例えそれが誰かの利益になるのだとしても、自分でそれを為そうと決めたのならそれはすべて自分のためでしかない



3月22日、ということでフルバ最終巻の発売日。
早速購入。

大団円なのは判ってましたが、やっぱりこの話はこういう終わり方が一番ですね~。
方向性が確定してから、ここまで話が続くってのも珍しいような気がする。キャラ一人ひとりにきちんと目を向けて描いてるってのは凄いですよね~。最近アニメにしても漫画にしても消化不良な終わり方の作品がほとんどですから。伏線を張ってあるキャラのすべてに簡単なものでもきちんとエピソードが用意してある。この優しさは作品そのものって感じですね~。高屋さんの人柄の反映でしょうか。
まっすぐ突き進んでいくような話の描き方。なんだか勇気付けられます。絶対学校の教材にしても恥ずかしく無いって!!文化省には是非検討していただきたいものです。

完結を機に、って訳かどうかは知りませんがアニメ「フルーツバスケット」DVD-BOXなるものも発売、ということでかなり安いので買おうかどうか迷ってます。ミュージックCD付属、というのも惹かれるんですよね~。ただ肝心の収録曲が不明。キングレコードのデータベースのお粗末さには呆れます。どうしても「セレナーデpf.solo.Ver.」は欲しい。大体DVD全巻購入特典って、フルバの存在を知ったときにはもう終わってるって!!
ということで入手できなかったので、BOXに入ってるようなら即買いなんですけどね。

フルーツバスケット 23 (23)

白泉社

このアイテムの詳細を見る


フルーツバスケット DVD-BOX

キングレコード

このアイテムの詳細を見る


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« タッキー 新型360 »