美保の厨房日記

アルバトロスの日常に起こる小さな変化

チキンソテー

2008-06-30 21:22:10 | 食事
たった今、早めの一人夕ご飯を食べました。

いつでも対応できるように、
鶏肉を冷蔵庫へ入れておくのですが
鶏肉さんは、傷みやすいので、今日の私の晩ご飯へ変貌しました。

といっても、私一人で、面倒なので
結局仕事の延長みたいなご飯です。

教室、ランチなどしかお目見えしませんが
このチキンソテー、私のご飯としても
よく登場する一品です。

大好きな白いご飯との相性がよいのです。
特に、このバターモンテしたソースが、
バタかけご飯好きには、たまらないのです。
残ったソースをご飯にかけて、かけ込むのが最高です。

仕事では、リゾットとして変貌することもありますよ。

私の鶏の好きな部分は、皮。
というか、皮と身の間の脂が好きと
言った方がいいかも知れません。

時折、クッキングTVを見てると
皮と身の間の、あの美味しい油脂を取り除いて作る人がいます。
私は、あれが好きなのです。
断固として取り除き反対です。

コラーゲンたっぷりな美味しい部分を食べないで
高いコラーゲン食品や化粧品を買うとは、
なんと矛盾した事をするのでしょうか。

と、鶏を食べていつも思うのです。

ただ、ブロイラー系の美味しくない鶏の油脂は
確かに臭かったりします。

だから、美味しいものを食べないと嫌いなものが増えるのです。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

次は。。。

2008-06-30 00:44:40 | 食事
書きだめというわけではありませんが、
今月も無事にめどがついて、
予約の固まりも、少し落ち着いたので
ホッとして、書いています。

マンゴーも堪能し、サクランボも堪能し、
さて、次は何だと思います?

ブログを初めの頃からお付き合い頂いている方には
察しがつくでしょうかね。。

また、果肉は黄色いやつですよ。

そうですとも、夕張メロンさんです。

毎年、いちお静岡人なので
静岡高級メロンに挑もうと思うも
あの皮から漂う夕張独特な香りに魅了されて
確実に満足できる夕張ちゃんに、なっているのですが。

昨日、家の近所のスーパーで今年初の夕張発見。
ポイントが貯まっているし、(いつもポイントはフルーツ用)
マスターも外出許可を取れるようになったし
買っちゃおうかなぁと思ったけど。
ラベルのランクが「優」でした。。
ランクで一番良いのは「秀」。
更に上を行く「特秀」っていうのもあるそうですけど。
そういう所も五月蠅いのです。
いや、そう言うところが重要なのです。

フルーツの見極めは。
ランクと値段と種類と産地。
特にランクです。
ランクと値段は相違するものです。

皆さんも、ラベルチェックお忘れずにね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

カルパッチョ

2008-06-30 00:26:34 | 仕事
さて、やっとカルパッチョを書きましょうか。

オリーブオイルの事を書いていて、
かけただけで美味しい例として、挙げたのですが。
以前から、気になっていたことがあるので
今度ちゃんと書こうと思っていたのです。

夕方の地方TVの料理コーナーの先生が
おかしな事を言っていたのですよ。
マリネは、ドレッシングを和えて、
カルパッチョはかけるんです。
みたいな、トンチンカンな事をTVで言っていたので
「ちょっと!間違ったことを言ってはいけないぞ」と。

うちのお客様にはちゃんと言っておきますね。

マリネというのは、マリナードと料理用語でもありますが
漬けておく事をいいます。
で、カルパッチョはですね。

イタリア料理ではあります。
今では、ポピュラーではありますが、
ヴェネチアの「ハリーズバー」というレストランバーの
名物料理です。ここから、生まれた料理です。

以前書いた、カクテル「ベリーニ」の生まれた
有名レストランでもあります。

生牛肉に、塩胡椒、オリーブ油、
そしてマヨネーズベースのソースを
抽象画のようにかけた料理ですね。

名前の由来は、「カルパッチョ~」という人の抽象画に
似ていることからなのか、敬意を表してなのかは
よく分かりませんが、画家の名前を付けたものです。
あ、カクテル「ベリーニ」もそうだって。

ということで、
今日本では、魚も肉も、サラダのようなものを何でも
カルパッチョと言っていますがね。
生肉のこのスタイルの料理をカルパッチョと言うのですよ。
どうしても、名が格好良くて使いたいのならば
カルパッチョ風とすべきだと、私はそう思っております。

そして、私。
このカルパッチョ、大好物です。
軽くワインのお供としても成り立ってくれますしね。

時々、自分にも作って食べています。
主に、ちょっと高級なオリーブ油を開けたときに
味見を兼ねて食べたくなる一品です。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

