例えそれが誰かの利益になるのだとしても、自分でそれを為そうと決めたのならそれはすべて自分のためでしかない



PS3が欧州で発売、日米に比べ反応は冷ややか

ソニーの新型家庭用ゲーム機「プレイステーション3(PS3)」が欧州で現地時間23日午前零時に発売されるのを受け、英ロンドンでは店頭に寝袋持参で待ち構えるゲームファンの姿も見えた。
 ただ、徹夜組を含む多くの人が行列を作った昨年の日本と米国での発売時に比べ、熱狂感はさほどみられない。
 ロンドンの各主要店舗の前では、22日早くから行列を作っているゲームファンはごく少数。発売開始が深夜になることで、警察はゲーム機購入者が強奪の被害に遭うことを懸念している。
 ヴァージン・メガストア前の行列の先頭は、21日午前5時から待っているという学生のリタツ・トーマスさん(17)。周りの友人の多くもPS3に関心を持っているものの、425ポンド(約9万8500円)という値段が購入のネックになっていると指摘。「彼らは買いたいんだけどお金がない。多くの人がWii(任天堂の新型家庭用ゲーム機)とXbox360(マイクロソフトの新型家庭用ゲーム機)の組み合わせを選んでいる」と述べた。
 英国では「Wii」が180ポンド、「Xbox360」のベーシック版が約200ポンドで売られており、両方購入してもまだ「PS3」1台より安い。


高いですね~。
9,5000円は無いっしょ。
しかも互換性も低いって話だし。
Wiiと白箱を買ってもまだお釣りが来るって価格設定はどうかと思います。そもそも次世代機のスペックをフルに発揮できる環境が整って無いとあんま意味が無いですし、日本と違って白箱のシェアも結構あるみたいなんで、一通り必要なソフトは白箱で出てますからねぇ。かなり厳しいでしょうね。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« 親子 徳って言葉は... »