にゃんこい!のくまねこの可愛さは異常
 



エンディングを拡張する『マスエフェクト 3』のDLC“エクステンデッド・カット”が配信決定 - 電撃オンライン

これは・・・・・・非難轟々だった件のエンディングの補足を・・・・・・・・


ってことですか!?


さすが海外企業…やることがパないわ。



あのエンディング。
非難するほどではないにしても消化不良だったのは確かですからね。これは嬉しい采配。
結局シタデル破壊を選んでも選ばなくても結果が一緒ってのはねぇ…どうよ。シタデル破壊を選ばなかった場合でもリレイ壊れてたし。あれじゃ意味無いじゃん。

どちらにしてもシェパードが助からない、というのは別に構わなかった。自己犠牲の果てに何かを守れるのなら。それがシェパードの行動原理だったと思うから。
けど、どちらを選んでも銀河に生きるすべての種族が滅びに向かうというのはね。リレイが消失すればそれまで築いてきた文明のすべてが無になる。各種族の母星に居れば生き延びることも可能だろうが、もうあそこまで広がってしまった文明に後戻りは出来ないだろうし。しかもシタデル破壊を選べば機械のすべてが使えなくなるっていってた以上、滅びに向かうのは確実だろ。

ただ、欲を言えばもう一つの可能性は欲しかった。

どちらも選ばない

という選択肢が。

あのシステムならちょっと改良すればどうとでもなったと思うんですよね。
サーベラスはリーパーの操作信号の解析はしていたようだし。


どのみちあのエンディングムービーは完全に蛇足と言うか「あっちゃいけないもの」でしたね。
地球上に居たはずのクルーがいつの間にやら宇宙に出てるとかおかしな話だし。
どう考えてもシナリオ見ずに先にあのエンディング作っただろ。
結論ありき、で作ったから「どちらを選んでも一緒」というあんな矛盾したエンディングになってるんだろうし。


ともあれ、このDLCでどうあの矛盾を上手く補完してくるか楽しみです。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




やってきました、火星。

ここでプロセアンの遺跡を発見し、そのことによって人類はマスエフェクトという技術を手に入れた、という設定だったと思う。

目標はここにあるアーカイブ。
今頃解析中って…発見されて100年以上経ってるんじゃ…

火星では大きな砂嵐が接近中。火星にこんなに濃い大気があるのか?


施設入口近辺になぜかサーベラスが待機中。
突貫で片付ける。

内部に入るとサーベラスに追いかけられていたのはリアラ。こんだけ逞しいんなら別に助ける必要は…

一人でやれるだろ。

サーベラスはスパイを送り込み、施設内の空気を抜くという方法で施設を掌握した模様。
一本道なのでバンバン進む。

ショックウェーブ一本で進んでいると、スカイハイのクリア数がどんどん増えていく。
やっぱショックウェーブいいわ~

途中タレットに撃たれまくって10回ほど死にましたが、特に問題なく進む。

トラムステーションまで来るとトラムが無いので、サーベラスの部隊を騙してこちらに呼び寄せることに。

ケイダンが無線機を探していると、トルーパーの死体の無線を発見。
グロイ…これはやはり人体強化なんでしょうね。

やってきていただいた部隊を待ち伏せして迎撃。するんですが、なにやら訳の分からない指示が画面に表示されたものの意味が分からず結局混戦に。
結局ショックウェーブ一本で余裕でしたけど。

さて、アーカイブまでたどり着くと、そこに現れたのはイルーシプマンのホログラフ。


何でもありだな。ってかスタンドアローンじゃなかったのか?ここ。

ここにいたのはサーベラスのスパイ。

アメリカンにしては比較的まともなモデリング。しかしこいつがアーカイブに会ったはずのプロセアンのデータを抜き取っているらしい。ってかそんなに簡単に抜き取ったり編集したり出来るものなのか!?プロセアンのデータって。

オリジナルのモデリングがあるだけあって只者ではありませんでした。ケイダンを余裕でぶっ飛ばすと猛スピードで逃走。

こいつどんだけ食らわせても死なねぇ。

このまま逃げられるか!?というところに現れたのはミスターゴリラことジェームズ。

シャトルで体当たり。

下手してたら全員死んでるんだが・・・・・・・・・・

さて、データはどうなった!?と思ったら、炎の中からサイボーグ登場。

まったくモデリングが違うが、どうやらさっきの女らしい。

情け無いことに一方的にぼこられるケイダン。おまえ一応大佐だろ?

アーマーの上から叩きつけられたくらいで・・・・

ここで突如スローモーションになってサイボーグが突っ込んでくる。

ここはショックウェーブだ!と打ち込むと効いて無いんですよね~これが。



ぶっとばされてあの世へGO。
イベント戦闘じゃないのね、これ。

銃で仕留めないといけないようだ。

銃でしとめると無事ストーリー進行。

ケイダンとサイボーグを回収すると、火星にまでリーパーが。

リーパーは何をしに来てるんだろうか?大して人間居ないと思うんだけど…

さて、軍人にしてはあまりにも弱すぎるケイダンを救命するためにシタデルへと行くことに。


まぁ、シェパードも弱かったけど。
ここでハケットから通信。お前随分余裕だな。

リアラとEDIにサイボーグの解析を任せ、通信室へ。2分もしないうちにリアラ登場。

ここでプロセアンのデータは「クルーシブル」という超巨大兵器である事が判明。お前いくらなんでも解析が早すぎないか?こんなにあっさりと解析できるんなら、お前火星で数ヶ月何やってたんだ?有能なのか無能なのか分からない女。
クルーシブルの解析は任せて、シタデルの評議会に援助を求めろというハケット。お前そんだけ余裕かましてんだからお前が行けよ、などという思いを飲み込みつつシタデルへと向かうのであった。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




続き



アンダーソンはここに残るという。




シタデルに行って応援を要請しろとか。

ここで救助用のシャトルとリーパー登場。



さっき通気口で見つけた子どもがいつの間にかここに。



子どもを乗せて離脱するシャトルがリーパーによって撃ち落される。



なす術なく見るしか出来ないシェパードは悲痛な表情を浮かべると、何かを決したように離脱を指示する。



蹂躙される地球。



シタデルへ向かうと言うと、地球に残るから降ろせというジェームズ。
ここでレネゲイドアクションボタンが表示されるんですが、何度R2を引いても反応がない。
PS3ってR1とL1なんですね。
ちゃんと表示はされてるんですけどねぇ…


ジェームズをしかとしていると、ハケット提督から通信が。
まず火星へ行けと言うので、火星へ向かうことに。

導入ということで、非常に魅せる演出になっていますが、徒労、って言葉がまず浮かぶ。1,2とシェパードがやってきたことは一体なんだったんだろう?
結局リーパーのことを本気にしてたのはサーベラスだけ。
虚しいね。まあ今からもっと虚しくなるんですけど…



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )






どーん!ということで『マスエフェクト3』です。
先日書いたように、プラットフォームを箱からPS3に変更しました。結果として「失敗しました」と言うべきなんでしょうね。今作を箱と比較していないので確かなことではないですが、2の場合と比べて、読み込みの遅いこと遅いこと。しかもジャギジャギ。頻繁にカクカクします。まだPS3使い始めたばかりなのでよく分からないのですが、HDDへのインストールできないの?それらしい項目が無いんですけど…



プラットフォームを変えたので、データの引継ぎは出来ず。容姿はデフォでずっとやっているので、スタートするのに問題はないんですが・・・

今回もショックウェーブ一本で突っ切るぜ!ということでクラスはヴァンガード。
前作でサーベラスとして活動していたシェパードは今回、地球にある連合の施設に軟禁された状態から始まります。2と3の間に何があったんだ?
慌しい雰囲気。リーパーが地球に迫ってきています。



ジェームズテラゴリマッチョ。マッチョなだけじゃなく完全にゴリラ。

呼び出されて、連合評議会へ。



ここでアンダーソン登場。階級は提督。2の時どうだったっけ?
1で評議員にしたはずなんだが…2でなんかやらかして評議員やめたんだっけ?



ケイダン登場。いつのまにやら階級が大佐だぞ?

連合評議会に出頭すると、今接近中のものが何なのか聞いてくる評議員たち。
っていうか、1でソヴリンを目撃していながら、なんでこいつら誰もリーパーのことを信じないんだろうね?シェパードを拘束しといて、リーパーの対策は何もなし?



ここでついにリーパー登場。

ざまぁ。
リーパーの一撃で建物は崩壊。脱出するためにアンダーソンと建物外壁に。


一番最初に出てくるのはハスク。こいつらってゲスが生成してるんじゃ…
結構撃ちもらしましたが、関係ないらしい。

逃げる途中で通気口に隠れている少年を発見。

この子がまさか伏線とは…


敵がわんさか出てきますが、この時点では回り込まれることも無く、簡単に一掃出来ます。

負傷兵がいるので通信機を探し、ノルマンディ召喚。
ノルマンディが来るまで敵の増援を叩く。

こいつら隕石に乗ってくるんですね。これで耐えられるような連中に銃が効くとは…思えんな。

どんどん増えますが、しばらくすると、かっこよくノルマンディ登場。

敵増援を一掃してくれます。

かっこよくノルマンディに乗り込むシェパード。
しかしアンダーソンは…

ってな感じで続きます。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




マスエフェクト3、現在トゥチャンカにてトゥーリアンの部隊救出まで進みました。
今分かってる範囲で鬱になるエンディングかぁ…
最後にシェパードがサーベラスに暗殺されて、シェパードのコピーが本人に成り代わって~みたいな?
火星でイルーシプマンと話してるときに、誰か横にいたし。シェパードのデータはそれこそ隅から隅まで持ってるわけだし?さらに言うなら、ハケットやアンダーソンは実はイルーシプマンに通じてました、とか。パターンとしてありそうなのはこれだと思う。

さすがにこれだけ盛り上げておいて、結局銀河を救えませんでした、ってエンディングはないと思うんですよね。

気になりますね~



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




マスエフェクト3初プレイの感想。

とりあえず箱からPS3にプラットホーム変えたらめっちゃやりにくいです。だってボタンの配置が違うんだもん。何度OKと勘違いしてキャンセルしたか…
プラットホームを変えたのでデータの引継ぎも出来ず、1,2と選んだ選択結果と大いに違うことに違和感を感じつつ現在パラヴェンから戻ったところまでプレイ。
なんか戦闘の難易度上がってません?全然敵に当らないんですけど。しかも敵の数がやたら多い。