紫陽花

2008-06-29 23:43:20 | 日常
おばあちゃんが、
「庭に紫陽花咲いているから、店に飾って良いよ」
って言うので、飾っています。

何かしらマスター家の庭には咲いているのですが
大嫌いな蛙が一杯いるので、
勇気を振り絞って行かないと、行けないのです。

私にも、苦手なものはあるのですよ。

とはいえ、ムッシとした天候とは裏腹な
爽やかな紫陽花が気持ちいいです。

携帯カメラで撮ったので、分かりませんが。
5種類の紫陽花の盛り合わせなんです。

紫陽花と言っても色々種類があるんだね。
縮れたものや、外側だけ咲いているものなど。

でも、綺麗だなぁと思いながら
やっぱり、花より団子。

最近、毎日、連日。
私にお土産を下さいます。
一人で頑張っているから、こうやって応援してくれているのかな。
本当ありがとう。

ブログの影響もあるのでしょうか。

こんな嬉しいものも。

今年食べた中で、1番美味しかったです。
やっぱり、赤色が強くてムラのない、
真っ赤かな、さくらんぼは甘みが強いですね。

頂いた日。
近所のアオキさんで、¥4000の綺麗に並ばれた
サクランボを見つめて、買っちゃおうか。。。と
その場で10分ぐらい悩んでいたものですから。
マスター居たら、絶対に買っちゃっていたんですが
一人だしなぁ~って、諦めて。
そしたら、頂いちゃったもんで。
嬉しさ倍増でした。
どうもありがとうございました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

決めちゃうと

2008-06-28 02:20:27 | 仕事
テーマなんて、書いちゃうものじゃないですね。。

ごめん。

いつか、書くから。。。。写真載せないと気分が湧かなくて。。



では、今日は。
手打ちパスタの話。

お客様の評判もいいのですが、
特にうちのマスターの評価が高く、常に出来るように
した方がいいのでは?と年中言っております。

私も作るのが楽しいですし、
茹で上げが、なにせ乾麺よりも短縮できるので
とっても重宝ですし、確かに美味しいです。
魅力的でもありますし。

しかも、イタリアレストランらしくて、
自分としても誇らしい気分です。

今年の夏の教室は。
めっちゃ暑い厨房での作業を減らす為に
手打ちパスタの講習を考えています。
本当は、薄く伸ばすことを、生徒様がご自宅でやる気があるのなら
もの凄く種類を増やす出来るのですが
なかなか、そこまでは難しいので
簡単に手で作れる形のパスタに集中しています。

そろそろ、また。
イタリア語と辞書と格闘しなければいけない状態です。

年々、集中力の衰えを感じるので
どうも着手しかねますね。

調べたはずの単語を、何度も辞書でひき、その度に
記憶力の欠如を感じ、訳し終わる頃には頭が痛いです。。

でも、ま。
美味しいレパートリーを増やすため、頑張りますか。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

料理したくなった

2008-06-26 02:37:43 | 仕事
「マーサの幸せレシピ」っていう映画をTVつけたら
やっていて、、
見入っちゃって、
今見終わり、ブログ更新しています。

途中からだけど、よかったぁ~。

見てて気がついたけど
この「マーサの幸せレシピ」って
ハリウッド映画で「幸せレシピ」に
変更してリメイクしてたんだっけ。

元をまず見なければ!って思っていたんで
丁度よかった。

でも、リメイク版を見る気はしないな。
ちょっとよかったもの。

元々リメイクって好きな作業じゃないだけに。。
コピーは、元を超えることは非常に難しいと私は思うんです。

それに私、こういうヨーロッパセンスって好き。
アメリカバージョンは、どうもね。

今日は、カルパッチョで。。と書いていたけど
お昼にでもいいでしょうか。。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

エクストラヴェルジネ

2008-06-25 13:41:53 | 仕事
オリーブオイルの話となると、非常に長く、
そして熱く話してしまいますが、
ちょっと今日はかいつまんで。。。

オリーブ油と言いましても、味はピンキリ。
値段もピンキリですね。

おおざっぱに、美味しいとされているものは
日本人が苦手とする、
濃くて、苦くて、若々しいものをオリーブオイルとしては
美味しいと言い、品質がいいとされています。

もちろん、軽くても味わいの豊かなものもありますし
そういうものでも高価なものはいくらでもあります。

さらっと味も風味もないものは、まぁイマイチとなるわけです。

私が、皆様にお勧めしているのは、
左手にあるアルドイノ。
これは、値段もこなれていますし(高いかなぁ)
風味も豊かで、かなり美味しいです。
右手は、お高いですが、個人的にものすごく好きです。
何しても、いや何もしなくても美味しいです。

先日、オイルディスペンサーに入れたオリーブオイルを
自分のパスタにかけたんです。
酸化していると、かけた時の匂いで感じたけど
時すでに遅しで、、仕方が無く食べました。酸化したオイルを。

まぁ、美味しくないこと。

通常は、忙しいと1日800CC~1リットル。
暇でも、1本は3~4日で無くなります。

酸化している暇も与えていませんが
すっかり忘れ去れてしまった、ディスペンサーのオイル。
どれぐらいなんだろう。。
1ヶ月ぐらいかなぁ。
可愛そうなことをしてしまいました。。

