美保の厨房日記

アルバトロスの日常に起こる小さな変化

可愛い

2015-04-22 13:52:07 | 思うこと




子供用の椅子が一脚ありますが。

師匠の娘が使用した30年もの。

カウンターの高さにも丁度合うのですが

赤ちゃんの場合ベビーカーでそのまま入ってもらう方が安心でそうしていただいてます。

少し成長したら、この椅子!
これ便利と以前から思っておりました。

お子様連れでも、うちは構いません。

このように普段お使いの椅子など持参していただいた方が助かります。

…しかし。
なんて、可愛いんだろ赤ちゃんって。子供って。

赤ちゃんのおっぱい飲んでる姿って
母子ともに本当に心から癒されますし
美しい。

確かに、絵の題材になるわなって感じます。

コメント

惹かれる

2015-01-30 13:00:56 | 思うこと
何でしょうなぁ。
私は凡人なんでしょうね、美大出身って憧れる。

私の宝物であるお客様。

前の店の作りでは、料理出して厨房引っ込んで
料理をお出しする際、
初めの飲み物オーダー、お会計にお話する程度。

ま、それでも美保ちゃんここ座ってと
話す方とはお話しておりました。

そんなやりとりが多く。

もっとお客様と近くなるのが私のアルバトロスの形だなと感じ。

今のカウンターメインの店になりました。

私のスタイルです。

さて。カウンターメインですので
お客様と良くお話をします。

勿論、私が個人で外に出た時、
カウンター女一人、話さないでオーラを出すのですが
そんな空気の時は、話しませんし

プロとして受け身であり
他言も詮索も何もしません。

当たり前ですね。

常連様とは趣味の話や色々と話します。

その服カッコイイとか綺麗なネイルだとか、あれが好きだとか美味しかったとか色々。

そんなたわいのない話から
良くお土産や労わりの心付け頂きます。

これ良いから良かったら使って見てとか

本当に有難いです。凄く嬉しいです。

かなり古くからの常連様が、
ほぼ日手帳愛用者で、ミナ持ってたり
何ともビビッと共有できるものがありまして
可愛いiPhoneカバーをしてました。

美大出身の友達がリバティの生地で作ったとのこと。
布がどうして、こんなに綺麗にしっくりとプラスチックについてるのかと。

あーんなんて素晴らしい美大人。

なんて話をしてまして。
ミナの生地をまた入手したら
作ってもらおうかななんて思っておりましたところ。

頂いちゃいました。
ってか私の為に作ってもらったようです。

うー感動。

寒くて嫌になっちゃいそうだが
今日も一日頑張ろう。




コメント

2015-01-26 18:05:30 | 思うこと
雨降るのかな?

雨降る前の土ぽい匂いが、何とも実は好き。

動物の感かしら?

コメント

良い知らせ悲しい知らせ

2014-12-10 14:02:39 | 思うこと
両方いっぺんにやってきた。

産まれる喜びと
絶たれた悲しみ

今、当たり前にお腹が空いて空気吸って朝が来て夜に寝る。

悲しいお知らせでした。

凄く優しい可愛いお父さんでした。

アルバトロス創業当時からのお客様。

師走は割合そんな事がおこる。

頑張って今を大事にって

ぼやーっと思ってた。

一番大事な毎日に感謝する事を
私はようやく理解が出来てきました。

トリッパ仕込み。
ベースのパンも作らなきゃ
牛タンも仕込まなきゃ。
発注、財務、
毎日の前菜。

やることはいっぱい。

手に職持ってて良かった。
寂しい事も紛れる。

ただ。七回忌前に思うことがある。
生きている事、生きてる人が一番大事。
人を思うならそうすべきだと実感しています。


コメント

雨女

2014-05-22 11:04:20 | 思うこと
上京した途端雨だもの

しかも!大雨だよ。

最近晴れてたのに…

コメント

尊敬

2014-05-17 11:48:43 | 思うこと
する人が私にはいっぱいいる。

そのうちの一人に言われた言葉が
時折、頭をよぎる。

「自分だけが特別苦労してると思うな」

ぐさっときた。

サラリーマンだって主婦だって
皆それぞれに大変なんだと。

美保ちゃんは確かに波瀾万丈な特殊な体験をしてるし
一人で全てやってるんだから
大変なのは間違いないが

自分ばかりと言う人になるな!
って事なんだと思う。

また、違う方、尊敬する大師匠である。
紀尾井父さんから一昨日からmailをいっぱいもらう。
…なんかあったんだろうなと思った。
やりとりが面倒で私も暇だったから
電話をして話した。

同じ厨房に入ったら喧嘩するねと以前から言っていたぐらい
紀尾井の大師匠は私と似ている。

似てないところは、私は怠け者だってところだけ。

そんな大先輩も常に葛藤。

一昨日のmailでいっぱい仕込んだから
料理を送ってあげると言ってくれ。

本日、本当に来た。


牛タンと牛レバーの燻製。




絶妙な火加減と燻製の香り。

丁度、只今昼呑みのお客様。
一緒に
美保ちゃんと呑むのもここに来る目的だと言うお客様であり

この旨い燻製と今、盛り上がってます。

紀尾井父さん、本当にありがとう。

それにしても。
特にレバーの加熱具合!完璧。

流石、大師匠。

久々に涙が出そうだ。って泣いてる。
コメント

刺激

2014-05-16 20:43:19 | 思うこと
振り子とチーズケーキ
振り子とチーズケーキ

去年、東京公演が全くとれず名古屋まで遠征した舞台。

去年、アルバトロスの移転、そして10年ぶりのイタリア、
環境の変化の年の総仕上げのまさに!ってな舞台でした。

コメント

simple is best

2014-01-12 18:39:52 | 思うこと




へそがまかってるから、素直に良いと思っても。

皆が良いと思うと冷める。。。

だから、違う方面ばかり。


私が高校の時。英語の勉強をしてたら俊ちゃんに言われた一言がある。

耳から入って来た順序に言葉を訳す。

後ろから入って来た言葉を日本語に直して訳している暇はなく。

自然に入って来た順から解釈できなようでは、駄目だと。

言ってる事分かってもらえる?

試験に通る勉強法でないの。

全てが実践。どんなに試験で出来ても実際に活用出来なければ意味がない。

中学までの義務教育の英語を理解していれば、話せるはずだと。

そんな人だった。

そんな人と一緒だったから、イタリア語を勉強せずとも、実践で学んだ。

感覚で分かって、ほぼゼスチャーでも伝わった。
絶対的な動詞はすっと出てたから。

そんな自分が凄いと思ったし、俊ちゃんが喜んでた。


それから10年以上。月日はながれ。
出来なくはないが、あのときの学習能力が無くなっている自分と
さっと出てこない頭の退化に時間の流れが痛いほど痛感した。

そしたら。
相変わらず、メニューやレシピはイタリア語でないと分からないが。
それは英語を知らないだけでね。
基本的な外国語はやはり英語だと感じた。

ジョンに興味は全く無かった。
ある日、ふとマニアックとはほど遠い、誰もが知っている
イマジンを見て聞いていた。

そのまま、入ってくる言葉を聞いて
日本語の順番に直す必要もない歌詞に
ぐっときた。

シンプル。

でも、なのに、共感している人が一杯居るのにも。
個々に煩悩の塊で未だにまとまれない。

何と、愚かな人間なのだろうか。



コメント

脱した

2013-12-06 15:13:03 | 思うこと
トシちゃんが他界して。
私の中でモヤモヤと分からなくなってしまった事が。

見事にこの一ヶ月で
スッキリとクリアに理解できた。

なので、とても過ごしやすい。

問題はあるが、あの不安と恐怖感が
なくなりつつある。

どうしてそんなに怖いのかと
心を開ける人には話していたので言われていた。

説明ができなく。
時折、パニックになる。
大袈裟ではなく全てが分からなくなる。
整理が出来ない。
このままじゃ、精神病むと思った。
毎日毎日泣いていた。
お酒に走った。少し楽になった。
でも、それは解決策ではない。
逃げているだけ。

忙しいと考えなくて済む。
暇な時、考えないように色んなことを試してみた。
でも、ネガティブな方向に行くような悪い連鎖にどっぷりと入ってしまう。
私の良くない部分だ。
でも、その問題を解決しないと前に進めない。

今年も色んなことがあった。
特に大きく変わった。

でも、そのおかげでモヤモヤも解消され
もう一人の自分を発見し

今、仕込みが楽しく動いている。

絶対にアルバトロスをやる決意は初めから変わらずにある。
ただ、分からなくなってしまった事があった。

イタリアで考えにふけようと思ったが
楽しくて考えもしなかった。
行っただけで答えが分かったから。

寂しい塊だった。方向が分からなくなった。

でも。分かった。
経験しないとわからない。
結構、厳しい事を経験してきた。
それは人それぞれ比べるものではないのも分かった。

私は人に恵まれている。
そして頑なにもの凄く頑固な偏屈な部分は
実はとても仕事向きだし
それで通る好きな仕事をしている。

友達もいる。
聞いてくれる人もいる。
助けてくれる人もいる。

私が作った人徳だと、自分でいうな!だけど。
そう思う。

正直に生きてるもん。

人は自分を表す。そう感じる。
淘汰されて何が悪い。

…口悪いね。私は。

店には来たことないけど。
私のこのブログにハマっていると
最近、よく聞く。
日記だものね。面白いのかも。
宣伝ブログのつもりなのにね。
嫌なのね、宣伝じみた上辺が。
性格もあるしつまらない、何かこう引っかかる何かがないと
魅力ってなくない?

性的ないやらしさ、ではなく色気のある何か。

全国だからね、難しい場合もあるが。
来て下さい。

私はここに書いている想像通りの人間だと思うので。
それも面白いよ。




コメント

マンマ

2013-12-05 00:14:07 | 思うこと
イタリアマンマがデブとイメージするのは
アメリア経由だ。

実際のイタリア人は背も高くないし
デフもあまり居ないし
黒髪で
南の人は真っ白な肌ではなく小麦色
北の人はちょっと白い程度。
北欧人やアメリカ白人の色とはちょっと違う。

だって、キリストが白人じゃないでしょ?

イタリアのイメージは完全にアメリカナイズされている。

ピッツァなんて、はっきり言って料理じゃない。
卵掛けご飯だ。
こよなく卵掛けご飯好きだが。

外で食べるものではないでしょ?

そういうことよ。

でも、アメリカナイズのイタリアマンマの
大らかな感じて、私はいいにした。

磨いてもたかがしれてるし。
食べる事を制限したら仕事に影響が絶対に出る。

私が痩せるのは誰も喜ばない。
太りすぎるのも体に良くない。

私だって綺麗になりたい。本当はね。
イタリアの洋服のサイズは
どんなにスリムな体型でも、やはり東洋人は合わない。
お尻のボリューム足の長さ形。
靴のサイズもあっても形が違う。
頭の形も違う。
胃の大きさも胃粘膜も酵素も違う。
同じ人間なのに。
絶対に違う。
環境も違うから当たり前に違う。

アメリカ経由のマンマって言われることが寂しくおもうが
でも。
ま、それが私かと。
衣服にも化粧にも興味もないし。

料理が美味しければ私の全てだからね。

どうぞ、マンマで構いません。

では。
おやすみ。

休みなので完璧に引きこもりします。





コメント