美保の厨房日記

アルバトロスの日常に起こる小さな変化

こんにちは

2018-12-24 11:21:54 | Weblog
通常営業もクリスマスも同じでありますが

しかし
やはりクリスマスは特別コースなので
特別な心で挑んでおります。

昨晩の達成感は

とてつもなく高揚効果がありまして

完全に職人気質な自分を再認識しました。

実は実父が魚関係の仕事を長年しておりまして。

この頃、週末に市場で仕入れに行ってもらっております。

必要な物プラス、父が市場でお!と思ったものを仕入れてくれるのですが

私は魚の知識が少し弱いので
とても助かっております。

知らない物、使ったことのないもの、
当たり前に山の様に存在しており

魚に関しては無難な道を歩んでおりました。

しかし、父のおかげ様で
実はこの頃とても楽しく仕事をしています。

山梨の産直市シーズンが終わり
モチベーションを上げるための手段が減った中、
今は父が仕入れくれる魚介類が熱いアルバトロスであります。

父に頼れば喜び色々世話を焼いてくれるのは
分かっていただけに
なかなか頼みませんでしたが
躊躇しなくて良かったなと今は思います。

彼と私は親子でありまして
当たり前ではありますが
恐ろしく内面と味覚は同じ人間でしてね。

クリスマスにワタリガニを使おうと思っていたのですが
入荷がなく
代替えは用意していたのですが

父がこのエビを仕入れてきました。


コシオレエビというそうです。

味見をして身は手長海老の様なニュアンスがあり
殻の素揚げは特別ではなく
気に入ったのはミソでありました。



ということで分解しまして

殻で出汁をとり、煮詰め
ミソは仕上げに加え

身を具にして
ノボちゃんの美味しいフェットチーネと合わせて

昨日、今日のパスタになります。

私の作った料理になりますが

こうやって、周りの大事な人力で
私が成り立っております。
皆様に感謝です。

その気持ちは忘れないよ。

頑張らねば
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 今度はメリークリスマス | トップ | 終わりました »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事