グラはこれまでと大きく変わってませんね。やや影が濃いかな。そういえば字幕がやたら見にくいんですが…私のプレイ環境の問題でしょうか?
今作からプレイスタイルを好きに選べるようになってますね。会話の選択肢が出ないアクションモード。これまで通り会話すべてで選択肢を選べるRPGモード。すべて選択肢を選べて、尚且つ戦闘の難易度が低いストーリーモード。
実はすでにエンディングについて「鬱になる」という噂を見てしまっているので、ここでどんな選択肢を選んでも結末はろくなもんじゃないんだろうな、なんて思いながらRPGモードにしましたが…ストーリーモードにしとけばよかった。
シナリオの引き込まれ方はこれまで以上。先が気になります。どこかで見たような演出ですが、やっぱ見せ方が上手いわ。今現在は誤アクションが多発しやすい部分を除いておおむね満足。難易度は下げよう…早く先が見たいし。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




『MASS EFFECT 3』購入。PS3と一緒に。
『BATMAN ARCKHUM CITY』のフィギュアが欲しくてPS3を持っていないのに、PS版を購入したので、この際だし、ということでPS版を購入。
1,2と箱版を買ってたんですが、2のDVD2枚組みは面倒だったし。

3部作の最終章ということで否が応にも期待が高まりますが、期待しすぎてプレイ後にはボロックソに貶してるかも。
まあ1,2とアメリカンなご都合主義の連続でしたが、それでも破綻してないストーリーは秀逸でしたし、大丈夫でしょう。
最近のクソなジャパニメーションとはものが違う。
ホント最近のアニメって酷いですよね。シナリオは破綻しまくり、製作側の自己満足に声優人気を上乗せして売りつけてるだけ。ご都合主義でもいいからせめて破綻してないシナリオ書けよ。ラストエグザイルとかクソ過ぎる。

パッケージ開けると『日米共同制作「マスエフェクト」アニメ映画化決定!!』なんて書いてありますけど、これは大丈夫なんですかね?1のときなんてほとんどの人が見向きもしてなかったのに。マルチエンディングを謳っているとはいえ、ほぼ一本道のストーリーは確かに映画向きですけど…

では今からプレイ開始します。バットマンもまだ未プレイだけど…



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




さて、マスエフェクト2も無事クリア。
初週販売数が約8800本らしいですが、そのうちの一人になったのか…

内容は追々書いていくとして、全体的な感想。

「大幅に改悪」としか言いようが無いかな。

色々な面で悪くなってます。
まずUI。何が必要かを分かりやすく表示したいのかもしれませんが、それが却って邪魔になっていると言うお粗末な出来。都度画面に表示されるガイドも邪魔。敵が見えんだろうが!会話中でも表示されるし。字幕がまったく見えない。

次いでアイテム類。武器の場合、基本的にはイベントで入手するアイテムに、アップグレードで改良していくという方式で、前作のような多彩な武器は無い。アーマーもパーツを入手することでカスタム可能ですが、その肝心のパーツが少ない。色を変える事が出来るようになったくらいで前作ほどの多彩なものは無い。メディジェル等も購入は出来ず、ミッション中にアイテムとして入手するのみ。なによりショップで購入できるアイテムの少ないこと!これは驚異的。一つのショップにあるアイテムは多くて6個。全部買ったら売り切れだとさ。
武器については、前作では弾切れと言う概念がありませんでしたが、今作にはあります。弾が切れるとその武器は使えません。弾薬は敵を倒して入手。これは面倒ではありますが、改良、といってもいいかも。

仲間について。仲間になる人数は大幅に増えましたが、仲間の装備のカスタマイズは出来ず。ちょっと「変わった?」程度の衣装チェンジはあるものの、それしかない。武器もほとんど変えられない。武器ロッカーなどという物がありますが、あっても意味が無い。前作から引き続き出てくるのはタリとギャレス。アシュリーを生かしたシナリオをインポートして始めたのでアシュリーも仲間になるのかも。でもあの女気持ち悪いんで仲間にしませんでした。それ以外は新顔。人類で仲間になる面子は前作より良いかな。ミランダは一瞬マイケルかと思うような顔してますけど。それでもアシュリーよりは良いわ。あとは…アサリは要らんな。なに?あの鰓張った顔は。新種族、ドレルも要らんな。イグアナ顔っても気に入らんが、それ以上にキャラが気に入らん。パーティーメンバーはほとんどミランダとジェイコブの人類二人だけで進めました。ジャックはねぇ~無いわ。

