美保の厨房日記

アルバトロスの日常に起こる小さな変化

日記

2009-01-31 00:25:47 | 日常
を書いていて良かったのか、悪かったのか。どんなもんでしょうか。

忙しく生きていた頃に戻りたいです。

後悔しないように、その場その場で判断してきたけど
最終結果が、私にとって最悪な受け入れられない事となると
色々な後悔が生まれてきます。
もう、今更仕方がないのです。
分かっていても、
その時はそうだったんだからと。。フォローされても、
あの時こうしてあげれば良かった
あんな事言わなければ良かった。。。
と思うことばかり。

コンソメが食べたいと言われたのに
時間がかかるから、今度にしてね。と
作ってあげられなかった。

もっと病院へ行ってあげれば良かった。

どうしてやってあげなかったんだろうかと。

思っちゃいけないのかも知れないけど、思うのです。

後悔なくと思っていても、
後悔は生まれるんですね。

望んだ結果じゃないんだもん。

80過ぎの爺さんでもなければ、時々接するだけの人でなく
だけど他人で、父、母のような血縁関係でもないけど
でも、これ以上の悲しみはないと思います。

思ったことを聞いて貰ったり、書いたりして
心を落ち着けようと思っているけど、
一番話ししたくて、話を聞いて貰いたい人が居ないのは
辛すぎて、立ち直れる気がしません。

正直に書いてます。
助けて欲しいけど、こればかりは助けようもないよね。
本当は、ずっと喪に服したいよ。
夜一人になると、こんなんになちゃって、
自分でもどうにもなりません。

思いっきり泣いても、何しても。



コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

独り

2009-01-29 23:04:33 | 日常
にさせて貰えません。。。

ま、独りでいたくなくて、
ずっと娘の要ちゃんに一緒に居て貰いましたが、
今日の夕方は、さすがに独りになっておりました。

そうしますと。
もうドンヨリしていまして、
いつも側にあったにもかかわらず
俊ちゃんの物にすがっている自分が居ます。
もう、どれだけ泣いているのか分かりません。
はっきり言って、逝く前の東京の中盤。
10月頃から、泣いておりました。
いくら泣いても、治まる気配がありません。
我慢なんてしてません。
泣きたいように、人がいてもお構いなしです。
なのに、止めどもなく溢れます。
午前中、お寺に行きまして、
お坊さんとお話しを少ししました。
四十九日喪に服すよりも、
初七日で、店を再開なされてはいかがですか?と
そうおっしゃってくれました。
いつも側にいると、そう考えてくださいと。
ボロボロ泣いている私に言ってくれました。

なんか、有り難かったです。

その後も、T’S Mix(俊夫選曲)と書かれたCDを
車の中で聞いて、こみ上げてばかり。
娘だって、母だって、同じく悲しいはずなのに
私ばかりが、みんなに心配をかけています。
二人だけじゃないですね。
雨森家全員、そして私の若林家、そして友人、お客様。
私だけじゃなく、俊ちゃんの関わりのある方皆さんが
同時に私にも気を遣ってくれます。
そっとしてくれています。

夕方、私独りで居るんじゃないかと、
マスター母に食事に誘われ、
母と甥と私で、ご飯を食べて、
コーヒーを飲んで、色々話しました。

不思議ですが、俊ちゃんの話で心安まります。

とにかく、独りにさせてくれませんし
独りで居ると、私は駄目です。
一ヶ月でも二ヶ月でも、引きこもります。
周りの人間は分かっているのでしょうかね。
明日も、明後日も、要ちゃんが
アレをして、これをしてと、私を引っ張り出しております。

そう。
2月1日から、営業しますね。
1週間ぐらい休みを貰っちゃおうかと思ってましたが
多分、1週間が、1ヶ月と変化しそうでなりませんし、
仕事に打ち込んだ方が、精神的にも良いと思います。

