美保の厨房日記

アルバトロスの日常に起こる小さな変化

一難去ってまた一難、ニ難

2023-01-18 20:44:00 | Weblog
一難去ってまた一難

どころではなく

何重苦なんでしょうって感じです

コロナの影響がなくなってきて

ようやく。。ではないこの頃

戦争からの恐ろしい程の物価高
円安による物価高
光熱費の高騰
そして
イタリア豚と製品の輸入禁止

そして
インボイス

確定申告の書類はほぼ終わり

2022年のデータを見つめてる

辛いわ

アラカルトは日々書いてるから良いとして

コースの決断をしました

去年から考えていまして
今年から変えることにしました。

ごめんなさい

工夫し尽くしました。
限界です。

素材の質は落とせません。
量を減らすか、価格を上げるか
決断は両方です。

今まで仕入れていた
例えば一万円のお肉が今は15,000円
ドレッシングの綿実油は需要がないのか3倍
メーカーを変えてやっと2倍に留めました

ワインはデイリーなものはほぼ変わらないけど
人気の上質なものは一気に数千円の値上がり
いつものように、ワイン選びは神経を使っています

以前お話ししたホタテも大きさ変わらず
¥100〜¥200のアップ

その他諸々、ほぼ全てです

ちりも積もればのとおり

一年のデータは恐ろしいものがあります。

そして
小さな店へのインボイスは拍車をかけてきます。

一番軽めのコースは

¥4000税別にさせてもらいます 
¥200の値上げです
前菜、パスタ、メイン一皿、デザート、コーヒー。

¥5000コースは
前菜、パスタ(スパゲッティ)お魚料理、お肉料理、デザート、コーヒー
リゾットなしにします

¥6000こーすから
今までのフルコース
前菜、パスタ(スパゲッティ)、リゾット、
お魚料理、お肉料理、デザート、コーヒー

それ以上のコースは
素材の質が上質になります。

これでも正直きびしいですが
バランスを考えて組み立てます

頑張ります
頑張ってます
宜しくお願いします





長くなるので
明日書きます

イタリア、サンダニエーレがなくなりました。

去年国産を少し買いました。
群馬と青森(大鰐)の生ハム。

それも終わりました。

青森産仕入れても良いかと思いましたが

一か八か
フランス、バイヨン仕入れました

詳しくは明日書きます




最新の画像もっと見る

コメントを投稿