さらに宇宙探検について。
まず同じ星系内の移動について、前作ではカーソルを移動させるだけでしたが、今回はノルマンディーのアイコンを移動させる方式。遅くてイライラする。さらに同じクラスター内の別の星系に移動するには燃料を消費するというシステムになりました。燃料はマスリレイがある星系内にある燃料ステーションで購入します。燃料が尽きると、回収した資源を消費して進むそうな。資源も尽きたらどうなるんだろうね?これもアイコン移動方式で非常に遅い。クラスター間の移動はこれまでと同じ。
惑星探査については、大幅に変わりました。前作は地表に降りて冒険可能な惑星が多くありましたが、今作にはほとんどありません。着陸できてもミッションの短いこと!あまりにもしょぼすぎます。前作では着陸不可能な惑星については、ただ調査するだけでしたが、今作ではほぼすべての惑星について、ノルマンディーからのスキャニングで鉱物資源探査が出来ます。が、ワンパターンで飽きる。しかも鉱物資源回収には探査機が必要です。これも燃料ステーションで購入しなければなりません。

メインシナリオについては、最終決戦への導入ということで特に不満は無い。ジョーカーも大活躍だし。
サブシナリオ、というかクエストについては不満たらたらですね~。薄い。あまりにも薄すぎる。しょぼいし。
仲間が増えたのでそれに関連するイベントは増えましたが、それでも全体的に薄い。

あとは基本的な部分。バグが多いわ。操作がかなり限定されたものになったので、一度引っ掛かると抜けられない箇所が相当ある。前作では「しゃがむ」ことが出来たので、大概は切り抜けられましたが、今作には「しゃがむ」という行動が削除されたのでそれが出来ない。障害物を乗り越えるときも、一度姿を隠してからAボタンで乗り越えるというものに。レーダーもスティックを押してないと表示されなくなりました。Xでリロードとか不要だろ。そこを他の行動に割り振れよ。リロードこそスティック押しだろうに。アビリティのショートカットもRB、LB、Yの3つに割り振れますが、Yは任意で設定できない。だったらYも他の行動に割り振るべきだろ。

さらにディスク2枚組みになったので、都度ディスクの入れ替えを行なわなければならないと言う面倒くささ。どうしてイベントも減って、マップも減ったのに容量が増えてるんですかね?しかも惑星探査の途中でもディスク入れ替えろって出てくるんですよ!?HDDにインストールしてるんだから、そっち読み込めよ!と思う。この辺はPS3なら解消してるんでしょうけど。容量違うし。

とまあこんな感じで改悪されてます。
グラも音楽も前作と大差ないし…

そうはいっても買って損は無いレベルでしたけどね~
ただ、戦闘は…クラスをヴァンガードで始めましたが、ショックウェーブ一本で最後まで行ける。空中を飛んでる相手や段差があると使えませんが、雑魚相手はこれ一本で。ハスクやヴァレンみたいにワラワラ沸いてくる相手だとチャージの間に寄られてしまいますが、距離に気をつけさえすれば、本当にこれ一本でいけます。上級スキルはヘビーショックウェーブを選びましょう。撃ちもらしは周りがほとんど仕留めてくれるし。

そんな感じです。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




アイロスのコンジットから飛んできましたシタデルへ。

まさかこんなところに繋がっているとは。
サレンはシタデルのコントロールパネルにアクセスし、シタデルのアームを閉じる。
突っ込んでくるソヴリンに為す術なくやられる連合艦隊。
ソヴリンの動きってイカの動きだな。アオリイカ。

サレンの元へ急ぐべくエレベータへ。
しかし途中で止められてしまう。
そこでエレベータのガラスを撃ち抜き外へ。
なんていうかこういうアングルカッコいいですよね。
演出も非常に美しい。

わらわらと群がってくるゲスどもを無双状態で蹴散らしながら進む。
途中ゲスの降下艇が登場して、数回ゲスが補充される所があるんですが、ゲスの降下艇を攻撃しても効果がないのが不愉快だな。
防衛タレットの攻撃に任せるしかないというのは納得いかない。
ちなみにゲスの補充がなくなったのを確認したので、降下艇の下を抜けようとしたら死にました。
なぜに。


サレンの元へたどり着くと、サレンはヴァーマイアでも乗っていたドダイみたいなのに乗り登場。
いちいち飛んでんじゃねぇよ。
サレンはソヴリンにインプラントを入れられたらしい。
「もうソヴリンを信じることに迷いは無い」って完全に洗脳されただけじゃねぇか。
肉と鋼の融合で完全な存在っていうんなら、インプラントを受けてる奴全員完璧な存在か?
地球人類でバイオティクスを使える奴は全員インプラント手術を受けてるはずだが。

会話スキルで会話していると、なんとサレンが自決。


マジで!?


シタデルのコントロールを取り戻すと、外部と通信が可能に。
どうやらデスティニー アセンションがピンチのようだ。評議会メンバーも乗せている。

続いてノルマンディーから通信が。
アークトゥルス艦隊とともに居るという。
シタデルのアームを開いてくれればデスティニー アセンションを救出できる。
しかし、救出させれば艦隊の被害は相当なものになるだろう。


さぁ、評議会を見捨てるか、艦隊を犠牲にするか。


評議会の自業自得なので見捨てたいところですが、英雄の行いとして正しい選択肢を選ぶことに。

外のどんぱちは任せるとして、こちらはサレンの死亡確認。
頭を撃ち抜いて死亡確認をすると・・・・サレン第2形態へと変身。
すでにソヴリンに肉体を乗っ取られていたようだ。

外ではソヴリンと交戦するアークトゥルス艦隊。
ソヴリンの圧倒的な力の前に為す術がない。

サレンを倒すとソヴリンが弱体化。
理由は不明。
艦隊による斉射で遂にソヴリンを殲滅する。

タワー内部はソヴリンから飛んできた破片で大惨事。
もうぐっちゃぐちゃよ。
死んだと見せかけて生きてますって演出はいかがなものかな。

まぁ2では冒頭で死ぬがな!


