例えそれが誰かの利益になるのだとしても、自分でそれを為そうと決めたのならそれはすべて自分のためでしかない



雑記帳 全国かぶと虫相撲大会 山形県中山町

山形県中山町で28日、「全国かぶと虫相撲大会」が開かれ、小学生ら430人の自慢の「力士」が出場。高さ約70センチの棒を土俵に、トーナメント方式で熱戦を繰り広げた。(続きは
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090628-00000013-maip-soci

これは…7歳でこの状況はトラウマものだろうな…
俺なら泣く。
カブトムシなんだから、こういう状態になれば飛ぶものだってわかってるのに、ケースの中でやるとかそういう対策は一切ないんだろうか?
屋内でやっているようだから、また捕まえられたんだろうが…一切書いてないな。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




新OS、事前予約なら半額=更新版が対象-米マイクロソフト

米マイクロソフトは25日、10月に発売する次期基本ソフト(OS)を事前予約した場合、通常価格の半額以下で購入できるサービスを提供すると発表した。日本では26日から7月5日までインターネットで受け付ける。
 「ウィンドウズXP」や「ウィンドウズ・ビスタ」の使用者が対象で、家庭向けの「ホーム・プレミアム」への更新版は、定価1万6590円が53%安の7777円になる。(
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090626-00000012-jij-int

この

今なら半額!!

って言葉に弱い。
なんだか随分安くなったような感じがしますね。OSってこんなもんでしたっけ?
この価格なら乗り換えてみたいような気がしますが…サクサク動くって話だったし。

今使用しているPCのOSはテレビ代わりのデスクトップがXP HomeのSP3、仕事用ノートがXP ProfessionalのSP2、自分用セカンドノートがVista Home Premium SP1の64bit版だったかな。セカンドノートはVistaながら結構サクサク動くんで、32bit互換モードでも動かないソフトが結構ある点を除いてはさして問題は無い。ってまあそれが一番大きな問題ですが。

テレビ用デスクトップはもうかなり古い型なので放置。仕事用もいじるわけにはいかないので放置。セカンドノートを乗り換えますか。
紹介記事を読んでるとVistaと大差ないような感じですが…

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




<石綿発がん性>政府、60年代に認知 早大教授らが調査

 政府がアスベスト(石綿)によってがんになることを認知した時期が遅くても1960年代前半までさかのぼることが、村山武彦・早稲田大教授(リスク管理論)や「中皮腫・じん肺・アスベストセンター」(東京都江東区)の名取雄司所長らの調査で分かった。22日に全国で発売される「アスベスト禍はなぜ広がったのか 日本の石綿産業の歴史と国の関与」(日本評論社)で明らかにした。政府の発がん対策の検証では70年代以降しか公表されておらず、石綿被害拡大の原因を探る上で注目されそうだ。(続きは
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090622-00000010-mai-soci

政府が石綿の発がんの可能性に言及して指導したのは71年。本格的な規制は吹き付け石綿を原則禁止にした75年だった

はずなのにマスゴミ含め大騒ぎしだしたのはつい最近ですよね?
私が中学時代に習ったような内容を。

「アスベスト禍はなぜ広がったのか」?

んなもんあまりにも自分たちの周りに存在する物に対して無関心だったからでしょ?
知られていない頃のことは仕方が無いとして、政府に責任があるとすれば石綿の発ガン性が周知され始めた60年から実際に禁止した75年までの15年間。その間に石綿を使用する産業に従事していた方は国賠請求しても良いと思う。周辺に住んでた人もかな。
ですが、それ以外の者に責任を追及する資格は無いと思う。

まあ何にしても国の対応って遅いですけどね。
どうして15年もかかったんだか。って大体のところは想像付きますけど。
狂牛病にしても存在が知られてから、実際に国内で発生するまで15年以上何もしてなかったわけだし。
今年の新型インフルの対応については迅速すぎてびっくり、という感じですか。過剰反応ではありましたけど。
石綿や狂牛病も過剰反応でしたよね。今更なことに大騒ぎ。
狂牛病になる可能性を恐れるくらいならインスタント類はすべて避ける、添加物もすべて避ける、くらいはすべきでしょうに。そういったものでガンになる可能性のほうがはるかに高いんだから。添加物ががんがんに使用されている物を食べながら、狂牛病が怖いて。石綿にしたって建物に使用されている程度のことで中皮腫になる可能性より、違う要因でガンになる可能性のほうが高い。タバコ吸ってんのに石綿が怖いておかしくないか?
マスゴミに取り上げられている物だけを恐れるんじゃなく、自分の周りに存在しているものすべてを恐れるべきでしょ?そのものがどういった影響力を持つのか、何を導く可能性があるのか、今はネットでほとんどのことは調べられるんだから。

まあなんにしてもあらゆることで「国が悪い」とかって風潮はどんなものでしょうかね?
自助努力とかって言葉は少しくらいは頭の中にあってもいいんじゃありませんか?


