例えそれが誰かの利益になるのだとしても、自分でそれを為そうと決めたのならそれはすべて自分のためでしかない



難民受け入れ、相次ぐ表明=欧州域外で広がる支援 (時事通信) - Yahoo!ニュース

 シリアなど中東からの難民が欧州に殺到する中、オーストラリアや南米各国で、受け入れを表明する動きが広がっている。

 豪州は新たに1万2000人を受け入れるほか、ベネズエラも2万人を迎える方針だ。これらの国の多くは原油など資源価格の低迷で経済の先行きが不透明だが、人道的な観点から難民問題に取り組むべきだという認識が広がっている。http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150909-00000074-jij-int


あの一枚の写真が世界の認識を変えた―――

どれだけ人が一時の感情に流されやすいかを、よく表した出来事でしたね。
わずか3歳の少年の死。
それは確かに、今シリアの人々が置かれている状況がどれだけ劣悪なものなのかを示していた。

でも、自国内で救われない子供たちのことは無視ですか?

貧困で途方に暮れる子供。
虐待で泣くことすら忘れてしまった子供。

そんな子供たちが自分たちの国の中にはいないのですか?

人道を謳い、“困っている者”に手を差し伸べる。
それは決して悪いことではない。
でもそれは自己満足以上の何物でもない。

先日ハンガリーのカメラマンが難民の子供を蹴ったことで非難を浴びていますが、多分、あれはそう遠くないうちに難民を受け入れた国々の民意になる。
今でこそあのカメラマンを非難している人々は、手のひらを反して難民を受け入れた政府を非難すると思う。
人道という耳当たりの良い『夢想』に浸るのは気持ちいいのだろう。
でも実際に存在するのは生活を侵していく難民という『現実』だけだ。

人は羨む生き物だ。
それは必ず嫉妬を生み、軋轢を生む。
持てる者を持たざる者が羨む。
それはいずれ犯罪やテロ、そして戦争の原因となる。

『アラブの春』などという民主化運動の結果がすべてを物語っているのに、なぜ未だに誰も直視しようとしないのだろう。
あれも“民主化”などというお題目はあれど、結局「持てる者を持たざる者が羨んだ」だけのもの。
その表面上のお題目に“「人道的観点から」欧米がのっかった結果、リビアは無政府状態となって多くの人権が蹂躙される世界になり、シリアは未だに内戦状態。

本当にそれが“人道”だったのか?

今回の件で、欧米はまた新たな禍根の種を播いたことになる。
政府は民衆の間で燻る不満を逸らすために、愚策を打ってくることだろう。

日本も難民の受け入れを、などという話があるが、おそらく日本人の大半もそれに賛同するだろう。
が、そのために「消費税を30%にします」といえば、大半はくるっと手のひらを反して、難民受け入れ反対派になると思う。 
8%だの10%だのであれだけ大騒ぎするくらいだ。人道などと謳っていても、自分たちに負担が及ぶとなればあっさり見捨てる。 

問題なのは『想像力の欠如』だ。それをしてしまえば最終的にどうなるか。それを予測できる人間が少なすぎるのだ。
民主党に政権を渡してしまえばどうなるか。
あれだけ容易に予測できたのに、大半の日本人は周りの風潮に押し流されて、自ら情報を集めることもせず、この国の政治を10年後退させ、経済を完全に停滞させた。

それは民衆だけの問題ではない。
民主党議員はもちろん、自民党の議員も大半はそうだろう。

今、増税時の軽減税率とマイナンバーを結び付けて、『買い物するごとにマイナンバーカードを提示する』なんていうアホな提言をしているようですが、公の個人情報のすべてが紐づけされたものを、都度都度提示とかアホの所業としか思えない。
年金の情報ですらダダ漏れなのに、民間のネットサービスにマイナンバーを流せば、すべての情報が漏れてしまう。
おそらく、財務省の官僚の中にとカード読み取りの機器を製造する業者からリベートを受け取っている者がいるのでしょうが、これをすんなり通してしまう財務相もキチガイとしか思えない。まあ、自分で買い物する必要なんてない人なんで、想像なんてできないんでしょうけど。

軽減税率の品目ごとの処理が難しいから、なんて自分たちの怠慢をぬけぬけと言い放ち、「国民なんて想像力のないバカだから」と個人情報ダダ漏れのシステムを使わせる。官僚の懐を潤わせるために。

日本人ってある意味扱いやすい民族ですよね。
言われなきゃ気付けないんだから。

安保法案もそうですが、もっと現実を見て、その先にあるものを考えることが出来るようにしないといけない。
戦争法案戦争法案って、だからどこと戦争するんだ、と。

『平和』だの『人道』だのきれいなお題目に惹かれるのではなく、現実を見て、自分たちはどうするべきか、を想像するようにしましょうよ。
 



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« 話せば話すほ... この教授、有... »