね。

さてと。
準備に戻ろう。

コメント (2)

もったいない?

2010-01-30 14:34:28 | 仕事
ちょっと煮込んでしまうには、もったいないかなって思ってしまう肉でした。

が、今は。
香味野菜と煮込まれております。

夜には、牛バラ肉のボリートとして変化しているでしょう。

パセリとニンニクのペースト、
サルサ・ヴェルデと一緒に食べると美味しいんだ。

さっぱりしているのに、ペーストのおかげで風味豊かになって
食欲をそそります。
体も温まるしね。

あ、久しぶりにテールも煮込んでいますよ。

コメント

今日のデザート

2010-01-30 00:07:42 | 仕事
定番デザートの盛り合わせ。

時々。
自分のコースを、座って順番通りに食べてみたいと思う。
お客様になってみたいなと、思う。

どんな気持ちでお客様は、食べているのかなって、
アルバトロスで食事をするというのは、
どんなんだろうか。。と思うときがある。

ま、無理だわね。


ぶれちゃって見にくいけど。
フォアグラのリゾットの途中です。
焼いたときに出る、フォアグラのおいしい脂を
仕上げのバター代わりに入れております。

旨いったらないわよ。
コメント

ゆっくり

2010-01-28 09:18:51 | 日常
今日は、定休日です。

いつもなら、朝方までなんかしているんだけど。

昨日は、すっごく眠たくて。

なんと、0時頃には寝たんじゃないかな。

しかも、朝起きたの6時半。。。

ありえない。。

でも、こんな時間に起きてもなって、もう一回寝た。

で、今起きた。

また、休みは雨。

本当は、今日、先生と東京に遊びにいこうと思っていたのだけど。

財布が寂しいのでやめた。

とはいえ、来週行く事にしていますけど。

ま、今日はおとなしくしています。

でも。

先日、税務署に行って、なんと言うか拍車がかかったので

1年丸投げしていた手続きをしに、

役所へ行こう。

よし、行こう。

。。。。どうも、苦手なんだな、役所。

コメント

アマトリーチェ

2010-01-27 14:40:11 | 日常
今日のまかないはアマトリーチェでした、
今までこんな美味しいトマトソース食べた事なかったです。
トマトの酸味に中に
トマト本来の深い甘みがあり、とっても絶品です。
皆様も是非食べに来てね 
とても幸せです。

BYゆみ
コメント

レモネード

2010-01-27 12:30:26 | 仕事
入荷しております。

恒例のレモネード&ブラッドオレンジ

ちょっとだけ、フレッシュすぎて酸味が強いですが
でも、相変わらず甘くて美味しいです。

ビタミンC補給に、ぜひどうぞ。

今の時期、私はヒラメをよく使うのですが
正直に言って、
鮮度のよいヒラメ。。だけでは、美味しいとあまり思わず。
お刺身なんて、食感だけで、あんまり美味しいと感じません。

ただ、昆布締めして翌日、好みとしては翌々日待ちますと。
とても美味しくなります。

品があって昆布の旨味ものり、
ヒラメの繊細な味が引き立ちます。

ほんのひと手間。
美味しくする。。
それが、料理です。
コメント

オッソブーコライス

2010-01-27 00:25:40 | 食事
要先生リクエストの、オッソブーコライス。

むか~しのアルバトロスをご存知の方は、知っているだろう一品です。

皆さんご存知のオッソブーコにひと手間加えて。

白いご飯にカレーのようにかけた逸品。

むか~し。
アルバトロスイーストで、スピードランチメニューという
お客様からオーダーが入って、10分だったか5分だったか。。
ま、短時間でお出しできるというメニューコーナーがあり
そのうちの一品でした。

