例えそれが誰かの利益になるのだとしても、自分でそれを為そうと決めたのならそれはすべて自分のためでしかない



確実に次回作があるってのは思ってましたが、もう随分前に情報が流出してたんですね~。「splinter cell 5」で検索かけても出てこなかったんでまだ発表されて無いんだと思ってました。さすが“海外では”大人気タイトル。PSPのエッセンシャルズを含めるとDAが5作目になるわけですが、一応convictionでsplinter cell 5という位置づけのよう。
ということで次回作のタイトルがわかったのでconvictionの意味を調べてみました。ってそれくらい知っとけって感じですが英語が本気で苦手なんで・・・・海外サイトを読むときはフィーリングで読んでますから!
わかんない単語ばっかりのときは辞書できちんと調べてますが。多少わかんない単語があるって時はとばして見てます。

conviction 
[名]
1 [U][C](…との)確信, 信念((that節, of ...))
2 [U]説得(力);納得
3 [U][C](…のかどで)有罪宣告をされること, 有罪判決((for ...))
4 [U]罪の自覚, 悔悟(かいご)

ということだそうです。
DAからストーリー的に続いてそうなタイトルですね。このタイトルからするとサムはまだNSAには復帰していないか、それともサラの死に応えてのタイトルか、ランバートが死んだ、と前提してのタイトルか、それとももっと深い意味が・・・エッセンシャルズにサラの一周忌に墓地を訪れるってシチュがあるそうですが、その辺からつながってるんでしょうかね?

っていうか意味が広いですよね。日本語で捉えるからそう思うのかもしれませんが。信念、悔悟。この辺の意味で捉えるべきでしょうか。
発売は2008年予定だそうで。早いですね~DAの発売が遅れたってのもありますが2年程度のサイクルで出してますし。カオスも日本語版の発売は2005年でしたっけ。でDAの発売が2007年。実際は1年半もあいて無いような気がしますが・・・カオスの発売が11月17日。DAの発売が2月22日でしたから。

convictionのスクリーンショットもいくつか流出済みのようです。中にひとつ気になるスクリーンショットが。あれは・・・ワシントンD.C.だよね…戒厳令が出ているかのような雰囲気。あれは気になりますねぇ。
どんどん雰囲気が重くなっていくスプセルですが、私はこういうの大好きなんでどんどん行っちゃってください!!と言いたい気分。やっぱりストーリーっすよ。ゲームの“質”を決めるのは。音楽も重要ですけどね、私にとっては。DAのOPムービーの音楽は良かった。ところで流出してる中にタイトルロゴがありましたけど、あれって決定稿ですか?これまでのタイトルに比べるとセンスが無い気がしますが。

とにかく発売が実に楽しみ。その前にモントリオール版がありますけど。
もう少し英語に強くならないとなぁ・・・
ubiの日本法人ももっと力を入れて販促活動してくれないかなぁ・・・


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




「タンカー強奪inオホーツク」も佳境に突入。
問題はこのリアデッキ。
リアデッキ周辺にいる乗組員は5人。基本この5人は無力化しないと後々面倒な上、気付かれずに通過できるとは到底思えないので、完全排除しなければならない。
 
とりあえず進行方向近くの二人は簡単に無力化出来るんですが、その奥の二人を無力化するのが非常に難しい。その原因は

↑こいつだー!!といっても見えませんね。この画像の右上にちっちゃく写ってるんですけど、こいつの視力が尋常じゃない。一人無力化するたびに警戒して降りてくる。どんな目してるんだか。こいつの目をかいくぐって無力化が非常に難しいんですよ!何度リトライしたことか・・・
とりあえずこいつさえどうにかできれば後は簡単。「残り何人、遅いぞ」という茶々を入れられながらも進む。残り7人だったか8人だったかの時に茶々を入れられて「シャラップ!」と返すサムに同情。
助けを呼べないようにアンテナの通信を切断せよ、とのことなので上を目指す。
一番上までたどり着いたら警備が一人いるので当然絞める。
 