さて、戦闘も終わり、評議会を救った功績に、人類の評議会入りが決定。
奇数でなければ多数決が出来ないので、もう一種族評議会入りしなければおかしいんだが・・・・・
ヴォルスかな?そんな噂話してたし。

しかしウディナは本気でウザイですね。黙ってろよ。お前は何の役にも立ってなかろうが。
最後にいいとこ持っていく大佐もウザイが。

ちなみに評議会を見捨ててみると、人類が主導して評議会を再建するという話に。
それでもいいところを持っていく大佐。やっぱウザイわ、このおっさん共。



さて、これで無事ゲームクリアとなりました。
この3部作といわれている作品の結末はどんなものなのか。非常に楽しみだ。
この作品の評価としては
ストーリー ○
音楽 △
グラフィック ○
インターフェイス △
操作性 ○
といったところでしょうか。

ストーリーは突っ込みどころは多いんですが、“あらためて考えてみるとおかしくね?”というレベル。
普通にプレイしている分には「王道アメリカンヒーローストーリー」といった感じで違和感は無い。
最近の日本のゲームのように“あらためて考えなくても動機がおかしい”ということはないです。
グラフィックは箱○版でも十分キレイですが、PC版のほうがかなりキレイなようだ。
でも低スペックPCしか持ってないので・・・・
音楽は・・・・・・特筆すべきところが無いな。やはり日本のゲームのほうが良い楽曲が多い。
グラフィックは洋ゲーの圧勝だけど。
操作性はTPSとして問題になる点は無し。マップ内で引っ掛かるところがやや多い印象を受けましたが、思い返すとほとんどのゲームがそんな感じなので問題は無いレベル。マップが多く広い分不具合も増えるでしょうし。MAKO乗車時のカメラ視点がおかしいくらいか。
インターフェイスは問題ありかな。
装備選択画面とアイテム入手画面でオムニジェルへの変換ボタンが違うのはどうだろう。
アップグレードを選択する画面でオムニジェルに変換しようとすると、一つ選択するごとに先頭に戻るのは頂けない。
アイテムリストの表示がそもそも狭すぎる。
オムニジェルの個数やクレジット額が、装備画面でないと確認できないのも面倒。
ここは2では修正されていて欲しい。

あぁ~でも楽しみだ。2では開始早々ノルマンディー撃墜、シェパード死亡でサーベラスが蘇らせるって話だそうなので。

まるでターミネーター。
スクショを見ると、アーマーがギアーズみたいになってますね。でもカッコいい。
パターンも実に豊富。




1はテクスチャ張り替えだけだったし。

早く発売日決定してくれないですかね?
年末にしっかり集中して遊びたい。
でも2月くらいなのかな?まだ発売日決定してないってことは。
欲を言えば、もっとパーティーメンバーを自由に選べたら良いなと思う。
選択肢が少なすぎるわ。
結局ほとんどタリとレックスでやってましたし。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




さてパンゲア エクスパンスはレフュージ星系アイロス。
パンゲア エクスパンスってなんかカッコいいですよね。響きが。

敵艦隊がうようよしてる中を突っ切ってアイロスに降下することにするが、降下可能な場所が無いという。
一番近くて2km。
目的の座標に降りようにも20m程度の空間しかない。


無理だの自殺行為だの周りがわめいている中、ジョーカーが一言

「やれます」

かっけーーーーーーーーーーーっ!!!!!!!!


やっぱこのゲームのキャラの中でジョーカーが一番好きだわ。
確かな操艦テクニックと軽い口調。
あの自信の持ちようは、病気というリスクを負っていながらもそれを越えて見せたという自負と病気であることの劣等感から来ているような気がする。
そういう人間らしさが他のキャラには足りない。2にも出てるのは確認済み。


さて、ジョーカーのすばらしいテクで目的地へとたどり着くと、ちょうどサレンが遺跡の中へと入っていくところ。
しかしギリギリで間に合わず隔壁を閉められてしまう。
隔壁を開くべく、セキュリティコンソールを探す。

しかし・・・・・ここはプロセアンの遺跡だよな。
ずいぶん趣味の悪い彫刻が大量にあるが・・・・・

セキュリティコンソールを見つけ、解除すると壊れたVIが。
途切れ途切れで何を言っているのかいまいちよく分からないが、リーパーについての警告らしい。

MAKOへともどり、まっすぐな一本道をゲスどもを蹴散らしつつ駆け抜けると、なにやらバリアが張ってある。
進めないので降車し脇にあるエレベータへ。
その先にあったのはヴィジルというAI。
この施設の管理をしているらしい。