ただ、営業といいましても、申し訳ないけど
当分の間、ランチだけにさせてください。
疲れているのも事実でして、
休み休みさせて貰わないと、ちゃんと出来ない気がします。
やるときは、しっかりと、キッチリと行いたいです。

泣かずに元気に話しをするのは、
気丈にいるようにするのは、
やはり、どうしても疲れます。
仕事に気力を持っていこうとするのも
無理をしている部分があります。

自分に対して、甘いのかも知れません。
ごめんなさい。

家族に相談して、それが一番ベストじゃないかと
そう結論に達しました。

仕事をしないのも駄目だし
だからといって、フル営業は、
今の私には、厳しいんじゃないかと言うことで、
すみませんが、
当分の間、ランチを頑張ることにさせて貰います。

よろしくお願いします。


でもね。
色々話して
本当に少し落ち着いた感じもありますよ。

今、私が目標にしているのは。
要ちゃんとイタリアに行くこと。
その為に、仕事を頑張ること。
マスターが、ずっと言ってました。
いつか要子を連れて行くと。
マスターは、一緒に行けませんでしたけど、
私が連れて行こうと思っています。

私がイタリアへ行くと言うと、
一緒に行きたいと言う方が出てきそうですが、
要ちゃんと二人で行きます。
で、本当はその後も、思い出の地を
1度一人で行ってきたいです。

で、何年か時が過ぎ。
アルバトロスツアーも良いかも知れませんね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

無事に

2009-01-29 00:19:38 | 日常
葬儀を終えることが出来ました。

ひとまず、終わりましたね。

明日もお寺やら、何やらとあるようですが
もう、私は記憶することさえも放棄して
言われるように過ごしています。

ただ、お越しになってくれた方や
身内と話しをずっとして、
大夫落ち着いてきました。

こういうときは
一人で居るほうが、良くないのかも知れませんね。
そう感じます。
ですが、私は多分、一生引きずって生きていくと思います。
引きずって生きていきたい。。と言う表現が正しいかな。
大きすぎる存在でしたのでね。

時間は、落ち着きを与えてくれるでしょうけど。
傷は一生残ると思います。

2晩家で過ごし、1晩葬儀場で過ごし
ぼーっとしながら、思ったことがあります。

ミイラにできないものだろうか。。と
可笑しいかも知れませんが、本当にそう思いました。
骨じゃ寂しいのです。
頭、体、足と存在を失いたくないのです。
姿形がなくなるのが、とても嫌なのです。

古代の人は、蘇らせる事を願って
ミイラにするという気持ちよりも前に
存在を失いたくない為にミイラを生み出したんじゃ
ないかと私は思うのです。
願わくば、その後に蘇らせるためにピラミッドに入れたり
何かをしたのだと、私は変な想像をしていました。

変でしょうかね。。

いや、同じ人間。
思うことは一緒なはず。

ま、変なことを書いてますが。
少し安心してください。

寂しさを悲しさを、乗り越える気はありません。
乗り越えられません、絶対に。
消えることもないし、消えることはしないし
消える必要なんてないし。
ただ、時間が解決してくれることはあると思います。
慣れる日がいつか来るはずです。

そう願っています。

今、ある程度終わって。
もう少し、落ち着きの時間を下さい。

いつまでも、お店が復活してなくて申し訳なく思います。

動き始めたら、今度こそ、きっちり動くから。

PS,前回のコメントの返信は
またもう少ししたら、させてください。
メールも頂ぱなしでごめんね、ありがとう。
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

連絡

2009-01-26 01:07:24 | 思うこと
当分、私が落ち着くまでやめようと思いました。
全てに気持ちが入らない状況です。

ただ、友達に言われて、そうか。。。と思い
ブログでご報告をします。
こんな事を書きたいとも
書かなければならなくなってしまうとも
思わずに始めたブログ。。。
でも、心配してくださっていることを感じます。
それに、いつか話さなければならないことです。

そう思って。
書きます。

1月25日。
オープンパーティー2日目後。
駆け足で駆けつけ、その後。
マスターは、天国へ逝きました。

今は、家に帰り、やっと念願のお風呂に入れて貰い
これでもか!と言うほどの苦痛から解放されて
穏やかな、優しいマスターの顔をしています。
先生が良く言っていましたが、
本当に最後まで、もの凄く頑張りました。
数ヶ月、昏睡状態で意識もなく話も出来ないままでした。
去年1年は、本当に激痛との戦いで、
常に叫び、苦しんでいました。
眠った顔を見て、久しぶりに見る、優しい表情に
少しの安らぎを感じます。

これから、葬儀がありますが。
俊ちゃんの性格を踏まえ、家族と話した結果。
家族葬をする事にしました。
静かに送りたいと思っています。
ですので、何も記載しません。ごめんなさい。
昔、ある葬式で話したことがあります。
「僕は、小さい葬式でいい。
 後でも、線香の1本でもあげたいと、
 そう思ってしてくれる人がいれば、僕はそれでいい」
そう言ってました。

家族に良く言われますが、俊ちゃんと私は
考えることが一緒です。
私がそうしたいと思うように事を運んでいます。

私にとって、俊ちゃんは全てです。
何を置いても失いたくない大事な人です。
人生のパートナーです。
私が幾つの時か定かではないですが、
10年以上、一緒に生活をしていた人です。
一緒の墓に入りたいと、伝えてもあります。

年も離れ、籍は入っていませんでしたので
関係を聞かれても、はぐらかしておりました。
でも、まぁ、そうはいっても、分かりますよね。

ま、そう言うわけです。

今後も私は、アルバトロスを守り、
俊ちゃんの家に、俊ちゃん母と生活していきます。
それだけは確かです。

俊ちゃんが身を粉にして作り上げたアルバトロスを、
金かかる女だと言われて育てられた私が
ずっと守ります。

こんなにも、辛い経験をしたことがなく、
寂しくて悲しくて、何も出来ないで居ます。
受け入れることも出来ません。
まだ、目が開くんじゃないかとさえ、願っています。
この後も、
存在が、形がなくなっていく状況に
発狂するとさえ思います。

ただ、仕事だけは、守る強い意志があります。

しばらく、分かりませんが。
待っていてください。
頑張るから。

それに、そんなに先の話ではなく
すぐに仕事に打ち込む気もします。
まだ、仕事をする気になんて到底なれない自分も居ますが
仕事が私の活力になることも確かです。

。。。。仕事だけになると思います。

私のことを良く理解し、温かくて、優しくて
一緒にいると楽しくて、自然でいられて
居ないとお互いに寂しくて、
毎日ほぼ24時間何もかも一緒に居た人は、いません。
俊ちゃんしか、私にはいません。

後は俊ちゃんの残した仕事だけです。。

これを書くだけで、今の私は精一杯です。
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

オープンパーティー

2009-01-22 11:53:04 | 仕事
美保ちゃん大丈夫?と声がかかりました。

ちゃんと報告します。

パーティー23~25日は、行います。
ご安心してください。

ただ、今受け付けた人数で締め切ります。

ご報告が遅かった分、
本来ならば、寂しい人数でのオープニングですが
今の私としては、丁度良い人数で行うことが出来ます。

お越しになる方は、ゆっくりとお楽しみ下さいね。

私は、皆さんに元気を分けて貰おうと思っています。

で、本当に申し訳ないのですが
26日からの正式、通常オープンは、どうなるのか分かりません。

今の私の正直な気持ちは、
その後の仕事は一切したくないです。

ただ、何かしら変化があって営業するかも知れません。

営業できるような、良い変化を望んでいます。

本当に皆様には、ご迷惑ばかりかけて
申し訳なく思っております。

ごめんなさい。

業務連絡。
のぼさんへ。後で電話するけど
23日~25日。
私と二人でお願いします。
要ちゃんがパパの側に居ることと、
のぼさんの力量で
私は出来ると思います。
頼ってばかりでごめんね。
お願いします。