皆様、酸化には充分注意してくださいね。
胸焼けしますから。

しかし、オリーブ油って
私としては魔法のオイルだと思っています。
生肉に、オイルと塩をかければご存じのカルパッチョに
なりますが、オイルが風味豊かな上質なオイルだったりすると
もう最高に美味しいです。
余分なものは一切要らないほどに。
パンにもそうですね。
私は、ボールにオリーブ油のプールを作って
そこへパンをダイブさせます。
思いっきりパンにオリーブ油を吸わせて
口へ運びます。最高です。
本当は、お客様にもその食べ方を勧めたいとは思うのですが
どうなんでしょうか。

昔は、ガーリックトーストにしっかりオイルをかけようものなら
残されたこともありましてね。
じゃあ、軽くかけてみようとかけますと、
かけてない部分だけを食べてあった。。。。
という、悲しいこともありましてね。

今は、大丈夫かな?
その様に食べてみたいようでしたら、声かけてくださいね。
オリーブ油のプールお出しするから。。

次回の更新は、多分夜、家に帰ってからになると思います。
テーマは、カルパッチョでいきたいと思います。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

意気込んでいますが

2008-06-25 13:16:29 | 仕事
言い訳ばかり。。かも知れませんが。

ちょっと忙しすぎます。

色々書こうと思うことはいっぱいありますが
落ち着いて座っている余裕がありません。

9時半頃起き出して、10時半頃には家を出て、
なんかそれからずっと動きっぱなしで
早くて23時。0時をすぎることも多い。

いちお、お昼休みってのがあるんですけど
結局店を出られるのが15時過ぎで
お婆ちゃんを送って、買い出しやら用事を済ませて
ほんのちょっとマスターの様子を見て
そのまま店で、仕事して家に帰るのが0時頃。

早くマスター退院してくれないと、私が崩しそうです。

でも、とにかく、お客さんが非常に喜んでくれるので
楽しい毎日ではあります。

そして、当分先ですが。
8月上旬にまたまた、あのトウキビ、味来が入荷します。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ありがとう

2008-06-24 12:16:10 | 仕事
いつものアクセス数に回復したよ。

毎度どうもありがとう。
これで、またがんばれる。

で、やっぱり思ったけど。

料理の話、仕事のお勧めなどを書くべきですね。
そして、なるべくこまめな更新。
旅行に行ったときに、旅先で更新していますと
驚くほどのアクセス数ですもの。

昨晩、マスターのケアが手の施しようがない事を知りました。
おかしいおかしいと、この数ヶ月訴えてきたはずなのに
結果、最悪になりました。
本人の口から聞きましたが、私は非常にショックでした。
どうしてこんなになちゃったんだろう。
入院した意味があるのか、と正直腹立たしい気持ちも出てきます。

手の施しようが無いとのことですので、
腎不全の方が順調にいけば、退院は早そうです。

少しでも、良いことを考えて。
生きていきます。

そっと見守ってくださいって、以前書きました。
そしたら、本当皆さん、気を遣ってそっとしてくれています。

ありがとう。

マスター不在でも、食事してくれて、「美味しい」って
最近は、それ以上に、ほめ殺しされることもしばしば。

本当に、ありがとう。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

同じ材料なのに。。。

2008-06-24 00:39:43 | 食事
ある中華料理屋にとても美味しくて
時々取り寄せているザーサイがあるのですが。

いつも、2パックは頼んで冷凍保存しているのですが
今解凍したザーサイ。
なんか、いつもと違う。
いつもは、可成り薄くスライスしてあって
味付けも程良い塩加減で、どちらかというとトゲトゲしていない
優しい味わいのザーサイなのですが。。。
今あるやつ。
随分と厚切りで、ゴリゴリしちゃってるし
味付けが濃くて、しかも辛すぎ。
いかにも、素人的な味。
推測するに、まだ手習いの子が作っていると思われます。
同じ材料で、ここまで別物になってしまうとは。。
料理というのは、怖いものですね。
改めて、感じました。。

その素人っぽいザーサイならば、わざわざ送ってなんて
しませんね、絶対に。

あのさ、
フグの薄造りって、何枚か重ねて食べるじゃない?
あれが、フグの厚切りだったら、ゴリゴリしちゃっているだけで
あの味にはならないと思うのよ。
あくまでも、薄いって事が美味しさだと思うのね。
素材や料理によって、
切り方って絶対に美味しさの要素ではあると思う。

このザーサイもそうなんですよ。
ほんの数ミリの違いではあるのですが
口に入れた食感、それに伴って感じる味。
違うんですよね。

私はね、食べ物の話となると
水を得た魚のように、ずっと話すことが出来るみたい。
尽きることはないかも知れないね。
それ以外は、ちょっと難しいけどね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加