例えそれが誰かの利益になるのだとしても、自分でそれを為そうと決めたのならそれはすべて自分のためでしかない



安部総理の所信表明。
全文を読んだわけじゃないですが、“経済再生”に注力することを明確にされたのは非常に素晴らしい。
以前は「美しい国」などとはとぽっぽ並みのお花畑思考なのだと感じましたが、現状をきっちり把握して優先順位付けが出来る、というまぁ世間では当たり前の思考なんですが、それができるという点は政治家としては珍しいのではないでしょうか。

今この国が抱えている問題は数多くあります。
が、何をやるにもまずは「金」。
それがないと何も出来ないのだから、経済再生が最優先事項。
にも関わらず改憲だのなんだの優先順位的にはどーでもいいようなことを第一に持ってくる老害が多いこと。
自衛隊は現憲法下でも運用可能なんだから、そんなもん「強い国」になってからで十分だろうに。
今経済再生がかなわなければこの国は沈むだけだ。

そんな中でこのニュース。

金融緩和の「副作用」懸念=海江田氏、アベノミクス追及―代表質問スタート (時事通信) - Yahoo!ニュース

 安倍晋三首相の所信表明演説に対する各党代表質問が30日午後、衆院本会議で始まった。第2次安倍内閣発足後、国会での論戦は初めて。民主党の海江田万里代表は、政府と日銀が共同声明に盛り込んだ「物価上昇2%」を目標とする金融緩和政策について「国民生活への副作用も無視できない」と懸念を表明。公共工事に重点を置く2012年度補正予算案に関しても、「巨額の財政出動を今後も続けるつもりか」とただし、首相の経済政策「アベノミクス」を追及した。http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130130-00000079-jij-pol

この国をここまで追い詰めた連中の言うことじゃないよな。
順調に減らしていた国債の発行額を増やして、ろくな景気対策も打たず、金はどこからともなく湧いてくる的な発想でとことんこの国をボロボロにしてくれた。
ホント良かったよな。売国行為に罰則が存在しない国で。

確かに安部総理の経済対策は不安も感じる。リスクが大きすぎやしないかという不安。でもこれだけ大きな博打を打たざるを得ない状況になったのはどうしてだろうね?

駄目なら駄目でもうどうしようもない。でも起死回生のチャンスは確かにある。ミンス政権ではそのチャンスすらなかったんだから。私はそのチャンスはモノにできると信じる。

消費税問題は引っかかるけど。

課税品目を分けるくらいすぐ出来るだろうに…食料品や日用雑貨といった「一般的なスーパーマーケットで販売されているようなもの」は税率維持すべきだと思うがな。「間に合わないから出来ない」ってのは政治家および官僚の怠慢だと思う。なんのためにそんな高い給料もらってんの?仕事でしょ?やれよ。品目の分類なんて1人でも10日あればできるだろうが。8%にするまでまだ一年以上もあるのにね。何で出来ないの?
まあホントに無能すぎて出来ないって言うなら「原価償却」の対象を流用すれば良いだけ。はっきり決まってるんだからさ。そんなことすら出来ないの?




コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )