ほっかも!!
ゴールキーパー北野貴之のつれづれ日記
 



こんばんは!
本日は終戦の日。平成での最後の終戦の日。
昨日、お盆という日に、広島の原爆ドームへ足を運びました。
お盆の日に、自らの足で原爆ドームにいくということ、感慨深いものがありました。

Jリーグでの試合。広島についたら、必ず原爆ドームへ手を合わしにいき、そこで1時間ぐらいゆっくり座り音楽を聴いたり、風や川の音を聞いて、ここでの命の尊さを感じ、そして資料館に行けるときには行き、試合が終わり後泊のときには、夜も手を合わせに。
そこで夜空を見上げながら、たまに寝転び多くのことを感じていたものです。
そんなことを毎回行く度にしていました。


ふと、テレビに目を向けると、素敵な言葉を綴る。
そんな一字一句、胸に沁み渡りました。



本日、「戦没者を追悼し平和を祈念する日」にあたり、全国戦没者追悼式に臨み、先の大戦において、かけがえのない命を失った数多くの人びととその遺族を思い、深い悲しみを新たにいたします。

終戦以来、既に73年。国民のたゆみない努力により、今日の我が国の平和と繁栄が築き上げられましたが、苦難に満ちた往時を偲ぶ時、感慨は今なお、尽きることがありません。

【偲ぶ】過ぎ去ったり遠く離れたりしたことや人を、なつかしむ気持ち・同情の気持ちをもって思い出す。追憶する。

【感慨】心に深く感じて、しみじみとした気持ちになること。また、その気持ち。



戦後の長きに渡る平和な歳月に思いをいたしつつ、ここに過去を顧み、深い反省とともに、今後、戦争の惨禍が再び繰り返されぬことを切に願い、全国民とともに、戦陣に散り、戦禍に倒れた人々に対し、心から追悼の意を表し、世界の平和と我が国の一層の発展を祈ります。

【顧み】振り返って見ること。

【惨禍】天災・人災などによる、むごたらしくいたましい災難。

【追悼】死者の生前をしのび,その死をいたみ悲しむこと



今、世がこのような時代で、私利私欲になりかけてきた時代だからこそ、人のために命を使えて、世のため人のためになれるような生き方をしたい、そんな仲間を持ちたいと思いました!!


お盆ということで、多くの皆様が御墓参りに、帰省に、素敵な時間をお過ごしかと思います!

自分も寝る前に、ご先祖様と、今ある日本のために使命を果たした多くの方々に手を合わせて寝たいなと思います。




コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« 書きました。 決起集会・歓迎会 »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。