F(t)麒麟山レーシング 女池支部の記録

夢を本気で信じたことはあるか。

多宝山ー弥彦山トレラン

2011年12月17日 | トレーニング










0545 出発~nyoさん宅経由で
0640 じょんのび温泉駐車場

0700 出発
0750 五箇尾根の小ピーク
0815 間瀬ゲート
0920 多宝山山頂
1000 弥彦山山頂
ヤンキー駐車場~だいろ最高地点、ゲート~駐車場は舗装路ひっぱり
1130 じょんのび温泉駐車場
1245 帰宅


先週と同様にオトキチさん、nyoさんとトレラン。
今回は前回登頂を果たせなかった弥彦山へアタックすべく、
角田山はパスして五箇尾根に直接飛び乗るルート。

麓で積雪が5cm、標高を上げるにつれてどんどん増加。
五箇尾根では20cm前後かね。
積雪でトレイルがハッキリしないので、ロスしないように地図を見ながら進む。
尾根が直接海に面している箇所を除けば、それほど風の影響もなく、
0度前後の気温下で2~3枚の重ね着でいけた。

多宝山の尾根にとっついてからは、状況が一変。
風は強いわ、雷鳴るわで、アウターを羽織って慎重に前進。
積雪は平均30cm程だったけど、吹き溜まりでは膝上まであり、
なかなかに、なかなかな負荷だった。こりゃ効くね。
頂上ではラッキーにも一瞬雲が途切れて、見事な弥彦の絵。
いや、これ見れただけでも来た甲斐があった。

そこから未踏のルートで弥彦へアタック。
ヤブヤブな感じで、植生が繁茂する時期は厳しいとみた。
ロープウェイ乗り場からは圧雪済で一般人もいる。
かなり浮いた3人組がハアハア言いながら弥彦山登頂。
視界ゼロ…。
すぐにロープウェイ乗り場に下り、文明の利器、自動販売機で
あたたか~いを買いに行く。
顔を見合わせる3人。

誰もゼニーを持ち合わせていない驚愕の事実が発覚。

ションボリしながら下山。
多宝山の下りは、回らない脚を強制的に稼働させ、
フォーフォー言いつつ、あっという間にゲート。
舗装路でエスケープしてゴールへ。
アタックを警戒しながらの緊張感あるjogだった。笑

積雪トレランは実に楽しいのだが、
これ以上積雪が増えるとランにならない…。
あと何回行けるかしら。



ジャンル:
モブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« moga30 | トップ | チーム忘年会 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

トレーニング」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事