美保の厨房日記

アルバトロスの日常に起こる小さな変化

まだ

2021-04-13 16:49:00 | Weblog
夜から朝まで
まだ薪ストーブ稼働中


しかも大きいのか
インテリアではなく
実用性を備えているのか

まあとても暖かい

コロナなのか
まだ漁の解禁などもあるのか
春になっていないのか

店もまだやっていないところ多し

やはり津軽の春はゴールデンウィークごろなのでしょうかね
と父と話しております

弘前城の桜は今週末ぐらいが満開そうな感じ。

今日、弘前にこぎん刺し材料を買いにいったのですが
蕾でも桜の木の数が多いのか
手入れがとても行き届いた背の低い木のせいか

蕾でもピンク色の景色でした。

こりゃ咲いたら凄いわ。





また当然、満開の頃弘前城へ行って来ます。

そしてこちらは春の花が一斉にというか
時間差なく一気に咲いてしまうような感じ。

木蓮も今咲こうかとしていますし。



五所川原の立佞武多会館
ここ前回夏に行って感動しました
手前の魚屋が二つあるのですが
父はそこばかり

そして近くに

青森のスター
今回は行こうって思ったのだが
疲れてしまって辞めてしまいました。

ただ吉幾三の歌は
私、どハマりしています。



ほっけのカーテン

取り敢えずここまで

また後でかまた明日






コメント

昼ご飯

2021-04-12 17:10:00 | Weblog


生ほっけを一夜干しにしてくれたもの
北海しまえび刺身
ニシン切り込み
などなどなど

食べきれず
テーブルに全てを乗せることもできず

イカ、ホタテ、ツブ
多種あるカレイに
サクラマスに
トゲクリカニ
ニシン、
ナマコ
鯵ヶ沢のめっちゃ気に入ったもずく
行者ニンニク
アザミ(春野菜)
独特な津軽のもやし
庭になっていたシリーズとしては
秋に蒔いて雪の下で生き抜いたほうれん草
これまた生えてたふきのとう
初めてなってるの見たよ
菜葉

お婆ちゃんのけの汁
美味しいかったわ
後、カルチャーショックの枝豆
秋に収穫して塩漬けして
塩抜きして食べるんだけど
僅かに発酵していて酸味があるの
よく分からないなぁって思いながら
枝豆食べ続けていたら
美味しいのかもと思えてきました。
後、馬肉