マスターは。
商売できない人のように言われておりますが。。
私は、ちゃんと出来た人だと思っています。
ずっと昔から、私は尊敬していますから。

お昼休みの1時間で。
有意義な時間を過ごせるように、
早く出す、お手頃。。。もちろん、美味しい。と
ちゃんと、世の中を見ていた人だと思うのです。

ただ、私が思うに。
何もかも、早い人でした。
エスプレッソも、ティラミスもパンナコッタも、、
世間で知られるようになる、10年以上もまえから、
ずっと、しつこくやってますから。

。。。
すみませんねぇ。
どうしても、私とアルバトロスを話すときは出てきますけど。
仕方がございません。
彼の仕事の上に、私が居ますから。。

さて。
このオッソブーコライス。

ここへ載せておいて。
申し訳ないのですが。
お出しする事は、もうないだろう代物です。

ただ、美味しいんだ。。
久々に食べて、感動したんだ。
無駄のない、完璧主義を求めるマスターらしいなぁって。
再現できる、伝授した自分も少し誇らしい。。

私が、おばあちゃんになって。
イタリアレストランを食堂にでもしたら、
まず載せる料理だろうな。。と思うのでした。
コメント

ドルチェ

2010-01-26 19:44:55 | 仕事
今まで、完全なおまかせフルコースのみでしたし。

しっかりと満足する料理をお出しした後。

軽い口当たりのよい、いわゆるデザートをお出ししていた訳ですが。

ランチに、

前菜とパスタ、コーヒーというシンプルな構成の

パスタランチなるものをはじめたので。

ほんの少し、気まぐれに変わるデザートメニューを用意しています。
(追加の小料理も定番でありますけど。。)
ディナーのハーフセットも同様に。。


しかし。
このデザートメニュー。。。結構悩みます。

なにせ、私のドルチェは、お菓子屋さんのお菓子じゃないから。

ケーキじゃない訳です。

しかも、コースでは、お客様が料理を食べ終わる時間を逆算して

温かいタルトタタンやフォンダン、アイスグラタン、
湿気てしまうパイを直前に。。などを作る訳です。

それに、しっかりしたコースならば、

小さいドルチェをさっぱり、こってり。。。冷たい、温かい。。と
バランスを考えてお出ししているのです。

これを一切適用できないわけで。。

オーダーがあれば、すぐに提供しなければならないのです。。

悲しいかな、切ってお出しするまで作っておかなければいけません。

作り立てが美味しいものは、、、要は時間が経って美味しさが薄れていくものは

私の性格上、提供したくないのです。。。絶対に。


ま。
だいぶ私も、仕事の意欲が向上しているから。
色々、試行錯誤してやっていきます。。

でもね。
昔は、教室以外ではなかなか作っていなかった、
タルトも時々登場していますよ。

写真は、チョコレートのタルト。

コメント

快調

2010-01-26 11:44:18 | 仕事
すこぶる快調生活です。

ただ、夜。

すごく眠れるようになってしまって。

お風呂からあがって、
最近ようやくお肌のお手入れを少しはじめて。

ぬりぬりして、ベットで一服した後。

もうすぐに寝ています。

今まで寝ていなかった時間を
体が要求しているかのように。
ぐっすりです。

でも、おかげで気持ちがよいです。

では。
コメント

今日は長いよ

2010-01-25 01:46:16 | Weblog
今日はちょっと重いかもしれません。

でも。
私にとって、節目の日です。
今日はだけは、許してください。

それに、ここに書いておけば。
改めて、面と向かって、しんみりするような
シチュエーションにならなくて済みますので。

もうね。
私もそんなのは、心底疲れました。
もう、嫌です。
前を向いて、私は生きていく。
そう決めましたし、
俊ちゃんを含め、
私の周りの人、すべての人がそう願ってくれているんだもん。
本当に、もう大丈夫だよ。

去年の1月25日から。
いや、正確にはその数ヶ月前から。
めまぐるしい1年でした。
私を取り巻く環境は、とても変化しましたし。
悲しみは、日をおうごとに強くなる一方でした。
この私が、食欲がなく、ご飯を食べないなんて。
自分で振り返っても、相当な精神異常でした。
1年の半分は、
正直にいって、あまり記憶がなく。
ただ、日々を生き。
朝が来て、店にいくことが嫌で。
なんとか、体は動かすことができても。
魂の抜けた料理を作ってしまうこともあり。
それを指摘されても、沸き上がる感情もなく。
人に会うのが怖くて、嫌でした。
時々、厨房から顔を出すもの苦痛で、
人と話すことも避けていました。
多分。
皆さん、感じたことだろうと思います。

強くならなくてはと、思う時期もありました。
でも、それも難しく、無理でした。

我慢せず、思いっきり泣いてみても。
泣かないようにしていても。
結局、同じでした。
常に、悲しみの感情は吹き出してしまうのです。

怒られるんじゃないか。
いい加減、呆れられるんじゃないか。
どうして、私はこんなに弱いんだろうと、
まずは、涙を止めることから始めないといけないと思った。
でも。
いつでも、涙はあふれる。
だから、俊ちゃんの話は、人と話をしたくなかった。
その話を、しないでくれる方が、
私には、とてもありがたかったです。

もちろん。
自ら、話してしまうことが、やっぱり多くて。
つき合わされる方には、
本当に、申し訳なく思っています。
1年、本当にありがとうございました。

そして、しばらく経ち。
悲しみが少し落ち着いてきたら。
今度は、不安が私を襲うのです。
ま、これは時々、今もありますけどね。

一人になって。
頼れる人が居ない中。
アルバトロスを切り盛りしていかなくては
いけない重圧とでも言いましょうか。。
俊ちゃんが、一生をかけて作り、
何よりも第一に考えて存在するアルバトロスであって、
側で見てきた私には、
十分すぎるほどに、そう感じるからこそ。
アルバトロスの重さは。
隙間風のピューピュー吹いている私の心には
モアイ像ばりの大きな石でありました。

今だから書きますが。
何度、アルバトロスを放棄したら楽かと、思ったか。。
でも。
これを失ったら、
私の喪失感は一層深くなり、
私は、どうやって生きていけばいいのか、
何を生き甲斐にしていけばいいのか、
さらには、なんで生きているのか。
そんなことまで、思った事もありました。

いつだったか。
随分と激しい地震のあった時。
このまま家が崩れて、あの世にいけたら、
それもいいかも。。。なんて、思う事もあった。

でもね。
数日前の地震のとき。
怖いって思って、死にたくないって、思ったよ。
うまく、説明できないけど。
もう、そんな考えは生まれないと思う、
だから、書いたし、安心してほしい。

綺麗ごとのように書くけど。

私が、今。
随分と元気になれたのは。
時間と人の温かさ、この二つだと思う。

私は、この1年。
自分の事ばかり思って、話してばかりだった。
自分でも分かっている。
私以上に、辛い生活を送っている人は居ないって。
私が失った人と同じような存在の人が
みんなには、居るじゃんって。
居るから、どんなに辛いことがあったって、
大事な人が居るから、それでいいじゃんって。
私の辛さなんて、みんなには分かんないよって。
パートナーを失った私に、
親を失った方が、私の気持ちがわかるって、言ったって。
私とは、悲しみの質が違うって。
分かる分けないじゃんて、違うよ全然。。。と。

とにかく、
自分の事ばかり。
私は、どうしょうもない子供でした。

でもね。
落ち着いてきたら、
そんな馬鹿な私を待ってくれている方達が一杯居てくれるのに
気がついてきてね。

アルバトロスを運営していく自信も生まれたし。
何よりも、こんな私の事を思ってくれる方々がいて
嬉しくて仕方がないのです。

最近は、そう思っています。
だから、元気なんでしょうね。
2月1日で、1年。
なんとかアルバトロスをやってきました。

本当に暖かく支えてくれたお客様。
サポートしてくれるスタッフ。
私の家族、友達。

皆さんのおかげです。
本当に、本当に、ありがとうございました。



コメント