あとはアンテナに上っていじるだけ。
まずはランバートに連絡。JBAの信頼を保て、と言われて「奴らオレに殺戮を命令してるんだ」と返したサム。
 
それに対するランバートの返事は

「わかってる」

……それだけかよ!!
なんてひどい連中だ!と怒りつつもしょうがないので進む。なんだかサムが哀れになってきました。
 
とりあえず本来の目的を果たしたら、ブリッジの乗員を始末するべく煙突へ。
 
煙突内部に侵入したら、インタラクト表示が出るのでグレネードをぶち込んでしまえばOK。あとは先へ進もうとするとブリッジの乗員を始末した、ということなので通気口からでもブリッジを通り抜けてでもいいので進んでみる。
船長が船を沈めようとしている~というので追いかけて船の前方へ。乗ってきたときにはコンテナがあって通れなかった所が通れるようになるので、乗組員をのしつつ侵攻。ここで厄介なのが見張り台にいる奴。甲板をうろついている乗組員を始末するのは簡単なんですが、はるか上から見つけて狙撃してくるんですよね~。最初どこから撃たれてるのかさっぱりわかりませんでした。

とりあえず狙撃して始末する以外の方法が思いつかない…
あとは船長を追いかけて下部デッキへ侵入。乗組員を始末しまくって最下部へ。
 
スティッキーショックで撃ったら気持ち悪い体勢で気絶したので貼ってみる↑
あとは正面ドアを抜けてファンを停止させバラストタンクから船長のいる部屋まで泳ぐか、端のほうにあるドアから廊下を抜けていくか、ですが廊下を抜けたほうがやりやすいです。
見つかると発炎筒を投げ捨て、爆発してゲームオーバー。
下からの接近だと柵を越える時に気付かれやすいんですよね。
 
たまたま発炎筒を床においてくれたんでクリアできましたけど・・・

あとは上部デッキまで戻ってヘリで脱出。ヘリポートにトラップドアがある、ということはおそらく簡単に戻るルートがある模様。ずっともときた道を戻ってました。
ということで今回の評価。

初めてマイナス脱出。20%という散々な数字ですが、これでもハイスコア。我ながら凄いわぁ、と感心。破壊したライトが1になってますけど壊した記憶が無いんですよね~もしかして氷壁を爆破したときに一緒に壊れたんでしょうか?

話は変わってモントリオール版DA。PS2で出るのはわかってるんですが、カオスであれだけ画質に差があった、ということは当然今回も相当差がある、ということで何とか入手したいところ。欲しいDVDが国内に無い、という話をしたところ、英語に堪能な親切な方が頼んでくれる、ということなのでついでDAも頼んでみようかと・・・北米版でも国内機で動くということなんで。
アメリカアマゾンで見たら、88%がXbox版DAを買ってるんですね~。これなら入手も容易かな。

スプリンターセル 二重スパイ公式サイト



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




「タンカー強奪inオホーツク」はまだまだ続く。
氷点下の海へとダイブした凄腕サムおじさん。
エンリカとの会話。
「泳いで行くだけ」
「簡単だ」
簡単!?
次のエリアへ行くとチェックポイント。ここで氷の上を歩いている方を引きずりこめそうだ、というので引きずりこんでも良いんでしょうが、引きずり込むと殺しちゃいますからねぇ・・・ということで無視してさらに奥へと泳いでいく。

途中いたるところに上に上がれるようなポイントがあるんですが、イージーでは気づかなかったような氷を割る音にもノーマルだと気づくので自殺行為だとようやく気付く。
「警戒されずにルブリョフ号へと乗り込む」というのが目的なので、早々に済ますべく強硬手段。
 
焚き火前の方をステッィキーショックで気絶させ、迷うことなく接近。早々と横PCにアクセス。いつも様子を伺って待つから見つかるんだ、という事実に気付きました。必ず見つかるんですよね~何故か。さっさと終わらせてれば見つかんないのね。
 
ということで気付かれることなく氷壁爆破は完了。そそくさと海に飛び込み再び奥を目指して上陸。
 
ここでいつも爆破に巻き込まれて死んでる方がいらっしゃるんですが、これってもしかして殺害数に入ってるんでしょうか?
死体をまたぎながらも爆破地点へ。穴が開いているのでダイブ。
 
