美保の厨房日記

アルバトロスの日常に起こる小さな変化

感動

2022-11-11 14:37:00 | Weblog
食べ物での感動を
いつも味わいたいと思って生きています

あー美味しいって
あー幸せだぁって
出来れば毎日思って生きていたい


けれど、感動は薄れていく

歳を重ねるとなかなか出会えなくなっていく

慣れてしまうんでしょうな

そんな中、

久しぶりにうぁー美味い!!!

って思わせてくれたものがある



父が作った小鯵の煮干しである

この出汁でまあ久しぶりに頬をパンチされた

先週末貰ってから
味噌汁作ってしまうよ美味しくて。

地のアジは脂がのってるから
脂がのってない鯵や鰯があれば
父がせっせと作っていたのは知っていた

私は出汁作ってまで自分のご飯を作るのは
かったるいので貰わなかったんだけど。



貝焼き味噌食べたくて
父のところから煮干しを拝借してきたのである

そしたらなんてことだろう

出汁が旨すぎる

煮出した後の鯵は、


コヤツが食べてくれる
(食べ終わって顔洗ってるビデブー)
というか
煮干しへの催促が激しい

煮干しを迂闊にしまい忘れると大変な惨劇になる

父がせっせと作った物が綺麗に無くなる

良い循環だ








帆立の貝柱
スルメに
一夜干し
干し椎茸に
白菜の漬物用も干す

父は干す事に長年ハマっている
そして
確かに自家製乾物かなり旨しである

今年は

干し柿も初めている

ちょっと持っていけと
2つ貰ってきた

父の家には商売屋ですか?ってほどにぶら下がっている。。

食べる事に異様にまめな人である。



店とは関係ないついでに

おデブ過ぎて
キャットタワーに全く収まれていないマルコ



昔は収まったのにね。。




最新の画像もっと見る

コメントを投稿