例えそれが誰かの利益になるのだとしても、自分でそれを為そうと決めたのならそれはすべて自分のためでしかない



安保法案反対、全国で一斉デモ 国会取り囲み廃案訴え (朝日新聞デジタル) - Yahoo!ニュース

  参院で審議中の安全保障関連法案に反対する市民によるデモが30日、東京・永田町の国会議事堂前や周辺を埋めた。主催者発表によると、参加者は12万人で、安保法案をめぐる抗議行動では最大。参加者が歩道からあふれて、警察側が車道を開放した。市民らは国会議事堂を真正面に見据えた車道に帯のように広がり、雨の中、「戦争法案廃案」「安倍政権退陣」と叫び続けた。http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150830-00000033-asahi-pol

一度訊いてみたい。
戦争戦争と訴えてるが、この人たちはいったい何処と戦争がしたいんだろう?

うちの姉もそうですけど。
安保法案賛成=戦争に行くってことになるらしい。
民主党政権になった時に、民主党に投票した時点でバカだとは思ってたが、真性のバカだったわ。

農家的な比喩で説明すると

①スイカ畑があります
②イノシシやタヌキやカラスに荒らされてしまうので、金網で柵を建てました←現安保
③タヌキやカラスは防げるようになりましたが、イノシシは身体が大きいので、金網を倒せることが判りました
④イノシシ対策に電気柵を設置することにしました←改正安保
⑤これで安心だと話していたら、突然『銃を持ってイノシシを撃ちに行くなんて非人道的だ!』などと隣人が騒ぎ出しました←これが安保反対派

という感じですね。
電気柵を建てたらなぜか銃でイノシシを撃ちに行くことになるという、謎の理論の飛躍。
脳に障害があるとしか思えないんですが。
 

今の日本がどこかに戦争を仕掛けるメリットは全くない。
経済のほとんどを輸入輸出に頼っているのだから。
戦争など仕掛ければ瞬く間に干上がってしまうだろう。

経済的な理由がなくとも、日本が戦争へと動けばまずアメリカが黙っていないだろう。
アメリカにとって日本は常に管理下になければならないからだ。

よって

日本から戦争を仕掛けるという選択肢は皆無

だ。

ならば他に戦争状態になりうる可能性は何か。
答えは一つ。
日本が宣戦布告を受けた場合だ。

つまり安保法案に反対する人々は宣戦布告を受けた場合、自衛隊員だけに犠牲になることを強いるか、戦うことなく侵攻してきた相手に恭順するかを選ぶということなのだろう。

自衛隊も違憲だと言ってるのだから恭順を選ぶというのが唯一の選択肢か。

要は強盗に遭った場合、抵抗せずにすべて渡してしまうわけだ。
上記の比喩で言うと、スイカ畑をどれだけ荒らされようが一切対策は打たないということになる。
つまり自分の糧を得るための手段を放棄して、飢え死にするのを待つつもりなのだろう。

救済など存在しない。救済の手(安保)をはねのけたのは自分たちなんだから。
強盗が何かを恵んでくれれば生き残れますが、人から力任せに奪うような連中が何を恵んでくれると思ってるんだろう。

まあ、自分たちが勝手に飢え死にしてくれるのは構いませんが、こっちまで巻き込まないでほしいものです。
飢え死にする気なんて皆無でしょうけど。ハンストなどと言っておきながら、ジュースOK、差し入れうはうはなハンストなんぞありえんわ。
 



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« ひっどいな しっぽきりで... »