美保

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

もう

2009-01-21 15:36:58 | 日常
なんと書けばいいのか言葉が出ません。

今度こそ、本当に。。。。なんと言えばいいのでしょうか。

頑張っているから、側にいてあげてくださいと。

家族一同通達されました。

言われなくても、もう顔の表情から感じます。

ずっと病院にいます。

今後の店、これからの予約は受けません。

ごめんなさい。

側にいさせて下さい。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

2009-01-20 12:36:29 | Weblog
の事を考えようと思って新幹線にしたのに
病院に行ってきてしまったら
その事ばかり考え込んでいます。
一人で生まれ、一人で死んでいくものなんだ
なんて、マスターはらしい事を昔、言ったけど
違うよ、絶対。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

一喜一憂

2009-01-20 00:41:20 | 日常
前にもこのタイトルで書いたかも知れませんが。。。

本当にマスターに至っては、この言葉が当てはまります。

良いかなぁ~と思っては、
先生のお話で、また奈落の底へ叩き付けられる感じです。

先週、やっと私も動けるかなぁ~と少し前向きになり始めた矢先。
一昨日から、またどん底。

でも、もう動かないといけませんね。

マスターにしてあげられることは、残念ながら祈ることしかなく。
私が出来ること、と言ったら
前にも言ったとおり。
マスターが作ったアルバトロスを、繁栄させること。
それしかないのです。
いえ、私がしなければ、誰がするんだ?って事ですよね。

相変わらず、ちょっと突っつかれれば
滝のような顔になります。
そんな気丈になれない私ではありますが、
どうか皆様、支えて下さい。

お願いします。

今日は、久しぶりに東京へ行って来ます。
以前居た病院へ最後の用事です。
色々、考えたいこともあるので、新幹線で行って来ようと思います。
ついでに、引っ越しで紛失した色々なものを
買い足し、ちゃんとご飯も食べよう。

これが終わったら。
ついに、本格的に営業へ始動です。

頑張るね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

イメージチェンジ

2009-01-17 23:13:21 | 日常
今日は、美容院に行ってきました。

本当は、自分ではショートヘアーが好きで、
私のショートヘアーを知っている人も
美保ちゃんはショートの方が良いよと、言ってくれます。

なので、ショートで居たいのですが
一旦切ってしまうと、
おっくうな私としては、美容院に通うのが嫌で
そして、仕事上。
抜け毛が気になるのです。。

と言う理由で、おばさんスタイルだった訳ですが。
この1ヶ月で、更に白くおばさんになってしまったので
いい加減なんとかしないとなぁと。
そんな感じでイメージチェンジしてきました。

まぁ、軽い軽い。
しかも、頭が暖かい。
楽チンであります。

で、現在も着々と痩せておりまして。
パンツも2サイズダウン。

これを機に、まずは20歳の体重に戻そうと思っております。

なんかね、食欲不振のせいで
胃が極端に小さくなってしまって
あまり量を食べることが出来なくなりました。
体の為には、良いのかも知れません。
今は、あまり食欲も旺盛じゃないのでいいのです。

けど、あまりにも量を食べられのは、やっぱり寂しい。

まぁ、マスターが戻ってきてくれれば、
あっという間に、私の体重も戻りそうですけどね。
いや、仕事始めたら、戻るかな。。。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

プレハブ冷蔵庫

2009-01-16 13:39:48 | 仕事
新しい店の一番嬉しいものは。

1坪半のプレハブ冷蔵庫です。

え~、いくらでも物が入ります。

今まで、整頓しながら入れないと不可能だった範囲を
もの凄く超え、今では大容量です。

白ワインも整頓しながら、
ワイン棚がそのまま入っております。

ジャガイモも、しこたま買い込めます。
もう少ししたら手に入るであろう、
恒例の甘いレモン・ブラッドオレンジも
手にはいるだけ買い込めます。

気持ちがよいです。

夏の暑い日は、冷蔵庫内で涼んでいそうですね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加