ヴィジルの望みは何百万年と繰り返された興亡のサイクルを断つこと。
リーパーによる幾度となく繰り返された文明の興亡。
シタデルは実はそれそのものがリレイであり、リーパーの居る暗黒宙域に繋がっているというのだ。
シタデルがリレイであると誰も気付かないのは、実はキーパーはリーパーが作ったものであり、施設として利用するための端末として動いているために、シタデルの本質を理解せずとも使えるようにしてあるから、らしい。
ならスキャンしたんだからなんらかの事実が明らかになってもよさそうなものだが・・・・・何もイベントが起こらないんだよね。
リーパーは暗黒宙域でエネルギー節約のために休眠状態にある。
有機種族が自己再生するまでの数千年間をそうやって過ごすが、その状態では無防備なため暗黒宙域に隠れているのではないか、とプロセアンは推測したらしい。
つまりリーパーが活動するためには、有機生命体の生命エネルギーが必要ということか。

プロセアンはリーパーが現れるまでその存在に気付くことが出来なかった。
そのため突如現れたリーパーに為す術なく狩られていったのだという。
リーパーの目的はすべての有機生命の根絶というが、数千年では有機生命が再生する時間としては短すぎる。
となると、ある程度の文明水準を得た種族のみ対象にしているのだろうか。

ヴィジル曰く、プロセアンはリレイのシステムを解明するために、シタデルリレイへと繋がる小型のリレイを作ろうとしていた。
それがコンジットなのだという。
リーパーは侵略を開始するに当たってキーパーに信号を送信し、シタデルリレイを開く準備をさせる。
それを知った生き残ったプロセアンはコンジットからシタデルとキーパーにアクセスし、キーパーのシステムを改竄した。
今回ソヴリンが送った信号を改竄されたキーパーは無視し、まだシタデルリレイを開けずに居るのだという。

サレンはコンジットからシタデルに潜り込み、シタデルをソヴリンに明け渡すつもりだ。

ヴィジルからシタデルのコントロールを一時的に奪えるデータを入手してサレンを追う。

コンジットの前まで来ると、ムービー。
シタデル宙域にある通常のリレイから現れるソヴリンとゲスの艦隊。
すべてのリレイに艦隊を配備していたんじゃないのか!?
リレイから現れたということは、必ずどこかのリレイを通過してきているはず。
シタデル内部はコンジットから侵入したサレンの手で制圧済み。
一方的に落とされるシタデル艦隊。

こちらもコンジットを通ってシタデルへ。
制限時間は40秒。
コンジットの手前にコロッサスが4体。
攻撃あんま喰らってないのにバリアががんがん剥げるんですよね。

しかし、コンジットって必要なものでしたかね?
サレンが当初からソヴリンに従っていたのなら、コンジットなぞ探す必要はない。
スペクターなのだから直接乗り込んでシタデルを制圧してしまえばよかった。
ゲスという強力な手駒があるのだし制圧は容易だったはずだ。
大いなる遠回りだな。
コンジットというものの正体が分からず、それがシタデルリレイ起動の妨げになっている、ということをソヴリンが知っていたのならばコンジットを探す意味もあるだろうが。実際にはただのリレイだし。
コンジットの存在を知ったのはビーコンから情報を得てからだろう。
ビーコン自体、リーパー襲来への警告でしかないのだから、侵攻の妨げになるようなものではない。
コンジットについても大した情報は無かったはずだ。
どうしてあれほどの戦力を持ちながら、ここまで慎重にことを進めねばならなかったのか。
ヴァーマイアでは自身を“絶対的な存在”と言っていたのに。
分かんないですねぇ。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




さて、シタデルにもどると、評議会はすべてのリレイに護衛の艦隊を配備。
アイロスにはどれだけ行くのかたずねると、ミューリレイはテルミナスの奥深くにあるから、艦隊を派遣すれば全面戦争になるという。

全面戦争?だれと?バタリアン?

私が行きますというと、「ヴァーマイアで核爆発を起こしておいて!」と言われるが、あの作戦を立てたのはサラリアンだが。
お前らの管理下だろうが。

どうやら評議会はこの期に及んでコンジットについてもリーパーについても評議会は存在を認める気がないようだ。

ノルマンディーのシステムをロックされ、不貞腐れるシェパード。
そこへ大佐から連絡が入る。
フラックスへ来いというので向かう。

途中エレベータの中で、カホク提督の死について公表されていましたが、死因は老衰。
この期に及んでまだ情報操作が・・・・・・

さて、大佐に会うと、大佐はアイロスに行けという。
ノルマンディーのシステムは管制局がロックしているが、大使の要請で行なわれたものなので、その要請を取り下げれば解除できるという。
方法は二つ。
管制局に乗り込み、ロックを解除するか、大使の端末から解除するかのどちらか。
お好きなようにというと、大使の端末から解除するという。

ノルマンディーに戻り、解除を待っていると大佐が大使館の大使の部屋で大使をノックアウトしてロックを解除。

アイロスへと向かう。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




ヴァーマイア到着。

ここはリゾート地なのかね?
南国の雰囲気。
なにか蟹っぽいのがいっぱい居ますね~
キャノン砲で吹き飛ばし、轢き殺ししながら進む。サルは殺したら怒られたのに、蟹には何も言わないなんて!