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




米の小児心臓移植、日本人患者に高額請求…4億円前払いも

 
日本人の心臓移植希望者を唯一受け入れている米国で、日本の小児患者が移植費用として、1億6000万円を請求される症例が昨年あったことが17日、わかった。

 今年3月には、医療機関へ事前に支払うデポジット(前払い金)として、別の小児患者が4億円を求められた。値上げの理由について、医療機関は明らかにしていないが、米国でも臓器不足は深刻なため、外国人の医療費を値上げすることで自国の待機患者の不満を解消するなどの意図があるとみられる。
(続きは
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090618-00000016-yom-soci

これは仕方ないですよね。WHOからもそういう話が出てましたし、私たちがミンスに対して「いったいお前らどこの国の政党だ!」と思わずツッコミを入れてしまうように、アメリカはアメリカで自国民を守らなきゃいけない。
外国人が金の力で一人割り込めばずっと待っていた自国民が一人死ぬわけだし。
反発を考えるなら仕方が無い選択でしょう。

とはいえこの状態がいいわけじゃない。
現在日本の心臓移植待機人数は100人を超えてると聞きます。そもそも対象外の子供をいれるともっと多いはず。その人たちに「死ね」と言うわけにはいかないんだから。
ようやく今日

一転、臓器移植法案「A案可決」賛成263票

 子供の臓器移植に道を開くかどうかが焦点となっている臓器移植法改正4案は、18日午後の衆院本会議で採決が始まった。臓器移植をめぐる法案の採決は平成9年以来12年ぶり。採決は国会提出順にA~D案が採決され、最初に採決にかけられたA案が263票と過半数を得て可決された。反対は167票だった。今後、参院で審議されるが、A案を成立させる流れが強まった。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090618-00000552-san-pol

ということで海外での移植の主な理由であった子どもの臓器移植の道が開ける可能性が高くなりましたが、やはり死生観の問題もありますし狭き門であることに変わりは無い。
さてどうなりますかね?

ここからは私個人の死生観。

私は長生きしたいとは思わないし、ただ「生かされている」くらいなら死んだ方がマシ。表示カードもばっちり。親もきちんと説得済みなので何かあったらすぐ提供することになります。今の法律では死んでしまえばもう「物」としてしか扱われませんが、私は他の命を繋ぐ事が出来る可能性があるから提供するのであって「物」でしかないのだから、というわけじゃない。
自分自身の命を繋ぎとめることが出来ないのなら、他の命を繋げられれば良い。
親と子、という世代間の関係も、本来はそういうものだと思うんですけどね。
まあそれが嫌な方も多いようですが…
一つの独立した命であるのだから、それはそれで完結させたいんでしょうね。

なんか凄まじくちぐはぐな文章になりましたが、私はもっと移植の機会が増えればいいと思う。
「良いこと」だからじゃなくてそれが本来人と人のあるべき関係だと思うんで。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




何でもありんす様-【社会】結婚を間近に控えた女性、強姦され4日後に自殺…被告の厚地重宏(22)に懲役7年 - 大阪地裁

余罪込みで3件やらかして、しかも強盗までしておきながら懲役7年?
一方宇都宮ではテレクラで物色しあってた者同士なのに男のほうに懲役28年でしたか。
量刑の仕方って結局どうやってるんでしょうね?
どう考えても大阪の件のほうが数百倍悪質なのに。
被害状況とか鑑みて決めるべきことじゃないんですか?

むやみに刑を重くしろというんじゃない。痴漢と同じで女に謀られたら男には抵抗する術がないから。でもこの状況でこの量刑はなくないか?
明らかに強制であることがわかっていて、被害者は自ら命を絶っていて。
私はその“行為”より“状況”が量刑に用いるべき基準だと思う。
裁判員制度で変わるんですかね?この基準。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




迷える小泉チルドレン…不出馬、国替え、他党秋波に反応も

2005年衆院選で小泉首相(当時)が巻き起こした旋風に乗り初当選した自民党の「小泉チルドレン」が次期衆院選に向け、苦境に立たされている。
 与党が衆院で3分の2超の議席を持つ現状に「数」で貢献してきたチルドレンの消長は政局の一層の混迷を予感させる。
(続きは
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090606-00000998-yom-pol

不出馬が当然でしょう。
国政を担うだけの力量も覚悟もなく、完全に小泉改悪の余波で当選しただけの色物ですから。
最近世襲議員についていろいろ話題になっていますが、こんな連中をさらに増やす気ですか?どれだけ存在が無意味だったかをはっきり見せてくれたというのに。

私は世襲議員については反対じゃない。
院政を敷かれてしまう危険性は高いが、それは世襲でなくとも同様。
何らかのコネがなければやっていけない現状では、新たに国政に参加したものは誰かの操り人形であるしかないんだから。
世襲に反対でない理由はもうひとつ。
期待を背負ってやってきているわけだから、最低限の実力と覚悟は持っている可能性が高いというところ。まあただのボンである可能性もありますが。

世襲であることに問題があるんじゃない。
とりあえず「数さえいればそれでいい」という今のシステムに問題がある。
議員定数はもっと減らしてもいいでしょう?
今の定数ではまさに玉石混交。国政を担うのにそれじゃ困る。必要なのは玉だけ。
もっと数を絞れば必然的に玉の割合が増えるはず。
確実に“そう”とは言えないあたりがこの国の駄目なところですけどね。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )