美保の厨房日記

アルバトロスの日常に起こる小さな変化

貸切and満席情報(長くなりました)

2022-12-08 22:14:00 | Weblog
明日、7日
23.24.28日、貸切と満席になっています
すみません宜しくお願いします。

後数名のみと言う日が多くなりました
週末は有り難く厳しい状況です

人の集まる日というのは
不思議なことに
集中します

今日なんかは一組でしたのに

問い合わせの日は満席という状態

お早めに宜しくお願いします。

なにせ、小さな店ですので。

そして年内.例年通り30日まで。

年始の仕事始めは年末ギリギリお知らせします。

…年内の忙しさ次第で決めます。

…気持ちは長く休む予定です。

身体休めたいです。

細く長く働きたいので
また年明けにその事について書く予定でいます。
身体がもたなくて。。とお話の中で発言してしまうのですが
かなり自分としては深刻な大問題でして。
ブログを書けなかった理由でもあります。
時々、実は鬱っぽくなる。
もう充分頑張ってる
これ以上は頑張れない無理だってね。
キャパ超えてるずっと。
なかなかボロボロなんだ身体。

けれど、12月入った。
正月休みがある。
そう思うと年内はがむしゃらに頑張れるでしょう。

すみません。
あと少し店情報も


もう何年かこれにはお目にかかれない。。

左オーストリア産
右イタリアのモルタデッラ

イタリアのアフリカ豚熱の為
プロシュート、本当に残りわずか。
もも肉のスネが本当に僅かです。
年内の分は足りないでしょう。

皆んなの大好きなモルタデッラはもうありません。
代替えのイタリア仕様で作っているオーストリア産はやはり
あのイタリアのモルタデッラに比べるとイマイチ。そして、高い。
皆様に食べて頂きましたが、違うねぇと。。よって仕入れないと思います。

プロシュートの代替えで勧められるフランス産。
脂が少なくさっぱりしているとの事。
買うのを躊躇し、国産にも目を向けました。
スペインはちょっと好みではなくて。。

国産は、北海道、我が青森、群馬、秋田、長野、山梨、雪が降る所で
プロシュートを使っているところがいくつかあり
まあ、もっとあるのかもしれませんが。

見た感じ良い感じ。
価格はイタリア産のいつもの仕入れより全体的に1.5〜2倍。

けれど、脂の感じがとても美しい。
正直びっくりした。

一本買いは勇気いるので
ひとまず味見用に注文してみた。

…届いたら、報告します。



そして、今度はというか随分前からになりますが
フランスでは鳥インフルエンザで
野鳥、鴨、フォアグラが入ってきておりません。

鴨は我が青森産か岩手産、国産をたまに仕入れています。

フォアグラはイタリアンなのでまあ良いんですけど

お客様で好きな人がいらっしゃるので仕入れておりました。

暫くなかったのですが
スポット的に一個入荷



早速


フォアグラのリゾット作りました

フォアグラを焼くと
フライパンになんとも言えない素敵な香りの
脂がたっぷり出てしまいます

その脂をリゾットのバター代わりにして
乳化させています。

よって、リゾットは黄色。

なかなか美味しいです。

安くはないけど、是非。



そして定番林檎
林檎は
お盆から小さな早稲林檎が出始め

10月終わり頃はさっぱりした
新品種のものが多く

11月終わり12月に届くのが
やっと私と妹の好きな
蜜の入ったフジがやってくる

フジで作ったタタンはやっぱり美味しいし
ざ、王道
何をしても美味しくできる

タタンファンお待たせしました

この林檎が届くと師走だなぁって思うのでした。