多分書ききれてないと思うが
ざーっとこの二日間で胃に収まった食材たち



あまりにもおいしかったので
また作って貰ってます(ほっけ)
これを店の材料にしたいなって思ってます



若生昆布のおにぎり
この昆布は住んでもないのに幼い頃から慣れ親しんだ味

この形なんだなと初めて理解した


津軽のもやし

これも気に入った
豆の部分も旨し
細ーい茎の部分も旨し
根っこも旨し



















コメント

念願の

2021-04-11 14:18:00 | Weblog
青森無事到着しました

2日前に雪が降ったらしく
秋田県と青森県の狭間の山間はまだ雪が残っておりましたし

晴れてとても良い天気なのですが

私の体感温度はまだここは冬です

富士の人間からすれば

まだ日の暖かな冬です。

寒い。

風がとても。

あーでも

青森入ってから色々と寄って
お婆ちゃんの家に到着するまでに
食べたいものを買い込みまして

今、ただひたすらに食べてのんびりしております。

あー幸せだ


















コメント

お知らせ

2021-04-10 00:16:00 | Weblog
今回は、やっと大丈夫そうなので

やっと書きます

明日土曜日、仕事終えてから
青森行ってきます

2週間ほどお休みを頂きます

すみませんがよろしくお願いします。

父と2度目の断念からの次の予定していたよりも早めまして明日の日付変わる頃行くことにしました。

また
予定した時を待っていたら
また行けなくなる気がして。

父に行くなら今しかないかもと
訴えましてこうなりました。

申し訳ないけど
どうしても行きたいのです。

伊豆にレモネード仕入れに出かけたり
山梨に筍仕入れに出かけて

他県ナンバーいっぱい見て
それをとやかくは言いません

それより
私は何故青森行けないんだって
思うばかり

そして
今まで気づかなかった
気がつこうとしなかった父
そのルーツのような青森

思いが募るばかり

どうしても父と青森に行きたいのです

お婆ちゃんも待ってくれています

私はまだこのままあるだろうし
いつだってこれから
ただ青森に行ける時はあると思うのですが

父や祖母、
穏やかに過ごせる時は
短いものであることは分かります。

永く続く事を願いますが
それはないことも知っています。

いつか
いつかね
っていう言葉って
結局ないものになる

そう思うってしまうのです。

今度行くね
今度こうしよう

いつか食べに行くね
いつか行くから

それが実現することって
確率低い

言葉の軽さと行動の重さ
それが現れると
私は寂しく思う

だから私は言葉ではなく
ちゃんと行動したい

今じゃなくても
と意見もあるかもですが

私は今しかないって思うのです。

時として同じはないのだもの。

簡単に青森へ行くならば
新幹線に乗れば良い。
一人でね。
けども
それなら何も意味がなく
青森へは行きません。

私が青森に行きたいのは

父と叔母のところへ行く

それに意味があるのであります。

だから容易では無くて今度も直前までどうなるやらと
今でも不安ですが

とりあえず
2週間お休みを頂くかもしれないお知らせをさせて頂きました。








コメント

書いた通り

2021-04-02 18:09:00 | Weblog
水、木曜は静かでした

今日は今のところまずまず

明日土曜は

完全に埋まりました

明日は昼コースから
通しであります

ディナー
5組

ありがたや

水曜、木曜は各お一人様のみだったのよ。。






コメント

水、木曜

2021-04-01 17:40:00 | Weblog
は静かです

金曜日、土曜はレストランらしいけど

今日はどうかなぁ

グリーンピースの冷製ポタージュ作りました

いつものパンもおおよそ週一で焼いてるのですが

今日は春というかもうかなり暖かく

発酵が早い

扱う食材も作業も春を感じます

春の料理ってなんだろ

少し爽やかな優しいものが増えるのかな

そればかりもぼやけちゃうから
ガツンとしたものも
コースの中では考えてます

コースを組み立てるのはなかなか悩ましい
ご予約いただいてから
組み立てるのに
随分と考え込むのでした

素材は季節であらかた決まってきても
調理の仕方は
バランス考えています

料理の事で頭がパンクしそうになったら

こぎん刺し!

そしてまた仕事に取り掛かる

見た目は怠けてる姿なんだろうなと
良くないかな思いつつ

今後は店のコースター取り掛かる予定
と言うとこで許してもらって

iPhoneいじってるより数段よろしいはず!?

こぎん刺しと並行してミシンにもハマってましてね




ワインの木箱を荷物入れに使おう使おうと長年思いつつ
カバーをどうしたもんかと数年経ち

やっと自分で作れましたよ
ます一個なので
今週末お休みにもう二つほど作れればなぁ満足だ。

あ!そうだ
暖かくなってビールのグラスが欲しくなりました
リーデルのOシリーズを使ってたのですが
ちょっとしたことですぐかけてしまい
どんどん減りまして

この度、リーデルのビールグラスを買いました





やはりグラスは大事ね
泡の立ち方が綺麗に作れますし
途中で入れても泡回復
美味しく呑めます。



シャンパングラスも少し大きめをちょっぴりだけついでに買い足しました

夏に向けていいかなっておもってね。



コメント

久々の

2021-03-31 12:06:00 | Weblog



加島町にアルバトロスがあった頃は
セタロだけで提供しておりました

しかしながら
メニューの見直しと共に
セタロを使わなくなり
たまに仕入れるだけでいましたところ

すっかりセタロさんを忘れてしまい

先日、あ!っと思い出して仕入れました

久々のセタロ

初めて食べた時の感動を
また昨晩噛みしめました

このパスタは本当に素晴らしく美味しい

世の中にパスタはいっぱいあれど
私が乏しいかもしれませんが
食べた中ではピカイチであります

かなりお高いパスタですが
是非ご賞味頂けたらと思います

さて
年明けてから
まぁ恐ろしく暇な誰も来ない日と
なぜ今日だけ?集中するの?
って言うほどパタパタしてしまう日と

極端な日々が続いております


ランチ辞めてからね
昼間の間に仕込みやスタンバイは完了させておいて
ディナータイムになれば
さあいつでもどうぞと待っています

営業時間中の仕込みはしなくなりました。
途中で止められないし
ランチ辞めたおかげさまで
仕込みの時間をいただけるようになり
落ち着いて仕事をしております。

コロナきっかけで
永く働く形と言いましょうか
働く=生活=生きると言いましょうか

とにかく、ディナーのお客様の為に
全て整えて挑んでおります。

そういう感じなので暇な日は
掃除したり中断出来る仕事をしておりました。

しかし
誰も来ない日は店の整い具合と反比例して
気持ちがやはりちょっと落ちる

私はこの仕事しかしてないんで
暇が続いても
ちっとやそっとでは
ま、こんな日もあるさって動じないのだが

やはりコロナ騒いでから
とても多く暇が訪れる

先もまだまだ見えない

青森もちっとも行けない

暇は心を蝕んでいく

ダメダメ、いけないいけないと思っても
なかなか難しい

余計な事を考えてしまう

そして
今、良い方法を見つけた

仕事とは関係のない手芸

主に津軽のこぎん刺しにハマっている

カウンターに座って
チクチク
途中で辞められるし
何より
これは一種の写経のようである

ここから発展して
店の物が増えるかどうか?
続くかどうか?

私は基本飽きっぽい

好きになるとしつこいけど。。









コメント

2021-03-30 12:17:00 | Weblog
休みに買い出しに行こうと思いましたが
昼は仕込みに徹することが出来るので

なるべく新鮮なものをと
朝、内房へ筍を買いに行ってきました

我が家から30分で筍GET

こりゃ買い出し範囲内だと分かりました。




一目散に茹でましたよ

山菜も買い求めましたので

暫くみんなの大好きリゾットは
筍と山菜フラットのリゾットになります

西浦から買ってきたあのレモネードで
リモンチェッロも今年も出来上がりました



皮の量と漬け込み期間の違いでしょうか
濃い色のもはや茶色に違い物といつも通りの色
二種類出来ちゃいました。

綺麗ないつも通りの色のリモンチェッロお出しできます




うちわ海老
レモネードと合わせて
うちわ海老のカクテルもこの頃作っています

爽やかな料理が増えました

そろそろグラタン終了かなぁ



コメント

2021-03-27 23:14:00 | Weblog
扱う食材が旬のものを使うと

自ずと春らしい皿になります




思い通りに行かないご時世ですが

せめて食べるものだけは

楽しく自由に幸せなもので
ありたいものです




コメント

また林檎

2021-03-25 19:01:00 | Weblog
僅かに自分用に食べる分を残し
一箱3段重ねの一段を
タタン用にすべきか
アップルパイ用にすべきか

私の味見係の妹に食して貰って
最後の一段はアップルパイ用になりました



といっても、作り方は同じ
バターと砂糖を火にかけてもったりと白くなるまで加熱
ルーみたいなのができたら
タタンは8切り
アップルパイのフィリングは角切り
の林檎を入れて煮込みます




暫くすると林檎自らの水分が出てきて
この水分で煮込むのです

煮込むというより
林檎から水分を追い出し
そこにバターと砂糖を入れるって感じです

林檎が美味しいので甘味を加えるだけ
元々の林檎がバランス取れてるからね

それをこれまたせっせと
畳んでは伸ばしを繰り返して作った
折り込みパイ生地で包みまして
シンプルに焼きました




味見用なので飾り付けなし綺麗にするのもとりあえずなしの写真。。。

妹大絶賛

メニューに加わり
林檎ストックもいっぱい作りました

さて
今回からのこの林檎パイはごくごく普通のものです。
中身はタタンと同じに作りましたが
仕上げが違います。
トロトロの林檎を塩気のあるパイ生地で包んで焼いたもの。
妹曰く
パイの塩気がまたいい仕事してるから
アイスクリームは添えない方がいいね
このままで完成とのこと

そして
タルトタタンは
本来タルト、でありますので
タルト生地クッキー生地のような物ですが
私は折り込みパイを組み合わせています。
(自分のパイ自信ある物で。。)
林檎はバターと砂糖と煮込んだ後
型に入れオーブンでさらに加熱
林檎から出た糖分がカラメル状になって
林檎にまといこれは本当林檎がとても美味しい
これにはアイスクリームがとてもよく合う





どちらも同じ材料
仕上げが違うだけ

しかしながら
味わいがだいぶ変わります

タタンは頼まれてから
本当は1時間は頂きたい
冷ましてカラメル状にしたいので

だからなかなか提供し難い

けど
アップルパイは25分ぐらいでお出しできるかな

アップルパイ、折り込みパイが少々面倒ですが頑張ります!




コメント