美しい海。でも浅瀬の一歩先は奈落の底へと通じる深い海。
3つ目のゲートを越えて、まっすぐ進んでると仕切りが無い場所があるんですよ。
これが道かなと思って進むとゲームオーバー。
何が起きたのか一瞬分からないのですよ。紛らわしい。

さて、サラリアンの部隊とも合流。
サレンはクローガンの繁殖を防ぐためにサラリアンが撒いた「ジェノファージ」の治療薬をここで開発しているらしい。当然レックスと揉める。
サレンにいいように使われているだけだ!ということで和解。

キラヒー隊長に話しかけると、ケイダンかアシュリーか、どちらかを貸してくれと言われる。
これは死亡フラグか!?とどちらにすべきか悩みましたがケイダンを残すことに。さよならだよケイダン。
キラヒー隊長が立てた作戦というのは船のエンジンを改造して爆弾にし、それを施設最奥部に設置。
施設正面からサラリアンの部隊が攻撃して、敵をひきつけた上で、シェパードたちが施設裏手から潜入。
対空砲を停止させ、ノルマンディーで爆弾を設置して離脱。
というもの。

さて、内部へと進むとサラリアンに襲われる。どうやら洗脳されているようだ。
セキュリティコンソールがあるので、とりあえず警報をきるだけにする。どれだけ出てこようと最早我々の敵ではない。
監房らしきところに出るとサラリアンの特殊部隊員が捕まっている。
出してくれと言われるが、出さないでいると勝手に頭をぶつけて死ぬ。何がしたかったんだ。

奥へと進むと再び監房らしき場所に出たので、寄ってみる。
ここに居るのもやはりサラリアン。
一人だけまともに会話できたので、解放し逃げるよう伝える。

内部の研究所では、ハスクを使ってアサリとクローガンの学者が何かを研究中。
イベントもなければ話す間もなく戦闘に入るので、何を研究してたのやら。
ジェノファージの治療薬ではないよなぁ・・・・・
ハスクに生殖機能は無いだろうし。

さらに奥に進むとアサリ神経学者ラナ サノプティス登場。
話を聞いてみると、ここでは有機生命体に対するソヴリンの影響を研究しているのだという。
サレンは自身もソヴリンに洗脳されることを恐れ、どの程度までなら問題ないのか研究しているらしい。
ってことは洗脳をしてるのはソヴリンか。

ラナにもらったカードでサレンのプライベートラボへ。
ラボにあったのはビーコン。
調べてみると再びイメージを受信。
2階へと上がってみると、ソヴリン登場。
どうやらこいつがリーパーそのものだそうだ。

マス リレイもシタデルもリーパーが遺したものだという。
リレイを遺したのはなぜかを聞いたのに、「我々の敷いたレールの上を走る」って。
リレイは移動手段であって、文明の振興にはあまり関係がないような気がするんですが・・・・・・・
だってその仕組みを理解し、創造することができなければそれはただそこにあるだけのもの。
文明の程度は何も変わらないんだし。
何でこんなことをするのか聞くと、「お前たちには理解不能」って。
答えになってないから。会話スキルも無いようなものが神様気取りとは笑わせる。
全知全能だというならまず動機を理解させて見せろや。と馬鹿にすると突然ラボのガラスが砕け散る。

ジョーカーからソヴリンがこちらに向かってきている旨を聞き、爆弾のセットを急ぐために繁殖施設へ。

もうここまで来ると最強装備。
デストロイヤーだろうがジャガーノートだろうがすべて一撃。ロケット弾が命中してもびくともしない。

無双状態で繁殖施設までたどり着くと、ノルマンディー登場。
爆弾をセットしていると、ケイダンから通信が。
対空砲タワーで交戦状態にあるという話。
助けに行くことにすると、途中でアシュリーからも通信が。
ゲスを食い止められそうに無いので、爆弾を起動したという。

ここでどちらか一方を助けに行くことになるわけですが・・・・・・・・
アシュリーを助けることに。
ぶっちゃけアシュリーが気持ち悪いので、ケイダンを優先したいところですが、英雄の行いとしてどちらが正しいかを考えた結果こちらを選択。

助けに行くとサレン登場。
サレンは有機生命を救うためにソヴリンと手を組んだのだという。
おとなしく従えば絶滅させられることは無い、と。
ならなんでさっきソヴリンは理由を答えられなかったよ。
理解不能であるということは、こちらの価値観の尺度では測ることが出来ないということ。
取引など成立するはずも無い。
ソヴリンはコンジットを見つけ出すために、サレンを必要としているのだという。
全知全能の癖に、その程度のことも自分じゃ出来んのか。
物別れの結果サレンと戦闘となるも、余裕で勝利。したはずなのに向こうはぴんぴんしてるとはどういう了見だ。

しかし・・・・・・・ケイダンを見捨てる理由がなかったような気が・・・・・・・
だって仲間は6人。
2人ノルマンディーに残ってるんだから、そちらがカバーに回ればいいだけの話。
3人で施設を制圧できるくらいなんだから、問題なく出来るはず。なんで見捨ててるんだか・・・・・・・・

ノルマンディーに戻ると、またもやリアラが精神の融合をさせろという。
結果分かったのは、ビーコンのイメージはプロセアン帝国全土に発信されたリーパーの警告であること。
コンジットはアイロスにあること。
アイロスに行くにはミューリレイを使うしかないこと、が判明。

艦隊が待ち構えているだろうから増援が必要だ、というので一旦シタデルに戻ることに。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




さて、残っているアサインメントもあとわずか。
アサリの駆け引きってのが残ってるので行ってみる。
しかし・・・・・・ここは以前来てるが。
あのときには何事も起きなかったはずだ。

マップを見てもやはり探索済み。

要塞に来ても誰も居ない。

再度内部を探索すると、デスクを調べ忘れていたようだ。
でも前回来た時も、隈なく探索はしたはずだが・・・・・・しかもこんな目立つフラグを立て忘れるなど・・・・・

さて、フラグも立て終えたので、続いては放置していたサーベラス科学者のところへと向かう。
トゥームス伍長よ、待っていてくれ。

オンタロムに到着し、施設へ向かうと待っていてくれました。
会話スキルを使って…と思ってたらまだ選べない選択肢が。
パラゴンが足りない?チャームは後3ポイントでフルという状態なんだが・・・・
「私が手を下す」という選択肢は選べたので、伍長の代わりに科学者を撃ち殺す。
スペクターだから何やっても良いんだって。
やはり戦友が死ぬのは忍びない。

トゥームス伍長は無事第5艦隊に収容されたそうだ。
良かった良かった。

一旦シタデルに戻り、残っていたフラグを片付ける。
クリニックへと行くと、またもやドクターが脅迫されている。
「あなたはいつも脅されているな」て。
ドクターの代わりに医薬品を届け、脅迫者を銃で脅迫して引き下がらせる。
ドクターの元へ戻り、脅迫者だという「アーミスタン ベインズ」について訊いてみると、昔の同僚だという。
大佐が何かを知ってるのではないかと、大使館へと向かい大佐にベインズについて訊いてみる。
大佐曰く、ベインズはすでに死亡しているという。
ベインズは極秘任務についていたが、ある日漂流中の船の中で死体が発見された。
軍上層部は犯罪との関与を疑ったが、公式調査はなされなかった、と。
ベインズについてはカホク提督に聞け、って・・・・・・・もう死んでるんですけど。
っていうか大佐なのに、提督が死んだことすら知らんのか。

結局真相は闇の中、か。
2で明らかになるんでしょうか?


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




ストレヌス星系、ザウィンに中々着陸できない。
何故かと思ったら、近くにある未確認物体を確認しないとフラグが立たないんですね。

ということで早速着陸。

ゲスの仕掛けたトラップビーコンに振り回されたり、残骸の回収に行って「この辺ムカデが出そうだな~」と思いつつ少し待っても出てこなかったので安心して残骸を回収したら、突然ムカデが現れて死に掛け、ノルマンディーに緊急退避したりしながら宙賊のアジトへ到着。

もうヘビータレットごときじゃ怯まない。

あっという間に片付け、内部も制圧。
ウィレム艦長の遺体を発見。
あとはシタデルタワーに行ってゲイロスを見つけるだけか。

しかし何で宙賊はこの人の死体をここに運んだんだろうか?
別に船に放置しとけばいいものを。
わざわざつれてくる理由としては、この人が実は宙賊の仲間、というくらいかな。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




スティックス シータはアケロン星系、アルタヘにやってきました。
今回のミッションは不明。
マップを見ると観測基地、とだけある。

近づいてみると、ありますラクナイの巣。
出てくる数は総数12と少ない。
あのラクナイの巣の間にあったのは、確かサルの・・・・・・・

中に入るとやはりラクナイ。久しぶりに出てきたよラクナイワーカー。
一度たりともまともに姿を見たことがない。出てきてすぐ自爆するので。
ねずみっぽいのか、フナ虫っぽいのか。どちらかだと思ってるんですが。

奥にある部屋にはラクナイの卵らしきものがいっぱい。鮫っぽい卵だな。
イベントを進め、あとで孵化されるとメンドイので先にすべて破壊。
ターミナルを開くと、どうやらここのラクナイの襲撃は物資補給の貨物船到着と同時に発生したらしい。
貨物船が出発したのはアルゴス ロー。
ゴルゴン星系シグマ23から来たもののようだ。


ということでアルゴス ローのゴルゴン星系へ。
未確認宇宙施設があるので乗り込んでみる。
中にはやはりラクナイ。
どうやらこの施設では宙賊対策として警戒中パトロール中にラクナイを発見したようだ。
ノヴェリアで言っていた漂流中の船から見つけた、というのはここのことなのか。
この件についてサーベラスから増援が来たらしい。
ノヴェリアで開発していたラクナイをフィールドテスト用として引き受けたが、それが脱走し、補給船でこのステーションから脱走したそうだ。
ラクナイは船の操縦が出来るのか。まぁ「ラクナイの船」って言ってた位だから当然か。
でもクィーンとの意思疎通が出来ないと、自我形成が成されないんじゃなかったっけ?


これ以上のラクナイの脱走を防ぐために、船を爆破することに。
絶対そうだとは思ったけど、タイマー入れるとラクナイが沸いてくるのね。
時間は1分10秒という非常に半端な時間。
内部が複雑なので一気に駆け抜けないと間に合わないかも。
出てくるラクナイワーカーを踏みつけながら駆け抜ける。それでも45秒掛かりました。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« 前ページ