ここからpart 2ということでロード。
ロードが終わると氷の上で話している方がお二人ほど。
 
一人が去るのを待って一人を引きずりこみます。
出来ることなら殺害したくは無いのですが、なかなか立ち去ってくれないので…
ということで引きずり込んでぶっすり刺したらもう一人を後ろから急襲。

水際に立ってるときに後ろから殴ると海の中へ落ちます。これでもやっぱり殺害したことになるんでしょうか?これ以上殺害数が増えるとまたもや評価がマイナスになってしまいそうなので後ろから羽交い絞め&絞め落とし。
少し沖のゴムボートの上にも一人。タンカーに侵入するための浮き桟橋に上がるときに気付かれるのでこの方も処理しておかないといけません。スティッキーショックを使ってもいいんですが、遠いのではずす可能性大。やむを得ず海の中に引きずり落とします。

ということで安全を確保したら浮き桟橋へ。

チェックポイント、ということでチェックが入ったら、通信が。
「敵兵を排除せよ」とのこと。
まだタンカーに乗り込んでもいないのに、「まだレーダーには映ってるぞ」といわれてもどうしたらいいものやら。
ということでクレーンのスイッチを操作。ゴムボートが下りてきたら乗り込んでさらにスイッチをオン。
あとはクレーン任せ。

上がっていくと二人が会話中。会話が終わるまで佇んでると見つかるのでさっさと物陰に隠れます。
 
会話が終わり次第、二人を襲いましょう。
 

ここまでは結構簡単なんですよ!ここまでは。ここからがねぇ・・・・

スプリンターセル 二重スパイ公式サイト



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




ということでエンディングの違いが判ったのでミッション4「タンカー強奪inオホーツク」難易度ノーマルにトライ。

このミッションのOPムービーなんかカッコイイ。
 
極寒なはずなのにカッコつけてるあたりが特に。
 
 
このスカイダイビングでもっといろんなところに着地できればもっと楽しかったと思うんですけど、まあそれはさすがに無理か。
着地後すぐヘリが来るんですが、このヘリの到着タイミングがイージーとノーマルで違う。

ノーマルの方が余裕がある感じ。
なので降りてくる前に進めるところまで進んで隠れます。
 
とりあえず降りてきた二人を何とかしないといけないので、スモークグレネードを投げて、注意をそちらへ向けてみる。
その隙に装備を回収。
 
これがやりにくい。なかなか拾ってくれないんですよね~。あせってるから長く感じるだけかもしれませんが・・・
装備を回収し終わったら極寒の海へとダイブするサムおじさん。

いや~凄いわ。水温絶対マイナスだよ?海水だから。あのスーツ、どのくらい高性能なんですかね~。NSAみたいな国家機関なら相当高性能なものを期待できるんでしょうけど、テロリストでそこまで高性能なスーツを用意可能とも思えないし・・・さすがはSEALs出身ですなぁ、想像を絶する克己心の強さ。
ここまでは結構簡単に出来るようになったんですけどねぇ・・・
スプリンターセル 二重スパイ公式サイト


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




高知空港で全日空機が胴体着陸、乗客ら60人無事

機首こすり、上がる火花=乗客無事に安堵-高知空港


いや~凄かったですね~。あの機体の機長はかなり腕がよさそう。
かなり速度を落として進入。それであれだけバランスを保っていられるってのは、相当技量がないとできないんでは無いかと思われ。けが人も出て無いし。でもあれが出来た、ってのはプロペラ機だったからってのが大きそうですね。ジェットじゃあれは出来んだろ。小型ってのも結構大きい要因ではないかと思われますが。機体が大きいと自重で壊れちゃいますから。
ジェットだと胴体着陸は危険ですしね~。ガルーダの如く爆発する可能性大。
まあトラブルが頻発してる機体ってのはANAに責任を追及するべきではないかと思いますが、機長の腕のよさに心よりの賞賛を送りたいと思います。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )